[MELODIYA] R.アザルヒン(cb) A.デデューヒン T.グリゴリャン(pf)/コントラバス作品集/ショパン, ドビュッシー, シベリウス, パガニーニ, ショパン, ガーシュウィン, サンサーンス

Rodion Azarkhin short A.Peises Teduhin

通常価格:¥ 6,600 税込

¥ 6,600 税込

数量

商品コード: 1119-055

作品名:コントラバス作品集/ショパン:夜想曲Op.25-7, カバレフスキー:チェロソナタOp.71からアレグロ, ドビュッシー:前奏曲集第1巻 第1曲「デルフィの舞姫たち」, シベリウス:クオレマOp.44から「悲しきワルツ」, パガニーニ:モーゼ幻想曲Ms.23, ショパン:ノクターン7番 Op.27-1, ガーシュウィン:ポーギーとベス組曲, サンサーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ Op.28
演奏者:R.アザルヒン(cb)A.デデューヒン, T.グリゴリャン(pf)
プレス国:旧ソ連, Russia
レーベル:MELODIYA
レコード番号:M10 40269
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:ピンク/黒SL, シングルレター, グルーヴガード厚, ГОСТ 5289-73, TY-なし, гр.2.1-00, スタンパー/マトリクス:4-1/4-1(ラウンド小文字スタンパー・MELODIYA通常タイプ), 輸出仕様, 1970年代のスタンパーによる1977年頃製造分, ステレオ存在せず, プレメロディア/DLレーベル存在せず, MELODIYA音源のMELODIYA製作プレス, モスクワ・アプレレフカ「Aprelevsky」工場製作, オリジナル, original
ジャケット:中穴共通(モスクワ・アプレレフカ), 背文字:なし, 裏文字:なし, 国内仕様, ジャケット裏年号:Apt.なし, Zak.なし, (C)なし, 写真:不明, 原画/被写体:共通デザイン, デザイン:不明, ライナーノーツ:なし, 製作/印刷:Апрелевский Завод Грампластинок, オリジナル, original
トピックス:1950-60年代のモノラル録音をまとめたLP, 1977年シングレレターの当装丁にて初リリース, これがオリジナルとなる, DLレーベル存在せず, 音質は非常に良好, コントラバスのモノラル録音は殆ど存在しない中、世界でも初期の録音と思われる, 希少盤, メロディーを奏でることが困難な楽器ながらチェロのように簡単そうに弾いて見せる超絶技巧の持ち主, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★, 大推薦!
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), A面6時小8回出る点一つ, 影響は小さい, 古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: ロディオン・アザルヒン(1931-2007)はロシアのみならず世界的にも稀有な超絶技巧のコントラバス奏者。経歴には謎が多く、ペテルブルク音楽院を卒業後、院生としてモスクワ音楽院に。以降はモスクワ室内管弦楽団、レニングラード交響楽団、ロシア国立交響楽団、ボリショイ歌劇場などに所属していたとされる経歴が残っている。特筆すべきはソリストとしての活動で、200以上手掛けた自演用の編曲の中にはツィゴイネルワイゼンやパガニーニの諸作など、およそコントラバスではまず聴けない曲も多く含まれている。本盤でもその実力は大いに発揮されており、弓奏、ピチカートのどちらも圧倒的。倍音奏法を用いての大きなフレージングも超絶技巧の名に恥じない。また、「サマータイム」をはじめとするガーシュウィンの曲が含まれるのも面白い趣向で、正に名演と言えるだろう。最後まで演奏家としての生涯を送りモスクワで亡くなった様で、同じコントラバスの名手ながら全く対称的な人生を送ったクーセヴィツキーとの差異も感慨深い。

アザルヒンの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る