[ARCHIV] G.ラミン指揮トーマス教会cho. 他/バッハ:モテット全6曲/主に向かいて新しき歌を歌えB.225,聖霊はわれらが弱きを助けたもうB.226 他

Bach ‎– 6 Motetten Günther Ramin Thomanerchor Leipzig

通常価格:¥ 6,600 税込

¥ 6,600 税込

数量

商品コード: 1108-011

作品名:バッハ:モテット全6曲(完結)/主に向かいて新しき歌を歌えB.225,聖霊はわれらが弱きを助けたもうB.226,イエス、わが喜び B.227,恐れるなかれ、われ汝とともにありB.228,来ませ、イエス、来ませB.229,主を頌めまつれ、諸々の異邦人よB.230
演奏者:G.ラミン指揮トーマス教会cho.E.ティツェ(cemb)G.ブレヤー(vc)H.シュテール(cb)
プレス国:ドイツ,Germany
レーベル:ARCHIV
レコード番号:13 008 AP~
M/S:モノラル,monaural
枚数・大きさ:10インチ,25cm×1+12インチ,30cm×1,バラ2枚セット,2 single records
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:カルテ内溝×2, フラット重量, Made in Germanyの刻印, Rights Society:DP, (P)なし, スタンパー/マトリクス:3WS/2WS/W1S/2GS(ラウンド大文字スタンパー・ARCHIV初期タイプ), 年号刻印:10"に22.9.53/3.7.53あり・12"にはなし, DGGモノラル録音を示す幅広ラウンドレコード番号刻印あり, 4種の刻印が併存する初期DGGプレス, 10":1950年代スタンパーによる1953年頃製造分, 12":1950年代スタンパーによる1958年頃製造分, これより古いレーベル存在せず, ステレオ存在せず, 最厚・最古レーベル, ARCHIV音源のARCHIV製作DGGプレス, ETERNA未発売, 独語圏仕様のオリジナル, original
ジャケット:糸縫い三方開中入黄ツヤ紙×2, カルテ欠損, 背文字:なし, 裏文字:あり(独語), ジャケ裏年号:12.56/6+58, 当番号最古の年号:12.56/6+58(当ジャケ), (P)(C)なし, 写真:不明, 原画/被写体:初期共通タイポグラフィー, デザイン:不明, ライナーノーツ:Konrad Ameln, 製作:Archive Production, 印刷:不明・ドイツ製, 分類:シリーズ:IX.Forschungsbereich - Das Schaffen Johann Sebastian Bachs – Serie B: Motetten, オリジナル, original
トピックス:10"分のB.226/227:1951年11月5日ドイツ・ミュンヘン・アメリカハウス(Amerika-Haus)にてモノラル録音, 音響技師:Karl-Heinz Westphal, プロデューサー: Dr. Fred Hamel, 12"分のB.225/230:1955年11月29日ドイツ・ビーレーフェルド・オクターハレ, B.228/229:1954年7月5日:ドイツ・バンベルク・クルトゥラウム(Bamberg Kulturraum)でのモノラル録音, 音響技師:Werner Grimme, プロデューサー:Dr. Fred Hamel, 12"の4曲は1956年頃初リリースと思われる, 2枚とも完全初年度分ではないが3年以内の初期盤, 特に12"の入荷は非常に少ない, 10"の12"化はされていない, この2枚でオリジナルタイプの完結, ETERNA未発売のARCHIV音源, B.226は7"が存在:37 080 EPA, B.228も7"が存在:37 036 EPA, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり,1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音が多いことを御承知いただきたい

商品詳細: トーマス教会少年合唱団は、バッハの曲を歌う為にあると言っても良い。無伴奏のア・カペラであるモテットをLPで聴くなら、これが最古の録音となる。いったいどのように訓練されたら、このような合唱ができるのだろう。これが精神性という言葉で片付けられない、伝統の重みというものだろうか。バッハの音楽がこのように生きた形で、1950年頃まで脈々と受け継がれてきた事実に感動する。恐ろしいほどのメッセージ、かつ力の強い合唱。ETERNA未発売。この10"×1+12"×1の2枚がオリジナル。





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る