[MELODIYA] D.バシュキーロフ(pf) L..マルキス指揮ソリスツ・アンサンブル/モーツァルト:Pf協奏曲9番, Pf ソナタ17番

Дмитрий Башкиров - В. А. Моцарт ‎– Концерт № 9 Для Фортепиано С Оркестром / Соната № 16 Для Фортепиано

通常価格:¥ 4,400 税込

¥ 4,400 税込

数量

商品コード: 1119-010n

作品名:モーツァルト:Pf協奏曲9番K.271, Pf ソナタ17番K.570
演奏者:D.バシュキーロフ(pf)L.マルキス指揮ソリスツ・アンサンブル
プレス国:旧ソ連, Russia
レーベル:MELODIYA
レコード番号:S10 08069
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:青/銀SL(シングルレター), 外周1.5cm低い盛上, グルーヴガード厚, ГОСТ 5289-73, TY-なし, 2 гр.1-20, スタンパー/マトリクス:4-1/4-1(ラウンド小文字スタンパー・MELODIYA通常タイプ), 露語表記・国内仕様, 1970年代のスタンパーを用いた1976年頃の製造分, 1976年SL(シングルレター)レーベルで初リリース, プレ・メロディア/DLレーベル存在せず, 最古レーベル・最厚プレス, 更に古いマトリクス存在するか不明, モノラル存在せず, RIAAカーヴである, MELODIYA音源のMELODIYA製作プレス, モスクワ・オールユニオン「Vsyesayuznaya」工場(シサユーズナヤ), オリジナル, original
ジャケット:紙ペラ(モスクワ・オールユニオン), 背文字:なし(国内仕様に多い), 裏文字:あり(露語解説と露語タイトル), (C)なし, Price Code:45 kon, 露語表記・国内仕様, ジャケット裏年号:Apt. 36-8 Zak なし , 写真:不明, 原画/被写体:作者不明のモーツァルトのイラストとタイポグラフィー, デザイン:MELODIYA Group, ライナーノーツ:Дмитрий Башкиров, 製作/印刷:Всесоюзная Студия Грамзаписи, オリジナル, original
トピックス:1976年又はそれ以前のロシアでのステレオ録音, 録音技師:E.Shahnazaryan, プロデューサー:I.Chumakovba, 1976年SL(シングルレター)にて初リリース, 当社初入荷の希少盤, バシュキーロフのモーツァルトは他にPf協奏曲24番+幻想曲K.396(D 5524/S10 15751)・17番(D 016135)・PfトリオK.548(D 021245)がある, バシュキーロフはモーツァルト弾きといえる程録音はないがかなりうまい, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★+
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特に音に出るキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: ピアニスト、ドミトリー・バシュキーロフ(1931-)はグルジア・チフリス出身。娘のピアニストのエレーナ・バシュキロワはD.バレンボイムの後妻。モスクワ音楽院にてゴリデンヴェイゼルに師事。1955年開催のロン=ティボー国際コンクールピアノ部門にて最高位(一位なしの二位をフランスのベルナール・リンガイセンと分け合う)。以後、第一線のピアニストとして活躍し、1968年にロシア功労芸術家の称号、1990年にロシア人民芸術家の称号を得ている。I.ベズロードヌイ(vn)、M.ホミツェル(vc)とPfトリオを組み、多くの録音を残した。弟子にアレクセーエフやデミジェンコがいる。ソロ録音は意外に少ない。バシュキーロフはその録音時期が早い為に、ユーディナやスフロニツキーなどのモノラル組と開祖から見て孫弟子であるステレオ世代の中間に当たり、どちらのファンからも取り残されたような立ち位置にある。その為彼のソロ録音が注目されたためしはないが教育者としては有名な教師であり、録音はオケを伴う協奏曲が多い。1960年代に協奏曲を録音できたピアニストは一握りであり、実力抜きにあり得ない。色とりどりの小品はEMIからも出ているほどの実力派。マリーニンと似たような境遇といえる。オーソドックスで強靭な基本的打鍵を持つ。奇をてらわない表現は地味ではあるが強固な構築力を持ったピアノ。モーツァルトの協奏曲は少なくとも3曲(3枚)は存在する。誰の耳にもモーツァルトらしさを感じられる演奏だろう。

バシュキーロフの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る