[MELODIYA] V.カミショフ(pf)/1968年エリザベート王妃コンクール/モーツァルト, ショパン, プロコフィエフ, リスト 他

Valeri Kamychov – Liszt - Prokofiev - Chopin - Mozart ‎– 2nd Prize „Concours Reine Elisabeth" Brussels 1968

通常価格:¥ 7,700 税込

¥ 7,700 税込

数量


商品コード: 1119-056t

作品名:1968年エリザベート王妃コンクール/モーツァルト:Pfソナタ17番K.576, ショパン:スケルツォ1番Op.20, プロコフィエフ:Pfソナタ2番, リスト:ハンガリー狂詩曲6番
演奏者:V.カミショフ(pf)
プレス国:ベルギー, Belgium
レーベル:MELODIYA
レコード番号:OS 2162
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A : 軽度のシワあり
キズ情報:
レーベルタイプ:黒/銀2本線土手, グルーヴガード厚, (P)なし, Rights Society:Domaine/CC, スタンパー/マトリクス:1L1/2L1(ラウンド小文字スタンパー・PHILIPSタイプ), 欧州仕様, 1960年代スタンパーによる1968年頃製造分, MELODIYAでは別番号でモノラル発売(1969), これより古いレーベル存在せず, 最古マトリクス, ベルギーコンクール財団音源の財団製作PHILIPSプレス, オリジナル, original
ジャケット:厚紙表コート, 背文字:なし, 裏文字:あり(オランダ/英/仏語), ジャケ裏年号:なし, 当社入荷履歴上で最古の年号:不明, (C)なし, 写真:不明, 原画/被写体:Valeri Kamychov, デザイン:不明, ライナーノーツ:不明, 製作:Phonodisc B.V., 印刷:不明・ベルギー製, オリジナル, original
トピックス:1968年6月8日ベルギー・ブリュッセルstudio Elysée Bruxellesでのステレオ録音, 録音技師:不明, プロデューサー:Ralph van Baaren, 1968年エリザベート王妃国際音楽コンクールのピアノ部門で2位入賞のスタジオ録音, 1968年当装丁にて初リリース, MELODIYAでは1969年D 024249でモノラルのみリリースされた, カミショフ2枚目のLP

商品詳細:1962年の第2回チャイコフスキー・コンクール(この時アシュケナージとオグドンが1位)で第5位だったカミショフが、1968年のエリザベート王妃コンクールで2位受賞の際に作られたアルバム。ただしライブではなく同年のスタジオ収録。どの曲もカミショフのスタイルで貫かれている。声高に語ることなく、冷静で知的。小気味良く非常にさっぱりしている。曲に違った方向から光を当てたような演奏で辛口。今更だが注目したいピアニスト。ロシア・MELODIYAの発売は無い。近年人気。上記はシャコンヌ・小品集を知る以前に書いたコメント。知った上でこの第2位記念録音を聴いてみると全く異なる印象を持つ。1968年と言えば彼はまだMelodiyaに録音はない。実績がなければ録音の機会はないのがMelodiya。そしてコンクールで入賞するためにカミショフは敢えてそれだけのために訓練したことが想像できるのだ。入賞できなければ話は始まらない。内に秘めた余りある技巧は伏せて審査員に好印象を持たれる技だけを全面に出している。そのような使い分けがいかようにもできるプロ中のプロといえるピアニスト。モーツァルトを歯切れよくこざっぱりと仕上げ突出した打鍵は伏せた。ショパンでは過去の研究から少し速足で指回りを一部分だけギアアップする。計算に元付いた演奏。B面リストで少し本領をのぞかせる。ただし敢えて技巧曲を避けてコミカルな印象を出す。最後のプロコフィエフで主張の何割かを出しモーツァルトも難曲もできますよ!で結ぶ。この10年後から徐々に本性を出し始めることになるが元々持っていたものをブラッシュアップしたに過ぎないことはこの録音から想像がつく。

カミショフの在庫一覧へ







・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)