[ERATO] L.デカーヴ(pf) J.P.ランパル(fl) パスキエ・トリオ/ラヴェル:Pfトリオ,ルーセル:Fl・Va・Vcのためのトリオ,弦楽トリオ

Descaves, Rampal, Pasquier, Ravel / Roussel ‎– Ravel Trio

通常価格:¥ 31,900 税込

¥ 31,900 税込

数量

商品コード: 1098-034pb

作品名:ラヴェル:Pfトリオ,ルーセル:Fl・Va・VcのためのトリオOp.40,Vn・Va・Vcのための弦楽トリオOp.58
演奏者:L.デカーヴ(pf)J.P.ランパル(fl)パスキエ・トリオ
プレス国:フランス,France
レーベル:ERATO
レコード番号:DP 43-1
M/S:モノラル,monaural
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:7 : A面の小スタンプ
評価/ジャケット:A : 裏面に一部剥がれあり・補修済
レーベルタイプ:薄緑白竪琴中溝,Mede in France,フラット重量,Rights Society:BIEM,(P)なし,マトリクス/スタンパー:1A/1B(ストレート小文字スタンパー・Pathé初期タイプ),ERATO録音を示すDP 43/DP 43の初期専用マトリクス使用,ストレートM6スタンパーとストレートPathéキュラーの3種併存のPathéプレス,1950年代のスタンパーによる1956年頃製造分,これより古い内溝の青白レーベル(ERATO/Collection de club discophiles de paris)存在するが一般モノラルレーベルではない(1953年リリース),最古レーベルではない・最厚プレス,更に古いマトリクス存在するか不明,ステレオ存在せず,RIAAカーヴではないと思われる,ERATO音源のERATO製作プレス,オリジナルタイプ,original type
ジャケット:三方折返表コートペラ,serie des discophiles de paris,背文字:なし(初期の証拠),ジャケ裏年号なし,ジャケ裏文字:あり(仏語),(P)(C)なし,写真:不明,原画/被写体:作者不明のタイポグラフィー,デザイン:不明,ジャケ編集:不明,ライナーノーツ:Claude Rostand,製作:Erato Disques S.A.,印刷:不明・フランス製,コート以前のツヤタイプが存在する,第2版,2nd issue
トピックス:1950年または1950年代初期のモノラル録音,録音詳細不明,ERATOが発足した1953年頃の初リリースと思われる,当初青白竪琴内溝レーベルで初リリース(Collection de club discophiles de parisのロゴが付く、LDE発売以前のレーベル),通常のモノラル緑白竪琴レーベルは1954年頃からの発売と思われる,これは中溝フラット盤で恐らく1956年頃のプレスではないかと思われる,ラヴェル:ピアノトリオの傑作録音でルーセルの2曲は世界初録音と思われる,当社では中溝以前のフラット盤の入荷はない,米国ではHaydn Society:HSL-149,演奏;★★★★★,音質:★★★★
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり,1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい

商品詳細: 印象主義の代表、ラヴェル。それまでの機能和声では聴く事の出来なかった響きと、色彩の豊かさが特徴。演奏は当時フランスを代表する演奏家L.デカーヴ、J.P.ランパル、パスキエ・トリオ。LP愛好家にとっては非常に有名な盤だが、実際に目にできる機会は非常に少ない。ラヴェルは勿論だがB面のルーセルも素晴らしい。フランスのエスプリを感じていただきたい。世界的に人気が高く、高額なことでも知られる。デカーヴのピアノが聴ける盤!リュセット・デカーヴは1906年、フランスの作家ルシアン・デカーヴの弟ウジェーヌの娘としてパリに生まれた。リュセットの名付け親はサン=サーンスらしい。パリ音楽院でマルグリット・ロンとイヴ・ナットに師事し、1923年にプルミエ・プリを受賞して卒業。1932年にはプロコフィエフの指導の下、彼のピアノ協奏曲第3番のパリ初演を行った。1942年にはパリ音楽院の教授に就任、教育者として名を成した。SP録音が多数ある。ブイヨンSQと共演したフランクのピアノ五重奏曲が有名。ラヴェルのトリオはLPで聴くことのできる最良の演奏と昔から評価が高い。録音年がはっきりしないがERATOがまだLDEシリーズをスタートさせる前のCollection de club discophiles de parisとレーベルに記載していた1950年初頭のモノラル録音と思われる。スタンパーなどはLes Discophiles Françaisとそっくり。





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る