[VOX] J.ペルレア指揮ヴュルテンベルク国立o./ワーグナー:管弦楽作品集(6曲)

Wagner - Orq. Del Estado De Wuettemberg, Jonel Perlea ‎– Preludios y Oberturas

通常価格:¥ 5,500 税込

¥ 5,500 税込

商品コード: 1141-061

作品名:ワーグナー:管弦楽作品集(6曲)【A面】舞台神聖祝典劇「パルジファル」~聖金曜日の奇跡, 歌劇「タンホイザー」~バッカナーレ(ヴィーナスバーグ音楽), 楽劇「ワルキューレ」~ワルキューレの騎行 【B面】楽劇「神々の黄昏」~ ジークフリートの死と葬送行進曲, 同:~夜明けとラインへの旅, 楽劇「ジークフリート」~森のささやき
演奏者:J.ペルレア指揮ヴュルテンベルク国立o.
プレス国:フランス, France
レーベル:VOX
レコード番号:PL 10130
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:濃緑/銀内溝, フラット重量, Made in Franceの刻印, (P)なし, Rights Society:記載なし, Price Code:なし, スタンパー/マトリクス:10130/101301(ストレート小文字スタンパー・ERATOタイプ), 米COLUMBIAにプレスを委託するVOXなどのモノラル録音を示すXTV***で始まるマトリクス専用マトリクス使用せず, 補助マトリクス:LPL 293 J1 380/LPL 294 D3 380, 再補助マトリクス:なし, PathéプレスではなくERATO系プレス, 10"は存在せず, 旧番号存在せず, Pathé-VOXレーベル存在しないと思われる, これより古いレーベル存在しないと思われる, フランスで最古レーベル・最厚プレスであると思われる, 1950年代のスタンパーによる1958年頃製造分, 更に古いマトリクス存在しないと思われる, Pathéプレス存在しないと思われる, ステレオ存在せず, RIAAカーヴではない, VOX音源の仏VOX制作ERATOプレス, フランスでのオリジナル, original in Fr.
ジャケット:折返紙ペラ,背文字:なし(初期の証拠),裏文字:あり(仏語解説と仏語タイトル),ジャケ裏年号:なし,(P)なし(C)1958,当社入荷履歴上で最古の年号:不明(記載ないが当ジャケットと思われる),写真撮影者:不明,原画/被写体:Sihauo M.TintoriによるイラストとVOX Group Fr.によるタイポグラフィー,デザイン:VOX Group Fr.,ライナーノーツ:Fred Grunfeld,製作:Vox Productions, Inc./ Les Industries Musicales Et Electriques Pathé Marconi ,印刷:.F.Richir-Maitre Imprimerie.Paris-Le Perreux,フランスでこれより古いタイプ存在せず,フランスでのオリジナル,original in Fr.
トピックス:1957年又はそれ以前のドイツ・ヴュルテンベルクでのモノラル録音, 録音詳細不明, 編集/カッティングマスター:Rudolph Van Gelder?(刻印なし), 米国では1957年Vox Productions, Incによりコピーライト登録・同年VOX:PL 10130にて初リリース, フランスでは1958年頃仏VOX:PL 10130(当装丁)にて初リリース, 当社初入荷の希少タイトル, ペルレア指揮の珍しいワーグナー, 当プレスにRVGの刻印はないがヴァン・ゲルダー(Rudolph Van Gelder)によるマスタリングと思われる, モノラル・オーディオファイル, 演奏:★★★★, 音質:★★★★★
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特に音に出るキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)--A面12時に無音スレあり

商品詳細: 1900年にルーマニアのオグラダにてルーマニア人の父とドイツ人の母の間に生まれたイオネル・ペルレア(1900~1970)は、10歳でドイツ・ミュンヘンに越し、地元の音楽高等学校で作曲を学ぶ。大戦後は活動の場をイタリアに移した。聖チェチリア管との共演を聴いたトスカニーニはペルレアの才能を認め、スカラ座への頻繁な客演を行う。更に1950年にはNBC交響楽団とメトロポリタン歌劇場にも客演。終焉の地となるニューヨークとの縁が始まる。以後アメリカでの活躍が主となりVOXと契約。1957年には心臓発作と脳卒中で倒れて、半身不随となったが、意欲は衰えず、着座して左手だけで指揮。マンハッタン音楽院でも教鞭を執り、その時の愛弟子が飯守泰次郎である。トスカニーニの助手としてトスカニーニが亡くなるまで親交を持った。ベートーヴェンの交響曲では1/4/7/8番の4曲を担当した重鎮である。モーツァルトの交響曲も数曲あり、なかなかの出来栄え。日本では無名に近いがホーレンシュタインとともにVOXを背負った指揮者だった。今回は当社初入荷の珍しいワーグナー管弦楽作品集・全6曲。定番のオペラからの管弦楽作品をヴュルテンベルク国立o.を振って1957年頃モノラル録音したもの。VOXは米国のレーベルらしく指揮者には爆演系の指揮者を抱えている。中でもペルレアは同じくルーマニア人で爆演指揮者であるシルヴェストリに近いタイプである。VOX専属ということでメジャーレーベルの指揮者のような名声はないが米国のリスナーを喜ばせるスタイルを良く知っていて、聴いていて楽しくなる演奏をしてくれる。それを音質の良いフランス盤で聴ければこれ以上のことはない。これから日本でも注目されてしかるべき指揮者と感じる。オーケストラ好きには是非お試しあれ。

ペルレアの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る