[ETERNA] K.ベーム指揮ドレスデンsk. ライプツィヒ放送cho./ベートーヴェン:フィデリオ(全曲)

Beethoven – Staatskapelle Dresden, Karl Böhm ‎– Fidelio

通常価格:¥ 3,300 税込

¥ 3,300 税込

商品コード: 1141-046tg

作品名:ベートーヴェン:フィデリオ(全曲)
演奏者:K.ベーム指揮ドレスデンsk./ライプツィヒ放送cho. E.マティス, G.ジョーンズ(s)P.シュライアー, J.キング(t)M.タルヴェラ, T.アダム(bs) 他
プレス国:旧東ドイツ, Germany East
レーベル:ETERNA
レコード番号:826 055-7
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×3, 箱入り3枚組, 3 single records
評価/レコード:7/6
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:黒/銀, グルーヴガード厚重量, Rights Society:記載なし, (P)なし, スタンパー/マトリクス:826 055-1B/826 055-2D・826 056-3C/826 056-4C・826 057-5G/826 057-6D(ラウンド大文字スタンパー・ETERNA旧タイプ), ETERNA録音を示す8***で始まりレコード番号を含む専用マトリクス使用, 補助マトリクス(Date Code):K76 W NT/A77 W NT・A77 W N/A77 W N・A77 W N/A77 W N, 再補助マトリクス:A1B1 T/A2 K・A2 E/A2 B・A2 C/A1H, 再々補助マトリクス:なし, 1976年11月~1977年1月までの製造のスタンパーによる1977年製造分, 1969年黒/銀レーベルで初リリース, 旧番号/V字ステレオ存在せず, ED存在せず, 黒/銀ツヤレーベル存在せず, これより古いレーベル存在せず, 更に古いマトリクス存在する(全4面69あり), 更に古い補助マトリクス存在する, 最古レーベルだが最厚プレスではない, モノラル存在せず, RIAAカーヴである, ノーマルカップリング, ETERNA音源のETERNA制作プレス, 東独側でのオリジナル・タイプ, original type for Germany East
ジャケット:外周白クロス紙表紙箱,通常の長ステレオシングルジャケットが3枚箱に入る2重ジャケットタイプ(初期の証拠),15ページのリブレット付,背文字:あり(黒色型押・白クロス紙背景),裏文字:なし(ブランク),Price Code:なし,ジャケ裏年号:Ag 511/69/76(リブレット裏),当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:69(当箱ではない),写真撮影者:不明,原画/被写体:ミケランジェロによる天井画「光と闇」ローマ・システィーナ礼拝堂所蔵とIngo Arnoldによるタイポグラフィー,デザイン:Ingo Arnold,ライナーノーツ:Joseph Schmidt-Görg,製作:VEB Deutsche Schallplatten Berlin DDR,印刷:Druckerei Märkische Volksstimme, Potsdam,バラ存在せず,これより古いタイプ存在せず,1969年の初出分には通常の長ステレオシングルジャケットが3枚箱に入る2重ジャケットタイプ,東独側でのオリジナル,original for Germany East
トピックス:1969年3月ドレスデン・ルカ教会スタジオ(Studio Lukaskirche Dresden)でのステレオ録音, 録音技師:Claus Strüben, Günter Hermanns, プロデューサー:Hans Hirsch, 録音監督:Dieter-Gerhardt Worm(東独側のプロデューサー), DGG=ETERNAの共同制作, DGGによる1970年DGGベートーヴェン大全集のためにDGGがETERNAに持ちかけた企画でETERNA側も1970年のLudwig van Beethoven Gesamtausgabeに使用(VIII 2.43), そのため録音技師はETERNA/DGGから一人ずつ出した(Claus Strüben/Günter Hermanns)・プロデューサーはDGGのHans Hirschが行ったがETERNA側では通常プロデューサーであるDieter-Gerhardt Wormは録音監督という立場で参加した, 1970年DGG:643 614-7(チューリップMIG)で初リリース→2709031→2721 136, 1969年ETERNA:826 055-7(当装丁)にて初リリース, これは1977年製造の盤が1976年製造のジャケットに入るケース, 悲しいかなETERNA盤の音を聴けばDGG盤を処分するか考えなくてはならなくなるので、それを避けたい方はETERNAは無視した方が良い・当社で下取りは行いません
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 第6面12時に極小~小13+大1+極小~小42+小25回出る横スレとシミあり, 古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: K.ベーム指揮ドレスデンsk./cho.他によるベートーヴェン:フィデリオ。過去に入荷はあったが近年まったく入荷が無くなってしまった。DGGからも出ているが当盤がオリジナルになる。箱の中に3枚それぞれ長ステ・ジャケに入る仕様。多くのレーベルに様々な録音を残すベームだが、ETERNAに残されたドレスデンsk.との演奏はモーツァルトのオペラをはじめ素晴らしいものが多いが、是非このフィデリオも聴いていただきたい。ベームのETERNA録音は凄い!DGGとは別世界!

ベームの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る