[ETERNA] H.ピシュナー(cemb)/バッハ:ゴルトベルク変奏曲

Bach, Hans Pischner ‎– Aria Mit Verschiedenen Veränderungen BWV 988 (Goldberg-Variationen)

通常価格:¥ 4,400 税込

¥ 4,400 税込

商品コード: 1131-009

作品名:バッハ:ゴルトベルク変奏曲B.988
演奏者:H.ピシュナー(cemb)
プレス国:旧東ドイツ, Germany East
レーベル:ETERNA
レコード番号:826 052
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:黒/銀, グルーヴガード重量厚, Rights Society:記載なし, (P)なし, スタンパー/マトリクス:826 052-1B/826 052-2A(ラウンド大文字スタンパー・ETERNA旧タイプ), ETERNA録音を示す8***で始まりレコード番号を含む専用スタンパー使用, 補助マトリクス:K9/K9, 再補助マトリクス:A2 C/A2 H, 1969年/1969年のスタンパーによる1969年製造分, 1970年当番号・黒/銀レーベルで初リリース, V字ステレオは存在せず, 旧番号存在せず, 黒/銀ツヤレーベル存在せず, ED存在する(1979年以降), これより古いレーベル存在せず, 更に古いマトリクス存在するか不明, 最古レーベル・最厚プレスである, ETERNA音源のETERNA制作プレス, オリジナル, original
ジャケット:紙ペラ, 背文字:あり(黒色・白背景), 裏文字:あり(独語解説と独語タイトル), ジャケ裏年号:Ag 511/01/70, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:70(当ジャケットである), 写真撮影者:Marion Schöne, 原画/被写体:Marion SchöneによるHans Pischnerのカラー写真とGerd Semderによるタイポグラフィー, デザイン:Gerd Semder, ライナーノーツ:Hans-Georg Uszkoreit, 製作:VEB Deutsche Schallplatten Berlin DDR, 印刷:VEB Gotha-Druck, ツヤタイプ以前の初回デザイン, これより古いタイプ存在せず, 1979年EDで再版された, オリジナル, original
トピックス:1968年東ベルリン・イェズス・クリストゥス教会スタジオ(Studio Christuskirche, Berlin)でのステレオ録音, 録音技師:Bernd Runge, プロデューサー:Bernd Runge(兼任), 学術的コンサルタント:Prof. Dr. Werner Neumann / Dr. Sc. Hans Gunter Hoke, 1970年VEB Deutsche Schallplatten Berlin DDRによりコピーライト登録・同年当番号・当装丁にて初リリース, 1979年バッハ・エディション(バッハED)に採用され同一番号で1979年EDレーベル・EDツヤジャケット入りで再リリースされた, これは1970年初年度リリース分の完全なオリジナル!
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特に音に出るキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり, 無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: 1969年B.ルンゲにより録音されたETERNA社最初のゴルトベルクVar.は、ピシュナーによるCemb演奏。その後、バッハEditionでも、ジャケットを変更してプレスされた。このジャケットに入った黒厚盤旧スタンパープレスがオリジナル。その音圧は、他を圧倒するものがある。まるでピシュナーの目の前に座って聴いているようだ。その怒濤の如く迫るエネルギーの強さと透明感のある音が、ETERNA黒盤ステレオの本質だ。演奏はやや学研的な解釈ではあるが、頭に焼きつく一枚。

.ピシュナーの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る