[ALPHA] K.リステンパルト指揮 J.P.ランパル(fl) 他/バッハ:管弦楽組曲1, 2番

Bach, The Orchestra of the Sarre, Karl Ristenpart ‎– Suites 1 Et 2

通常価格:¥ 22,000 税込

¥ 22,000 税込

商品コード: 1141-009p

作品名:【A面】バッハ:管弦楽組曲1番B.1066 【B面】バッハ:管弦楽組曲2番B.1067
演奏者:K.リステンパルト指揮ザール室内o. J.P.ランパル(fl) 他
プレス国:ベルギー, Belgium
レーベル:ALPHA
レコード番号:DB 35
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:青輪地図, 12時にMade in France Enrgistremenys Discophiles Français, グルーヴガード厚手, Rights Society:記載なし, (P)なし, スタンパー/マトリクス:XPmX 118 A 21B /XPmX 119 B 21(ラウンド小文字スタンパー・Pathéタイプ), Les Discophiles Français録音・製造を示す物はなくベルギーのパテキュラー的なタイプ, XPmX***で始まりレコード番号を含まないALPHA専用マトリクス使用, 補助マトリクス:ラウンドMスタンパー・M6 224041/M6 223501, 再補助マトリクス:なし, M6スタンパーがあるがカッティングマスターだけで実際のプレスはベルギーの工場と思われる, 2種併存のPathéタイプのプレス, 1960年代のスタンパーによる1962年頃の製造分, 旧番号存在する(DFに10"の旧番号あり・DFに2桁または3桁の12"は存在しない), ベルギーでこれより古いレーベル存在せず, ベルギーでの最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在せず, ステレオ存在せず, RIAAカーヴである, Les Discophiles Français音源のALPHA制作プレス., フランスDFに10"が存在するがベルギーでのオリジナル, original in Belgium
ジャケット:灰クロス紙(文字・サークルあり),リブレット付,背文字:なし(初期タイプ),裏文字:なし(リブレットあり),(P)(C)なし,ジャケット裏年号:なし,当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(記載ないがベルギーでは当ジャケットである・フランスには旧番号の10"が存在する),写真撮影者:不明,原画/被写体:Disques ALPHA初期の文字サークル共通デザインとタイポグラフィー,デザイン:Disques ALPHA Group.,ライナーノーツ:Carl de Nys,製作:Disques ALPHA,印刷:不明・ベルギー製,別色のクロス紙ジャケットが存在する可能性あり,数字だけのタイプは存在せず,ベルギーででのオリジナル,フランスに10"×2・EX 25034/EX 2501が存在する,0original in Belgium
トピックス:1954年頃パリでのモノラル・全曲録音, 録音詳細不明, フランスでは1955年頃Les Discophiles Français:10"×4→1~4番:EX 25034/25010/25066/25067で初リリース, フランス盤に12"は存在しない, ステレオは存在しない, 状態の良いプレスは少ない, これが初回録音, 1960頃年Le Club Français Du Disqueに2回目録音を行った, 圧倒的な名演, フランス以外では1960年頃ベルギーALPHAで12"がリリースされた, これが唯一の1970年までに欧州で発売された12"と思われる, 他にフランス盤10"のDFレーベルで325 112(1/2番)もあり, ベルギーALPHAは初入荷の希少盤, ALPHAに3/4番の12"が存在するか不明, 少なくともDB 36は異なる, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★★
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), A面2時極小5回出る点あり, 古いプレスに付き多少のサーフェース音あり, 無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: 過去にクリュブ・フランセ212-3の入荷があったが、それは2回目録音であることが判明した。これは、それ以前のDFでの初回録音。この録音はフランスではDF**のような12"(通常DFの初出)は発売されなかった。1950年代に全4曲それぞれ1曲づつが1枚に入り、1→4番:EX 25034/25010/25066/25067という10"で初リリースされた。その為DFにモノラル初回録音があったことは知られていない。1960年代に入りお隣ベルギーでもDF音源がALPHAからリリースされるとこの初回録音がALPHAでは12"で発売された。初期盤としては欧州で唯一の12"盤となる。尚、後半の3/4番がALPHAの12"に存在するか不明、こういう珍しい盤は入荷するまでわからないのが実情。長い間連続した観察を行わないと真実が見えてこないのが古いアナログの世界である。DFの10"は希少で12"の方が使いやすいとお考えの方におお薦めする。バッハの組曲というのは、バッハの管弦楽の中で最も人気の無い曲だが、DF録音のリステンパルトなら話は別だろう。太陽のように輝かしく、暖かみのあるバッハ組曲で、これに勝る演奏はあまり無いのでは?スーパーレア!

リステンパルトの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る