[COLUMBIA] アマリア・ロドリゲス(歌)/ポルトガル民謡・ファド/"ブスト・Busto"

Amália Rodrigues ‎–"Busto"

通常価格:¥ 5,500 税込

¥ 5,500 税込

商品コード: 1124-057

作品名:アマリア・ロドリゲス"ブスト・Busto"/1 ASAS FECHADAS・ Closed Wings・閉じた翼・(Macedo - Oulman), 2 CAIS DE OUTRORA ・Old Pier・昔、波止場で・(Macedo - Oulman), 3 ESTRANHA FORMA DE VIDA ・Strange Way of Life・このおかしな人生・(Rodrigues - Duarte), 4 MARIA LISBOA ・Maria living in Lisbon・マリア・リスボーア・(Mourao-Ferreira - Oulman), 5 MADRUGADA ・Early Morning・ アルファーマの夜明け・(Mourao-Ferreira - Oulman), /1 ABANDONO ・Neglect・あきらめ・(Mourao-Ferreira - Oulman), 2 AVES AGOIRENTAS ・Birds of Ill Omen・不吉な鳥・(Mourao-Ferreira - Oulman), 3 POVO QUE LAVAS NO RIO ・People Who Wash in the River・川の民・(Homem do Mello - Campos), 4 VAGAMUNDO ・Vagabond・放浪者・(Macedo - Oulman)
演奏者:アマリア・ロドリゲス(歌)José Nunes(Portuguese Guitar)Castro Mota(va)Akain Oulman(pf)
プレス国:ポルトガル, Portugal
レーベル:COLUMBIA
レコード番号:8E 048-40091
M/S:ステレオ, stereo (mono Compativel)
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:黒/銀青音符, Fabricado em Portugal, グルーヴガード厚手, Rights Society:BIEM, (P)なし, TAX Code:なし, スタンパー/マトリクス:E 048-40091-A-2/E 048-40091-B-3(ラウンド小文字スタンパー・Valentim de Carvalho CI SARLタイプ), ポルトガル・ステレオ製造を示すE 048***で始まりレコード番号を含む専用マトリクス使用, マトリクスにカッティング担当を指すイニシャルはない, 補助マトリクス(3時):英国盤以外存在せず, 再補助マトリクス(9時):英国盤以外存在せず, 1960年代のスタンパーによる1969年頃の製造分, 1962年初リリース, 旧番号存在せず, B/Sレーベル存在せず, 赤SC音符レーベル存在せず, これより古いレーベル存在せず, 最古レーベル・最厚プレスであると思われる, 更に古いマトリクス存在するか不明, モノラル存在するか不明(英国盤には存在する), RIAAカーヴである, Valentim de Carvalho CI SARL音源のポルトガルCOLUMBIA制作EMIValentim de Carvalho CI SARLプレス, オリジナルタイプ, original Type
ジャケット:折返表コートペラ, Estereo, 背文字:なし(スペースなし), 裏文字:あり(英語解説と英語タイトル), 英語表記の輸出仕様, 裏年号:なし, 当社最古の年号/存在する年号:不明(記載ないが当ジャケットであると思われる), (P)(C)なし, 写真:Nuno Calvet, 原画/被写体:Joaquim Valenteによる彫刻「Asas Fechadas」の写真(Nuno Calvetによる)とタイポグラフィー, デザイン:EMI-Valentim De Carvalho, Música Lda. Group, , ライナーノーツ:Dorita y Pepe, 製作:Vecemi, Música E Discos, Lda.., 印刷: Fotogravura União Lda.., ポルトガルでのオリジナルタイプ, original Type
トピックス:1962年頃ポルトガルでのモノラル/ステレオ録音, 録音詳細不明, 1962年Edições Valentim De Carvalho S.A..によりコピーライト登録・同年Vecemi, Música E Discos, Lda..(現地COLUMBIA)から番号不明で初リリース, これは1969年8E 048-40091に番号変更された再版となるがレーベルデザインは同じと思われる, 英国では1962年英COLUMBIA:33SX 1440/?(現地COLUMBIAと同じデザインのレーベル)で初リリース, Amália Rodrigues・アマリア・ロドリゲス(1920- 1999)はポルトガルの歌手、女優である。"ファドの女王(Rainha do Fado)"として知られる, これはロドリゲス初の国際的LP録音(シングルカットではないアルバムのための録音)でこのアルバムは「ブスト・Busto」のタイトルで世界的にも有名な1枚, ファド=当LPと考えて差し支えない, ポルトガルでも1962年にLP発売されたと思われるが番号などの詳細は不明(あってもモノラルのみの可能性は高い)
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特に音に出るキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: 弊社では過去いくつかの民族音楽を取り上げてきたが、今回入荷したのはポルトガルの民謡であるファド。このファドと言う音楽は「サウダーデ」がどれだけ感じられるか、で良し悪しが決まってしまうらしい。サウダーデという言葉を無理やり日本語に翻訳するならば「失われた時間、場所、人に感じる、郷愁、渇望、愛欲」といったところか。本LPには地元リスボンの小さな酒場から世界的な舞台にまで上り詰め「ポルトガルの魂」「彼女が歌う時、ポルトガルが歌う」とまで評されたアマリア・ロドリゲスが歌う本物のファドが収められている。出身地である首都リスボンの市民にとって彼女は永遠のアイドルであり、市内の住居は「神殿」と呼ばれていたほど。日本においても映画好きなら「暗いはしけ」、ジャズ好きなら「ポルトガルの四月」のヒットでその名を覚えている方も多いだろう。ちなみにオーケストラ編成などに翻案される事も多いファドだが、本場では絶対に欠かせない楽器が"ポルトガル・ギター"と呼ばれるギターラ(Guitarra)。ポルトガルにおいて、一般的なギターはヴィオラ(Viola)と呼ばれている。このギターラはマンドリンと同じくリュートを祖とする複弦楽器で、同じ音が複数の弦から出る微分的な音の揺らぎを持っている。ここにファド奏者ならではの強いビブラート、金属弦を付け爪で弾く独特の音色という要素が加わって、歌に漂う情念=サウダーデを後ろから更に盛り立てる。このギターラを加えた伝統的な編成で、リスボンの酒場で夜ごと唄われていた本物のファド、本物のサウダーデを味わえるのが本LP。夜更け過ぎ、愛酒と、過ぎ去りし思い出とを道連れに聴いて欲しい一枚。

ロドリゲスの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る