[PHILIPS] H.シェリング(vn) C.ライナー(pf)/Treasures for the Violin・Vn小品曲集/バルトーク,ドビュッシー,ノヴァーチェク 他

Henryk Szeryng, Charles Reiner ‎– Die Virtuose Violine

通常価格:¥ 7,700 税込

¥ 7,700 税込

数量

商品コード: 1146-047n

作品名:Treasures for the Violin・Vn小品曲集/【A面】バルトーク:ルーマニア民俗舞曲,ドビュッシー:レントより遅く,ノヴァーチェク:常動曲,ブラームス(クライスラー編):ハンガリー舞曲第17番,マロキン:メキシコの子守歌,リムスキー=コルサコフ(ハイフェッツ編):熊蜂の飛行 【B面】ルクレール:Vnソナタ第3番,グルック:歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」~メロディ,ヴィターリ:シャコンヌ,ロカテッリ:『ヴァイオリンの技法』~カプリス「音楽の迷宮」
演奏者:H.シェリング(vn)C.ライナー(pf)
プレス国:オランダ,Holland
レーベル:PHILIPS
レコード番号:838 427 DXY
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:赤/銀3本線内溝,枠内にMade in Holland,グルーヴガード厚重量,Rights Society:BIEM,(P)なし,英語表記・蘭英語圏流通分,スタンパー/マトリクス:C AA 838 427 1Y1 670/C AA 838 427 2Y1 670(ラウンド小文字スタンパー・PHILIPSタイプ),AA***で始まりレコード番号と670を含むPHILIPS専用マトリクス使用,補助マトリクス:121/121,再補助マトリクス:なし,追加マトリクス:なし,1960年代のスタンパーによる1966年頃製造分,オランダでは1966年赤/白3本線土手なしレーベルのの当番号で初リリース,旧番号存在せず,アズキレーベル存在せず,これより古いレーベル存在せず,オランダでの最古レーベル・最厚プレスである,更に古いマトリクス存在せず(1Y1/2Y1が最古),オランダにモノラル存在せず(米・仏には存在する・MG 50367/120.559 MLL),RIAAカーヴである,Mercury音源のPHILIPS製作プレス,オランダでのオリジナル,original in NL.
ジャケット:表コート厚紙,背文字:あり(黒色・白背景),裏文字:あり(独/英語解説と独/英語タイトル),独/英語圏流通分,ジャケ裏年号:なし,(P)(C)なし,当社入荷履歴上で最古の年号/実在が確認された年号:不明(PHILIPSでは年号記載ないがオランダでは当ジャケットである),写真撮影者:不明,原画/被写体:撮影者不明のHenryk Szeryngのカラー写真とタイポグラフィー,デザイン:PHILIPS Group,ライナーノーツ:筆者名の記載なし,製作:Philips Phonografische Industrie N.V.,印刷:不明・オランダ製,旧番号存存せず,オランダでこれより古いタイプ存在せず,オランダでのオリジナル,original in NL.
トピックス:1963/1964年ニューヨークでのモノラル/ステレオ録音,1964年Mercury Records Ltd.によりコピーライト登録・同年Mercury:MG 50367/SR90367,欧州では1966年頃オランダPHILIPS:838 427 DXY(当装丁)にて初リリース,モノラルは未発売と思われる,フランスでは仏Mercury:120 559 MLL/130 559 MLYで初リリース,英国では英PHILIPS:SGL 5852/837 881 GYにて初リリース→ SFL14116(Fontana),音質はやはり米Mercuryより欧州盤が良い,シェリング/ライナーは他にもクライスラー曲集とRCAに別の小品集がある,これがオランダでの初出と思われる,演奏:★★★★+,音質:★★★★+
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure),特に音に出るキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり,1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: 1963-4年MERCURYでシェリング/C.ライナーの小品集が2枚続けて録音された。1枚はこのTreasures for the Violin。もう1枚はクライスラー小品集13曲。ピアノのチャールズ・ライナーは1924年ハンガリー生まれ、1951年カナダへ移住した。シェリングとは大変気が合ったようで何度も一緒にコンサートを行っている。強い録音だが欧州盤なら問題ない。シェリングの弦にはしっかりとツヤが乗っていて表情は端正。遊びの要素は少ないが丁寧で長年にわたって楽しめる名品と思う。欧州盤の音質はやはり良い。

シェリングの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る