[ETERNA] R.ケンペ指揮 I.フリードリヒ(pf) H.オットー(org/cemb)/R.シュトラウス:ヨゼフの物語, クープランのクラヴサン曲による舞踏組曲(全8曲)

Richard Strauss – Staatskapelle Dresden, Rudolf Kempe ‎– Tanzsuite Nach Couperin / Josephslegende · Sinfonisches Fragment

通常価格:¥ 3,300 税込

¥ 3,300 税込

数量

商品コード: 1141-037tb

作品名:【A面】R.シュトラウス:交響的断章「ヨゼフの物語」 【B面】クープランのクラヴサン曲による舞踏組曲(全8曲)-- 1 Einzug Und Feierlicher Reigen (Pavane) · Maestoso--2 Courante · Maestoso-- 3 Carillon · Allegretto Vivace--4 Sarabande · Largo-- 5 Gavotte · Lebhaft-- 6 Wirbeltanz · Presto--7 Allemande · Moderato-- 8 Marsch · Allegro
演奏者:R.ケンペ指揮ドレスデンsk. I.フリードリヒ(pf)H.オットー(org/cemb)
プレス国:旧東ドイツ, Germany East
レーベル:ETERNA
レコード番号:826 627
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:C : 図書館シールとテープ留めあり
レーベルタイプ:黒/銀, ST33, グルーヴガード厚, Rights Society:AWA, (P)なし, スタンパー/マトリクス:826 627-1A/826 627-2A(ラウンド小文字スタンパー・ETERNA通常タイプ), ETERNA録音を示す8***で始まりレコード番号を含む専用マトリクス使用, 補助マトリクス(Time Code ):J75 W NT/J75 W NT, 再補助マトリクス:A3 M/A2 B, 再々補助マトリクス:なし, STO---初期マトリクス:なし(存在せず), 1975年11月/1975年11月のスタンパーによる1975年頃製造分, 1975年黒/銀レーベルで初リリース, V字ステレオレーベル存在せず, 黒/銀ツヤレーベル存在せず, ED存在せず, これより古いレーベル存在せず, 最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在せず(初回分1A/2Aが最古), モノラル存在せず, RIAAカーヴである, ETERNA音源のETERNA製作プレス, カッティング担当:W (Annelene Dziengel?)/NTは不明, オリジナル, original
ジャケット:紙ペラ,背文字:あり(黒字・白背景),ジャケ裏文字:あり(独語解説と独語タイトル),Price Code:12.10 M,.ジャケ裏年号:Ag 511/01/75,(P)(C)なし,当社入荷履歴上最古の年号/存在が確認された年号:75(当ジャケである),写真撮影者:Hansjoachim Mirschel,原画/被写体:Dieter Heidenreichによる抽象イラストとタイポグラフィー,デザイン:Dieter Heidenreich,ライナーノーツ:Ernst Krause,製作:VEB Deutsche Schallplatten Berlin. DDR,印刷:VEB Gotha-Druck,これより古いツヤタイプ存在せず(入荷なし),これより古いタイプ存在せず,これはペラの初回デザイン・1980年頃から文字だけのセカンドデザインに変わる,オリジナル,original
トピックス:ヨゼフの物語:1974年3月/舞踏組曲:1973年1/6月ドレスデン・ルカ教会スタジオ(Studio Lukaskirche, Dresden)でのステレオ録音, 録音技師:Claus Strüben, プロデューサー:Heinz Wegner, 英国EMIとの共同制作(R.ケンペは直接ETERNAとの契約はない), 録音は100%ETERNA側が行い・EMI側は発売権を得た, 使用楽譜:Verlag Fürstner Ltd., London(ヨゼフの物語), Verlag F. E. C. Leuckart, Leipzig(舞踏組曲), 1975年VEB Deutsche Schallplatten Berlin. DDRによりコピーライト登録・同年当番号・当装丁にて初リリース, 826 437-441/624-8(1970-4年録音)管弦楽だけで全10枚, 全て揃ったことはない, R.シュトラウスの管弦楽曲10枚/別に協奏曲4枚の完全全集として評価の高い録音だがEMIプレスが多いのでそちらでお持ちの方が大半と思われる, 録音技師/プロデューサーともにETERNA側での録音でEMI側は指揮者R.ケンペの派遣と資金援助・販売権を得た, 協奏曲も含め全14枚は大事業だった, 音質はETERNAが圧倒的に良いことはご承知の通り, 1980年頃から文字だけのセカンドジャケットに変わる, ドレスデン近郊の生まれであるルドルフ・ケンペ(1910~76年)が1949~53年首席指揮者を務めた古巣に戻っての歴史に刻まれる名演!歴史的偉業!, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★★
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特に音に出るキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり, 無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: ケンペのドレスデン・シリーズの中で最も希少で、入荷が殆どない。'73/'74年技師シュトリューベンにより録音。EMIとの共同制作なのでEMI系でも発売されている。ケンペは同時に協奏曲も全曲録音し、R.シュトラウスのほぼ全オケ作品を網羅。1970年代と言えどもメジャー指揮者としては一大プロジェクト。その完成度は高く、ドレスデンsk.の名を世界に知らしめた。ミュンヘンpo.とのベートーヴェンの時よりも更にクリアーに大胆になり、内容も充実している。1970~1974年・826 437-441/624-8・LP全10枚による管弦楽曲全集録音。他に826 853-6の全4枚の協奏曲全集も同時期の録音。歴史的な偉業で英国EMIとの共同制作だった。

ケンペの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る