[Les Discophiles Français] F.ノイマイヤー(cemb) K.リステンパルト指揮ザール室内o./バッハ:Cemb協奏曲1, 2番

Bach, Fritz Neumeyer, Orchestre De Chambre De La Sarre, Karl Ristenpart ‎– Premier Concerto Pour Clavecin En Ré Mineur BWV 1052

通常価格:¥ 13,200 税込

¥ 13,200 税込

数量

商品コード: 1141-011p

作品名:【A面】バッハ:Cemb協奏曲1番B.1052 【B面】バッハ:Cemb協奏曲2番B.1053
演奏者:F.ノイマイヤー(cemb)K.リステンパルト指揮ザール室内o.
プレス国:フランス, France
レーベル:Les Discophiles Français
レコード番号:DF 78
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7/6 : A面に販売店シールあり
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:赤輪青地図内溝, フラット重量, Rights Society:記載なし, (P)なし, スタンパー/マトリクス:DF 78 1C1/DF 78 2C2(ストレート小文字スタンパー・Pathéタイプ), Les Discophiles Français録音・製造を示すDF***で始まりレコード番号を含む専用マトリクス使用, 補助マトリクス:ストレートMスタンパー・M6 164107/M6 104106, 再補助マトリクス:ストレート・パテキュラー(Patéculaire)・XPartX 25801/XPartX 25800, 3種併存のPathéプレス, 全てストレート初期タイプ, 1950年代のスタンパーによる1954年頃の製造分, 旧番号存在せず, これより古いレーベル存在せず, 異なる溝タイプ存在するがどちらが先かは不明(工場違いまたは使用機械の違いと思われるが内溝フラット盤が最初期であることは疑いない), 最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在せず, ステレオ存在せず, RIAAカーヴではない, Les Discophiles Français音源のLes Discophiles Français制作Pathéプレス, レーベルの青輪の色が更に濃い色存在せず, オリジナル, 番号はDF付きで数字だけのタイプは存在せず, 工場: Pathé Marconi EMI, Chatou., オリジナル, original
ジャケット:見開両面青系クロス紙(金色文字・サークルあり),背文字:あり(金色型押・青系クロス紙背景),裏文字:なし(ブランク)内側に仏語解説と仏語タイトルあり,(P)(C)なし,ジャケット裏年号:なし,当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(記載ないが当ジャケットである),写真撮影者:不明,原画/被写体:Les Discophiles Français初期の金色型押し文字によるサークルあり共通デザインとタイポグラフィー,デザイン:Les Discophiles Français Group.,ライナーノーツ:Carl de Nys,製作:Les Discophiles Français,印刷:不明・フランス製,シングルタイプ存在せず,別色のクロス紙ジャケットは存在する可能性ある(灰色の入荷なし),青系疑似皮張タイプは存在せず,数字だけのタイプは存在せず,オリジナル,original
トピックス:1953年頃パリでのモノラル録音, 録音詳細不明, 1954年頃Les Discophiles Françaisによりコピーライト登録・同年当番号・当装丁にて初リリース, これがオリジナル, 状態の良い盤は多くない, 1960年代初期10"EX 25027で1番だけが再版された, Df5桁の入荷はない, チェンバロのフリッツ・ノイマイヤー(1900-1983)は古いドイツのチェンバロ奏者, 1950年代のDFにリステンパルトとバッハのチェンバロ協奏曲の主要作品を録音している
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), B面2時極小26回出る点あり・小さい音だが6とした, 古いプレスに付き多少のサーフェース音あり, 無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: カール・リステンパルト(1900-1967)はドイツの港町キール生まれの指揮者。ベルリン・オラトリオ合唱団の指揮者として活動を開始する。1932年、15名ほどの弦楽奏者を中心にリステンパルト室内管弦楽団を創設し、定期コンサートを開催する。戦後の46年にベルリンRIAS室内管弦楽団と合唱団を組織した。コンマスのヴァイオリン奏者ウルリヒ・グレーリングはこの時RIAS室内管弦楽団にいたソリストだったと思われる。グレーリングはその後1942-1947年までの間ベルリンpoのコンサートマスターを務めることになる。1953年からザールブリュッケンのザールラント室内管弦楽団の指揮者に就任する。DFに録音を開始したのはここからである。リステンパルトは1953年10月1日-ドイツ、ザールブリュッケンに18人のメンバーでザール室内管弦楽団を創設する。そのメンバー中10人はベルリンから付いてきた音楽家である。フリッツ ・ノイマイヤー(1900-1983)もそこに含まれると思われる。ノイマイヤーはザールブリュッケンの生まれでベルリンで活動していた。同じくベルリンにいたリステンパルトとは早い時期に知り合い、共演もしたと思われる。1967年リステンパルトが亡くなるまでその活動は続き、レーベルもDFからLe Club Français Du Disqueに代わる。1960年代に入りメンバーにG.F.ヘンデルなどの新しいメンバーも参加し、Le Club Français Du DisqueではDFで録音した多くの曲の2回目録音を行ったがこの曲は再録音していない。当時チェンバロ協奏曲の録音はバッハの柱として重要な仕事であった。リステンパルトがザールに移ったことでDFと契約することになる。かくしてフランス人たちはリステンパルトの思想による真のバッハ演奏を聴けるようになった。これが逆にドイツでは発売されず、フランスでバッハの神髄が発売されたことは興味深いと言わざるを得ない。ノイマイヤーはドイツでは最も早い時期からチェンバロ演奏の権威として1946年から1969年までベルリン音楽院の教授であった。DF以外にもARCHIVの初期~中期にも録音が多い。

リステンパルトの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る