[ELECTROLA] S.マイヤー(cl) W.マイヤー(cl/バセットhr) J.フェルバー指揮/ウェーバー:Cl五重奏曲, ベールマン,メンデルスゾーン

Sabine Meyer, Wolfgang Meyer ‎– Works for Clarinet and Orchestra (Weber, Baermann, Mendelssohn)

通常価格:¥ 1,100 税込

¥ 1,100 税込

数量

商品コード: 1127-032

作品名:ウェーバー:Cl五重奏曲Op.34, ベールマン:Cl・弦楽の為のアダージョ, メンデルスゾーン:2つのコンツェルトシュトゥック1番Op.113, 2番Op.114
演奏者:S.マイヤー(cl)W.マイヤー(cl/バセットhr)J.フェルバー指揮ハイルボルン・ビュルテンベルク室内o.
プレス国:ドイツ, Germany
レーベル:ELECTROLA
レコード番号:2702201
M/S:デジタル・ステレオ, digital・stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/6
評価/ジャケット:S
レーベルタイプ:後期大ニッパー, Digital Recording, LC 0233, DMM, グルーヴガード, Rights Society:記載なし, Price Code:なし, (P)1985, スタンパー/マトリクス:2702201T-A 1+D/2702201TB1+D(ラウンド小文字スタンパー・ELECTROLAタイプ), レーベルや国籍を示す専用マトリクスを使用せず, ELECTROLA系デジタルを示すレコード番号7桁を含む専用マトリクス使用, 補助マトリクス:なし, 1980年代のスタンパーによる1984年頃製造分, 白金輪レーベル存在せず, 金EMIニッパーレーベル存在せず, 赤EMIニッパーレーベル存在せず, これより古いドイツレーベル存在せず, ドイツでの最古レーベル・最厚プレス, 更に古いマトリクス存在せず, モノラル存在せず, RIAAカーヴである, His Master's Voice音源のELECTROLA製作プレス, ドイツでのオリジナル, original in De.
ジャケット:見開両面コート,DIGITAL,DMM,067 27 0220 1,背文字:あり(黒色・白背景・上赤),ジャケ裏文字:あり(英/独/仏語解説と原語タイトル),ジャケ裏年号:なし,当社入荷履歴上で最古の年号/存在する年号:不明(年号ないが当ジャケットである),(P)1985(C)なし,写真撮影者:Wucke,原画/被写体:WuckeによるSabine Meyerの写真とElectrola Groupによるタイポグラフィー,デザイン:Electrola Group,ライナーノーツ:Elmar Weingarten,製作:Electrola Gesellschaft m.b.H.,印刷:4P Nicolaus Gm.b.H. Koln,使用内袋:記載なし,ドイツでのオリジナル,original in De.
トピックス:1984年11月11-14日、西ドイツ・ルートヴィヒスブルクkarlshöhe教会でのデジタル録音, 録音技師:Wolfgang Gülich, プロデューサー:Gerd Berg, 録音監督:Christfried Bickenbach, 1985年Electrola Gesellschaft m.b.H.によりコピーライト登録・同年当番号・当装丁にて初リリース, ELECTROLA単独録音, W.マイヤーはヴォルフガングでS.マイヤーと兄弟, 入荷2度目の希少盤, 軽度な難ありで安価としたが鑑賞に大きな支障のないレベル, 演奏:★★★★, 音質:★★★★
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), B面1時微かに~極小30回感じる小軽スレあり, 古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: 「魔弾の射手」でドイツ・ロマン派のオペラ様式を確立したウェーバー。このCl五重奏曲にも古典派・ロマン派の美しさを聴く事ができる。ウェーバー、メンデルスゾーンと同時代に生きたベールマンはClの名手であった。そして、そのベールマンと息子に贈られたメンデルスゾーン:2つのコンツェルトシュトゥック。このアダージョはかつてワーグナーの作とされていた。ドイツ・ロマン派の美しさを持った3作品を、現代のClの名手S.マイヤーの演奏で聴いていただきたい。(C)

マイヤーの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る