[MELODIYA] W.フルトヴェングラー指揮 ケルステン・リンドベルイ・トルリンド(s) ベルンハルト・ゼネルステット(br) W.ボスコフスキー(vn) 他/ブラームス:ドイツ・レクイエム

Kerstin Lindberg-Torlind, Bernhard Sönnerstedt, Stockholm Philharmonic Chorus and The Stockholm Philharmonic Orchestra Conducted By Wilhelm Furtwängler ‎– Brahms: 'Ein Deutsches Requiem', Op. 45

通常価格:¥ 3,850 税込

¥ 3,850 税込

商品コード: 1119-061n

作品名:ブラームス:ドイツ・レクイエムOp.45
演奏者:W.フルトヴェングラー指揮ストックホルムpo.ストックホルム音楽協会cho. ケルステン・リンドベルイ・トルリンド(s)ベルンハルト・ゼネルステット(br)W.ボスコフスキー(vn)E.ブラベック(vc)
プレス国:旧ソ連, Russia
レーベル:MELODIYA
レコード番号:M10 36423-6
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×2, Wジャケット2枚組
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:ピンク/黒SL(シングルレター), グルーヴガード厚, ГОСТ 5289-73, TY-なし, гр.2.1-00, スタンパー/マトリクス:4-1/4-1・4-1/4-1(ラウンド小文字スタンパー・MELODIYA通常タイプ), 国内仕様, 1970年代のスタンパーを用いた1973年, プレ・メロディア/DLレーベル存在せず, 更に古いマトリクス存在するか不明, SLで初出, スウェーデン音源のMELODIYA製作プレス, モスクワ・アプレレフカ「Aprelevsky」アプリラフスキー試験工場, 露オリジナル, original
ジャケット:四方開上入紙(モスクワ・アプレレフカ), 背文字:なし, 裏文字:あり(露語), (P)なし, 国内仕様, ジャケット裏年号:Apt.42-8 Zak.なし, 写真:不明, 原画/被写体:ブラームスの肖像画, デザイン:不明, 製作/印刷:Апрелевский Завод Грампластинок, 露オリジナル, original
トピックス:1948年11月19日スウェーデン・ストックホルムでのモノラル・ライヴ録音, 詳細不明, 1972年スウェーデン・オルフェウス:1-73-1~5と英国Unicorn: WFS 17-8で最初にリリース, 1973年ELECTROLA:1C 187-93534-5MとVSM:2 C153-93534-5でリリース, 同年MELODIYA:M10 36423-6でも発売, 1972年より前の初期プレスは存在せず, 全3回録音中の2回目録音, これがMELODIYAのオリジナル(国内仕様)
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 第1面3時終わる部分にシミあり極小25回出るが影響小さい, 鑑賞に殆ど問題ないレベル, 古いプレスに付き多少のサーフェース音あり, 無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: 1948年11月19日、スウェーデンのストックホルムでのライブ録音。ストックホルムラジオ放送の音源で、歌手も現地の人達のようだ。1972年スウェーデン・オルフェウス:1-73-1~5と英国Unicorn: WFS 17-8で最初にリリース。他に1973年ELECTROLA:1C 187-93534-5MとVSM:2 C153-93534-5でもリリースされている。同年MELODIYA:M10 36423-6からも発売。1972年の発売がLP初出となる。最初からたっぷりと歌いテンポは遅く感じるが、一音一音に勢いがあり間延びする様な事はなく、張り詰めた緊張感と重厚なオケと合唱に圧倒される。推薦!(C)

フルトヴェングラーの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る