[TELEFUNKEN] ヘクスターQt. J.v.ヘルデン(va)/モーツァルト:弦楽五重奏曲4番

Mozart, Hekster Quartet, Jo van Helden ‎– String-Quintet K.546

通常価格:¥ 990 税込

¥ 990 税込

数量

商品コード: 1127-006t

作品名:モーツァルト:弦楽五重奏曲4番K.516
演奏者:ヘクスターQt. J.v.ヘルデン(va)
プレス国:ドイツ, Germany
レーベル:TELEFUNKEN
レコード番号:TW 30223
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:10インチ, 25cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A : 裏面に水濡れシミあり・表には出ていない
レーベルタイプ:黒/金V字内溝ツヤ, Made in Germanyの刻印, グルーヴガード厚手, Rights Society:Contr. Copyr., (P)なし, スタンパー/マトリクス:2X/7X(ラウンド小文字スタンパー・TELEFUNKENタイプ), TELEFUNKEN録音を示すLP-***で始まる専用スタンパーを使用, 補助マトリクスはない, 1960年代のスタンパーによる1962年頃製造分, フラット盤は存在せず, これより古いレーベル存在しないと思われる, 最古レーベル・最厚プレス, 更に古いマトリクス存在するか不明, ステレオ存在せず, RIAAカーヴである, TELEFUNKEN音源のTELEFUNKEN製作プレス, オリジナル, original
ジャケット:紙ペラ,背文字:あり(黒色・白背景),裏文字:あり(独/英語),ジャケ裏年号:なし,(P)(C)なし,写真撮影者:I.Sicka,原画/被写体:I.Sickaによるウィーンの王宮庭園内にあるモーツァルト像の写真,デザイン:TELEFUNKEN Group,ライナーノーツ:不明,製作:TELDEC »Telefunken-Decca« Schallplatten GmbH,印刷:不明・ドイツ製,オリジナル,original
トピックス:1960年代初期のモノラル録音, 録音詳細不明, ドイツでは1962年頃に当装丁にて初リリースされたと思われる, フラット盤/ステレオは存在しないと思われる・100%の情報ではない, 同じメンバーで弦楽五重奏曲3番K.515をオランダCNR:SKLP 4147に録音している, この2曲以外で当社への入荷はない珍しい団体, オランダの弦楽四重奏団
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特に音に出るキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: ヘクスター弦楽四重奏団は1960年代初めにオランダで結成された団体。第1Vn:ヨー・ヘクスター、第2Vn:フィッツ・ウォーターマン、Va:カレル・ショーテン、Vc:ヨハン・デ・ノーベルから成る。アムステルダム・コンセルトヘボウo.のメンバー。地元ではテレビ、ラジオでも活躍し、オランダでは有名だが国際的には知られていない。四重奏団としてはグリーグの弦楽四重奏の録音が代表的らしい。ヨー・ヴァン・ヘルデンを加えたモーツァルトの弦楽五重奏曲が2つ録音されている。一つがこのTELEFUNKENでK.516、もう1曲がオランダCNR:SKLP 4147に入れたK.515の2曲である。当社ではこれら以外にヘクスターQt.の録音での入荷はない。録音にはあまり恵まれなかったようだ。ドイツ系の渋い響きを基本にきっちり旋律を描く。テンポも一定でどこまでも律儀な演奏。オランダでは1951年ナップ・デ・クリィンらによるネーデルランドQt.が誕生してから他の団体の活躍がみられなかったが、こうして性質の異なる別の四重奏団が僅かでも録音をしていたことがわかり安心した。ネーデルランドQt.のひとり勝ちでは面白味が無い。

ヘクスターQtの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る