[Les Discophiles Français] K.リステンパルト指揮ザール室内o./ヘンデル:合奏協奏曲Op.6 Vol.1 DF

Haendel - Orchestre de Chambre de la Sarre, Karl Ristenpart ‎– Les Concerti Grossi-1

通常価格:¥ 22,000 税込

¥ 22,000 税込

商品コード: 1136-031p

作品名:ヘンデル:12の合奏協奏曲(Op.6 HWV 319-330)全集-1/【A面】第9番ヘ長調Op.6-9 HWV 327, 第10番ニ短調Op.6-10 HWV 328 【B面】同:第1番ト長調 Op.6-1 HWV 319, 第8番ハ短調 Op.6-8 HWV 326
演奏者:K.リステンパルト指揮ザール室内o.
プレス国:フランス, France
レーベル:Les Discophiles Français
レコード番号:DF 89
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:赤輪青地図内溝, 12時にMade in France, フラット重量, Rights Society:記載なし, (P)なし, スタンパー/マトリクス:DF 89 1C2/DF 89 2C1(ストレート小文字スタンパー・Pathé初期タイプ), DF録音製造示すDF***で始まりレコード番号を含む専用マトリクス使用, 補助マトリクス:ストレート・パテキュラーXPartX 25812/XPartX 25813, 再補助マトリクス:ストレートM6スタンパー・M6 164117/M6 164118の3種併存のPathéプレス, 1950年代スタンパーによる1955年頃の製造分, 内溝フラット重量Pathéスタンパーの最初期分, 中溝プレス等の異なる溝タイプ存在するがどちらが先かは不明(工場違いまたは使用機械の違いと思われるが内溝フラット盤が最初期であることは疑いない), さらに古いマトリクス存在するか不明, ステレオ存在せず, RIAAカーヴではない, 最古レーベル・最厚プレスである, Les Discophiles Français音源のLes Discophiles Français制作Pathéプレス, レーベルの青輪の色は紺だが更に濃い紺が存在せず, この番号はDFが付かない89が存在する, オリジナル・タイプ, original type
ジャケット:見開緑クロス紙(金文字サークル), ジャケット番号:DF 89, 背文字:なし(初期の証拠), 裏文字:なし(緑クロス紙ブランク)内側に仏語解説と仏語タイトル, ジャケ裏年号:なし, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在する年号:不明(記載ないが当ジャケットであると思われる), (P)(C)なし, 写真撮影者:不明, 原画/被写体:Les Discophiles Français初期の金色型押し文字によるサークル付き共通デザインとタイポグラフィー, デザイン:Les Discophiles Français Group., ライナーノーツ:Carl de Nys, 製作:Les Discophiles Français, 印刷:不明・フランス製, 青色クロス紙タイプの初期分(見開きタイプ以前)は存在せず, 青系シングルタイプは存在せず, シングルタイプは存在しないと思われる, 別色のクロス紙ジャケットは存在する可能性あり, 番号DFが付くタイプのみ存在と思われる, 同時期の3枚組アルバム:DF-Fが存在する, 単品LPのオリジナル, original
トピックス:1950年代中期頃のパリ?でのモノラル録音(全12曲録音), 録音詳細不明, 1950年代中期頃、連番ではない3枚に分けて分売されたシングル:DF 89/112/157と3枚組のトリプルジャケット入り:DF-Fの2種がおそらく同時に発売されたと思われる, 細かく見るなら最後のDF 157を以てDF-FはリリースできたのでDF 89/112の初年度分はDF-Fより幾分早いかもしれない, 但しこの時代のDFのフラット重量盤なら1年程度の差は感知できないだろう, これはVol.1のDF 89の初年度分またはそれに近いオリジナルである。曲は順番ではないので同じ時期にまとまって録音されたのかもしれないが詳細不明, 12の合奏協奏曲Op.6のエポックメイキングな録音であることは確か, 演奏:★★★★+, 音質:★★★★★+ さすがDFは圧巻のモノラル・オーディオファイル!!
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特に音に出るキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり, 無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: 全3枚のVol.1。非常に音圧が高いDF特有の音質は魅力だ。リステンパルトが振るとヘンデルもこうなるという見本。メリハリが利いていて名人級のソロが出てくる。クレジットは無いが、おそらくVnはグレーリングだろう。'60年代に入ってからのバロック演奏にありがちな、どこを聴いても同じように聴こえるという事は全く無く、オケもソリストも真剣勝負で熱気ムンムン。全くエコー分のないストレートな音で迫る。盤が圧倒的な力を持っていて、強いエネルギーを感じる。3枚組のトリプルジャケット入り:DF-Fも存在するが同時期と思われる。

リステンパルトの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る