[Culb National de Disques] E.シュスマン(s) P.メラール・ヴェルジェ(pf)/フランス歌曲集

Ettel Sussman, Fauré / Debussy / Ravel ‎– La Bonne Chanson / Les Chansons De Bilitis / L'Enfant Et Les Sortilèges, Chansons Grecques

通常価格:¥ 38,500 税込

¥ 38,500 税込

数量

商品コード: 1141-006nn

作品名:フランス歌曲集/【A面】フォーレ:優しい歌Op.61(全9曲)--第1曲 光背を負った聖女--第2曲 暁の光が広がるのだから--第3曲 白い月影は森に照り--第4曲 私は不実の道を歩いていた--第5曲 本当はこわいくらい--第6曲 おまえが消え去る前に--第7曲 それは夏のある明るい日--第8曲 そうでしょう?--第9曲 冬は終わった 【B面】ドビュッシー:ビリティスの3つの歌(全3曲)--第1曲 パンの笛--第2曲 髪--第3曲 ナイアードの墓, 同:歌曲「もう家のない子のクリスマス」, ラヴェル:子供と魔法~火のアリア「おさがり!良い子は暖めるけれど」, ラヴェル:5つのギリシャ民謡(全5曲)--第1曲 花嫁の目覚め--第2曲 向こうの教会へ--第3曲 私と比べられる男前はだれなんだ?--第4曲 乳香を集める女たちの歌--第5曲 何と楽しい!
演奏者:E.シュスマン(s)P.メラール・ヴェルジェ(pf)
プレス国:フランス, France
レーベル:Culb National de Disques
レコード番号:CND 10
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:赤/白内溝, Le Edition deJounal Musical Francais, フラット重量, Rights Society:BIEM, Price Code:なし, スタンパー/マトリクス:CND 11B /CND 10 B2 (ストレート小文字スタンパー・Pathéタイプ), Culb National de Disques録音・モノラル製造を示すCND**で始まりレコード番号を含む専用マトリクス使用, マトリクスにカッティング担当を指すイニシャルはない, 補助マトリクス:ストレートMスタンパー・M6 172088/M6 174421, 再補助マトリクス:ストレート・パテキュラー・XPartX 29832/XPartX 31053, 3種併存のPathéプレス, 1950年頃のスタンパーを用いた1957年頃の製造分, 旧番号存在せず, 赤/白内溝レーベルの初回分, 1957年赤/白内溝レーベルで初リリース, これより古いレーベル存在せず, 最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在しないと思われる, カッティング担当の前任者:不明, ステレオ存在せず, RIAAカーヴではない, Culb National de Disques音源のCulb National de Disques制作Pathéプレス, 工場:Decca Record Co. Ltd., Pressing Plant, UK., オリジナル, original
ジャケット:折返表ツヤペラ,背文字:なし(初期の証拠),裏文字:なしあり(仏語タイトルと別レコードの紹介),ジャケ裏年号:なし,当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(記載ないが当ジャケットである),(P)(C)なし,写真撮影者:不明,原画/被写体:作者不明の人物絵画とタイポグラフィー,デザイン:Culb National de Disques Group,ライナーノーツ:筆者名の記載なし,製作:Culb National de Disques,印刷:不明・フランス製,自社企画録音分のオリジナル,original for self
トピックス:1957年又はそれ以前のパリでのモノラル録音, 録音詳細不明, 1957年Culb National de Disquesによりコピーライト登録・同年2月には当番号・当装丁にて初リリース, エッテル・シュスマンの希少な一枚, Culb National de Disquesのオリジナル音源, 他のレーベルからは発売されていない・再版もないと思われる, ソプラノLPとしては相当レベルが高くしかも希少な一枚, これは1957年の初年度発売分と思われる, 演奏:★★★★★++, 音質:★★★★+
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特に音に出るキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり, 無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: 1930年ポーランド生まれのソプラノ歌手Ettel Sussman。当社ではエッテル・シュスマンとしているがポーランド人の発音は正直不明である。英語だとサッスマンとなる。もしかするとスッスマンかもしれないので名称については100%でない前置き。録音は少なく経歴も全く不明だが一度でも聴いたことのある方なら忘れないだろう。これまでの入荷で最も多いのは10"のモーツァルト/シューマンの歌曲集。これが絶品であった。録音はフランスのClub National Du Disqueに3種。 L'Oiseau-Lyreに1種しか確認できていない。今回はその中でも入荷の少ない12"のフランス歌曲集。このLPには誤植がありドビュッシーの歌曲「もう家のない子のクリスマス」が表紙に記載されていないことがお客様の指摘により判明した。モーツァルトとは大きく異なる印象である。素朴さは同様だが幾分モーツァルトより年齢を重ねた印象を受けた。フランスでの生活が長いのだろう。フランス人と変わらない発音で或いはモーツァルトよりしっくりくるかもしれない。ピアノ伴奏で歌うフランス歌曲は難しいと思うが何より持って生まれた声質が最も重要。シュスマンはその点で天に与えられた才能が大きい。そこに磨きを掛ければこんな大人の雰囲気の表現ができるのだろう。同じような声を探しても見つかるまい。この世に一つだけの個性だから価値があるのである。滅多にないLPである。何かを感じた方は是非お早めに。

シュスマンの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る