[ETERNA] J.ティム(vc)K.マズア指揮ゲヴァントハウスo./シューマン:Vc協奏曲, チャイコフスキー:ロココ変奏曲

Schumann Violocello Konzerto Jurnjakob Timm Masur ETERNA

通常価格:¥ 3,300 税込

¥ 3,300 税込

数量

商品コード: COP-004t

作品名:シューマン:Vc協奏曲Op.129, チャイコフスキー:ロココ変奏曲Op.33
演奏者:J.ティム(vc)K.マズア指揮ゲヴァントハウスo.
プレス国:旧東ドイツ,Germany East
レーベル:ETERNA
レコード番号:827 879
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:青/黒グルーヴガード, 新スタンパー/マトリクス:-1A C85 ENC/-2A C85 ENC, オリジナル, original
ジャケット:紙ペラ, ジャケ裏年号・Ag 511/01/85, バルバラ・ケーペの写真によるジャケ(VEBゴータ・ドルック社製作), original
トピックス:1983年のアナログ録音, 非常に音質が良い!
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり

商品詳細: 1983年ライプツィヒ、技師E.ヒンツによる録音。Vcのユルンヤーコブ・ティムはETERNAにバッハの無伴奏1・2番の録音がある。1949年ライプツィヒ生まれ、1973年よりゲヴァントハウスの首席チェリストとして活動。この時期のゲヴァントハウスQt.のメンバーでもある。ティムのVcの低音の伸びは凄い、トルトゥリエでさえこうはいかない。この時代には珍しく、非常に重い音も出すチェリスト。その分軽妙さが後退するが、存在感の強さは圧倒的。無伴奏を全曲入れて欲しかった。





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る