[DECCA] L.バーンスタイン(pf)指揮 ウィーンpo./モーツァルト:Pf協曲15番, 交響曲36番

Leonard Bernstein Vienna po. Mozart Symphony No. 36 Piano Concerto No. 15

通常価格:¥ 9,900 税込

¥ 9,900 税込

商品コード: 1126-035

作品名:モーツァルト:Pf協奏曲15番K.450, 交響曲36番K.425「リンツ」
演奏者:L.バーンスタイン(pf)指揮ウィーンpo.
プレス国:英国, United Kingdom
レーベル:DECCA
レコード番号:SET 332
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7/6
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:紫/銀中溝ED2相当, Made in England by~ED2相当, グルーヴガード厚, Rights Society:記載なし, (P)1967, TAX Code:K/T(1963年7月-1968年11月を示す), スタンパー/マトリクス:ZAL-7387-4G/ZAL-7388-4L(ストレート小文字スタンパー・DECCAタイプ), DECCA録音ステレオ製造を示すZAL***で始まりレコード番号を含まない専用マトリクス使用, マトリクスのGはTed Burkett テッド・バーケット)のカッティング担当を指す, LはGeorge Bettyes(ジョージ・ベティーズ)のカッティング担当を指す, 補助マトリクス(3時):C/C, 再補助マトリクス(9時):1/1, 1960年代スタンパーによる1967年頃製造分, 1967年ED2/ED1相当レーベルで初リリース(両面で異なり交響曲36番がED1相当), 当盤は両面ED2相当, B面のみED1レーベル存在する, これより古いステレオレーベルは存在する(B面のみ), A面のみ最古レーベルである, 最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在するか不明, これより古い3時は存在する, カッティング担当の前任者:不明, モノラル存在する(MET 332), RIAAカーヴである, 英DECCA音源の英DECCA製作プレス, 工場:Decca Record Co. Ltd., Pressing Plant, UK., ステレオ・オリジナルタイプ, original type for stereo
ジャケット:表コートペラ,リブレット欠,背文字:あり(黒色・白背景・上下絞り),裏文字:あり(英語解説と英語タイトル),ジャケ裏年号:なし,当社入荷履歴上で最古の年号/存在する番号:不明(記載ないが当ジャケットである),(P)なし(C)1967,写真撮影者:Lotte Meitner-Graf,原画/被写体:Lotte Meitner-GrafによるLeonard Bernstein /Wiener Philharmoniker の写真とDecca Publicity Art Departmentによるタイポグラフィー,デザイン:Decca Publicity Art Department,ライナーノーツ:Ekkehart Kroher(リブレット),製作:The Decca Record Company Limited ,印刷:MacNeill Press Ltd. London,B.B.B.ブルーバックボーダー/ラウンド折返表コート(aka scalloped)ジャケ存在せず,折返表コートタイプ存在せず,これより古いタイプ存在せず,ステレオ・オリジナル,original for stereo
トピックス:1966年3月ウィーン・ゾフィエンザール(Sofiensaal Vienna, )でのモノラル/ステレオ録音, CBS-DECCAバーター録音, 録音詳細不明(Gordon Parry/John Culshawと思われる), CBSはバーンスタイン指揮ウィーンpo.のヴェルディ:ファルスタッフを得た(SET 3002/MS 6912-4), 1967年The Decca Record Company Limitedによりコピーライト登録・同年MET 332/SET 332で初リリース, 本来EDではなくEP--だが混乱するのでED相当とした, ED2のオリジナルは入荷少ない, London Records:CM 9499, A面Pf協奏曲はMade in England by~のED2相当, B面交響曲36番Original Recording by~ED1相当というA/B面で異なるタイプが完全な初回分だが両面ED2相当を持ってしてセカンドプレスとは言えない, バーンスタイン弾き振りで15番は2回目録音(初回は米COLUMBIAにある・1956年モノラル15/17番), 本来DECCAに録音ができないバーンスタインの録音をDECCAが欲しい為、米COLUMBIAとのバーター取引で実現した録音, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★★, 一時は3万円を超えた高額人気LP!
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), B面6時に殆ど出ない軽スレある・微かに感じる場所もあるが影響は小さい・一応6としたが7でも問題ないレベル, 古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: バーンスタインの弾き振りで有名な盤。独・仏盤も存在するが英SETは非常にレア!バーンスタインを巡るDECCAとCBSのバーター録音で、CBS側はバーンスタイン/ウィーンpo.のファルスタッフを得た。DECCAはカタログにバーンスタインというアメリカのスーパースターを載せられた。オケを完全に掌握して進めるPf&指揮は完全に独壇場。自身の意図が完璧な形で表現されていて、全く異色の協奏曲。もし彼がピアニストを続けていたら、やはりグールドのように話題になっただろう。SXLでないのが不思議、通常SET番号はオペラセットなどの声楽録音に付けられた番号。DECCAにも時々例外は発生する。DECCAの1960年代プレスでバーンスタインのピアノが聴けるとはなんという幸運。交響曲も見事の一言。何しろウィーンpo.を振るというまたとない共演。ED2と同等のオーデォオ・フィイル!

バーンスタインの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る