[ETERNA] S.シュテッキヒト(pf)/Klavierstücke 「Pf作品集」(14曲)

Siegfried Stöckigt ‎– Klavierstücke - Bekannt Und Beliebt

通常価格:¥ 7,700 税込

¥ 7,700 税込

商品コード: 1130-032

作品名:Klavierstücke(14曲)/ベートーヴェン:エリーゼのために, ウェーバー: 舞踏への勧誘(華麗なるロンド), グリーグ:抒情小曲集第5集Op.54~こびとの行進, リスト:「愛の夢」第3番, ラフマニノフ:前奏曲 嬰ハ短調Op.3-2「鐘」, シンディング:春のささやきOp.32-3, リムスキー・コルサコフ:歌劇「サルタン皇帝の物語」~熊蜂の飛行, イベール:白い小さなろば, ドビュッシー:「ベルガマスク組曲」~月の光, バルトーク:アレグロ・バルバロ, プロコフィエフ:ガヴォットOp.32-3, ラヴェル:水の戯れ, ガーシュウィン:ピアノのための3つの前奏曲~Ⅰアレグロ・ベン・リトマート・エ・デチーゾ--Ⅱアンダンテ・コン・モート・エ・ポコ・ルバート--Ⅲアレグロ・ベン・リトマート・エ・デチーゾ, エネスク:ピアノのための組曲第2番Op.10~トッカータ
演奏者:S.シュテッキヒト(pf)
プレス国:旧東ドイツ, Germany East
レーベル:ETERNA
レコード番号:825 734
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:黒/銀, グルーヴガード重量厚, Rights Society:BIEM, (P)なし, スタンパー/マトリクス:825 734-1C/825 734-2C(ラウンド大文字スタンパー・ETERNA旧タイプ), ETERNA録音を示す8***で始まりレコード番号を含む専用マトリクス使用, 補助マトリクス:C9/C9, 再補助マトリクス:A1 D/A1 B, STO---初期マトリクス:なし/なし, 1969年/1969年スタンパーによる1969年頃製造分, 1969年黒/銀レーベルで初リリース, 旧番号存在せず, V字ステレオレーベル存在せず, 黒/銀ツヤレーベル存在せず, ED存在せず, 最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在すると思われる, 更に古い補助マトリクスが存在するか不明, モノラル存在する(820 734・1968年リリース), RIAAカーヴである, ETERNA音源のETERNA製作プレス, ステレオ・オリジナル重量盤, original for stereo
ジャケット:長ステレオ折返紙, 背文字:なし(初期の証拠), 裏文字:あり(独語と独語タイトル), Price Code:なし, ジャケ裏年号:(285)Ag 511/02/69, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在する年号:69(当ジャケットである), 写真撮影者:不明, 原画/被写体:Adolph Menzelによる絵画「Das Balkonfenster」ドレスデン国立美術館所蔵とGerd Semderによるタイポグラフィー, デザイン:Gerd Semder, ライナーノーツ:Hans-Peter Müller, 製作:VEB Deutsche Schallplatten Berlin DDR, 印刷:Konsum Hauptbetrieb, Berlin, 長ステレオの初出分, ツヤタイプ存在せず, これより古いタイプ存在せず, オリジナル, original
トピックス:1965年10月11~14日/1966年2月10~11日・3月25日モノラル/ステレオ録音, 録音場所不明・ドレスデンと思われる, 録音技師:Bernd Runge, プロデューサー:兼任, 1968年VEB Deutsche Schallplatten Berlin DDRによりコピーライト登録・同年モノラル:820 734/1969年ステレオ:825 734(当装丁)にて初リリース, 入荷の少ない番号, 1979年/1982年に同一番号で再版された, ライプツィヒ楽派のジーグフリート・シュテッキヒトの唯一のピアノ小品集にして代表作!, 演奏:★★★★+, 音質:★★★★★, 曲目を全て記載した, これがステレオ初出の重量盤!使用ピアノは東独メーカーのブリュートナーと思われる(記載はない)
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特に音に出るキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: ETERNAにピアノ小品集は多くない、その中でジーグフリート・シュテッキヒトが選ばれたのはそれだけの実力を認められたからだろう。当時の共産圏では政治力も共に必要だったとは思われるが。シュテッキヒト唯一のピアノ小品集。録音は1965/66年で、初出は'69年の長ステ厚手盤。技師B.ルンゲによる録音で、小品14曲を軽快に綴ってゆく。ETERNAには、この手の内容のものが少なく貴重である。シュテッキヒトは東独領ザクセン州フォークトランドのレンゲンフェルトに生まれた。1946年から1959年までライプツィヒのHochschulefürMusikでHugo Steurerに師事。1968年からは東ベルリンのハンスアイスラー音楽学校の教授に任命された。1959年、彼はジュネーブの国際音楽コンクールでメダルを獲得。ジャズの分野でもライナー・カレルの名で活躍。世界の共産圏へのツアーを行った。クラシックでは、これが代表作になるだろう。極めて明快なタッチで、沈み込んだり濁ったりしない、クリアーなピアニズム。現代感覚ながら、その中からジワリと滲み出てくるものがある。確かな技術を根底に持っているようだ。尚、1984年モービッツァーの「カンツォネッタ」というVn小品集にピアノ担当で参加、1983年にバッハのトッカータ集も出している。ETERNAで最初のガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルーも録音している。初期録音の為、なかなか音質は良い。ライプツィヒ楽派に属する。

シュテッキヒトの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る