[PHILIPS] W.ベネット(fl) グリュミオー・トリオ/モーツァルト:Fl四重奏曲(全4曲)

Mozart / Grumiaux Trio, William Bennett ‎- Complete Quartets For Flute And Strings

通常価格:¥ 2,200 税込

¥ 2,200 税込

数量

商品コード: 1127-019b

作品名:モーツァルト:Fl四重奏曲(全4曲)/1番 ニ長調K.285, 2番 ト長調K.285a, 3番 ハ長調 K. Anh. 171 (285b), 4番 イ長調 K. 298
演奏者:W.ベネット(fl)グリュミオー・トリオ
プレス国:英国, United Kingdom
レーベル:PHILIPS
レコード番号:6500 034
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A : 販促用金丸シール付き
レーベルタイプ:赤/銀3本線土手, Made in England, グルーヴガード厚, Rights Society:記載なし, (P)1969(刻印は1970であり), 英語表記・英語圏流通分, スタンパー/マトリクス:AA 6500 034 1Y5/AA 6500 034 2Y3(ラウンド小文字スタンパー・PHILIPSタイプ), PHILIPS録音ステレオ製造を示すAA 6500***で始まりレコード番号と670を含む専用マトリクス使用, 補助マトリクス111/114, 再補助マトリクス:なし, 1970年頃のスタンパーによる1973年前後頃製造分, 旧番号存在せず, HIFI-stereoレーベル存在せず, アズキ/銀存在せず, 赤/銀3本線内溝土手なしレーベル存在せず, 英国でこれより古いレーベル存在せず, 英国で最古レーベル・最厚プレスではない(更に厚い盤が存在する), 更に古いマトリクス存在すると思われる(1Y1/2Y1が存在するか不明), モノラル存在せず, RIAAカーヴである, PHILIPS音源の英PHILIPS製作プレス, 英国でのオリジナルタイプ, original type
ジャケット:表コートペラ,背文字:あり(黒色・白背景),ジャケ裏文字:あり(英語解説と英語タイトル),英語表記・英語圏流通分・オランダ製,ジャケ裏年号:なし,当社入荷履歴上で最古の年号:不明(年号ないが当ジャケットと思われる),(P)(C)なし,写真撮影者:M.Germann,原画/被写体:M.Germannによる風景写真とタイポグラフィー,デザイン:PHILIPS Group,ライナーノーツ:筆者名の記載なし,製作:Philips Phonografische Industrie B.V.Baarn ,印刷:不明・オランダ製,ジャケ裏右上にSALロゴ付きが存在する,オリジナルタイプ,original type
トピックス:1969年12月16-22日スイス、ラ・ショードフォンにてステレオ録音, 録音詳細不明, 蘭・英・仏同一番号, 蘭・英はジャケットがほぼ共通, 1970年Philips Phonografische Industrie B.V.によリコピーライト登録・同年当装丁で初リリース, プレスが多いので初期マトリクスはなかなか見ない・今回の1Y 5/2Y 3は2年程度後の1972年頃の製造分と思われる, 当プレスよりもう少し厚い盤が存在する, 演奏:★★★★, 音質:★★★★★, 目の覚めるような超優秀録音!
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特に音に出るキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: フルート四重奏の名演は多いが、これもステレオ期の名演の1つと言って良いと思う。まず、ベネットのフルートの天まで届くが如く並外れた馬力と、程よくかすれた音色に心を奪われる。そして、K.563や五重奏全集等で既にお馴染みのグリュミオー率いる弦楽トリオのサポートで、とにかく底抜けに明るい躍動感が生まれている。立体的で彫りの深い表現力は群を抜いており、ステレオ期ならではの音響を考慮に入れた決定盤の1つ。

グリュミオー・トリオの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る