[ETERNA] O.スウィトナー指揮ドレスデンsk. ライプツィヒ放送cho. S.ゲスティ(s) 他/ モーツァルト:魔笛(全曲)

Mozart ‎– Die Zauberflöte Otmar Suitner Staatskapelle Dresden

通常価格:20,000円 税抜

20,000円 税抜

商品コード: 1158-031n

作品名:モーツァルト:魔笛(全曲)/【第1面】Erster Aufzug Nr. 1–3-- 【第2面】--Erster Aufzug Nr. 4–7-- 【第3面】--Erster Aufzug Nr. 8 Finale-- 【第4面】--Zweiter Aufzug Nr. 9–15-- 【第5面】--Zweiter Aufzug Nr. 16–21 Finale (Anfang)-- 【第6面】--Zweiter Aufzug Nr. 21 Finale (Schluß)
演奏者:O.スウィトナー指揮ドレスデンsk. /ライプツィヒ放送cho. S.ゲスティ, H.ドーナス, H.L.クーゼ(s)G.シュレーター(ms)A.ブルマイスター, A.イリゲン(a)T.アダム, S.フォーゲル(bs)P.シュライアー(t)G.ライブ(br)
プレス国:旧東ドイツ, Germany East
レーベル:ETERNA
レコード番号:826 173-5
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×3, 箱入り3枚セット, 3 single records
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:黒/銀, ST33, グルーヴガード厚, 表記されたレコード番号:826 173/826 174/826 175, Rights Society:記載なし, (P)なし, スタンパー/マトリクス:826 173-1B/826 173-2B・826 174-3A/826 174-4A・826 175-5B/826 175-6B(ラウンド大文字/ラウンド小文字スタンパー・ETERNA旧/通常タイプ), ETERNA録音を示す8***で始まりレコード番号を含む専用マトリクス使用, 補助マトリクス:J75 GR NT/G1 GR NST・F1 WN ST/F1 WN ST・J1 WN/J1 WN, 再補助マトリクス:A1B/A2T・A3F/A3F・A5D/A1B, 再々補助マトリクス:あり(判別不明), 1975年9月/1971年7月・1971年6月/1971年6月・1971年9月/1971年9月製造のスタンパーによる1975年製造分(第1面のみ1975年他は全て1971年), 1971年当番号・黒/銀で初リリース, V字ステレオ存在せず, 825 1**という初期番号存在せず, ツヤレーベル存在せず, ED存在する場合もある, これより古いレーベル存在せず, 最古レーベルだが最厚プレスではない, 更に古いマトリクス存在する(全6面に1971年のスタンパー存在する), 更に古い再補助マトリクスは存在する, モノラル存在せず, RIAAカーヴである, ETERNA音源のETERNA制作プレス, オリジナルタイプ(初出ではない), original type
ジャケット:外周4面白クロス紙表ツヤ箱, 36ページのリブレット付, 表記されたジャケット番号:826 173-175, Price Code:36..30 M, 背文字:あり(黒色型押・白クロス紙背景), ジャケ裏文字:なし(白紙ブランク), (P)(C)なし, ジャケット裏年号:Ag 511/67/74(リブレット裏), 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:71(当ジャケットではない), 写真撮影者:Hansjoachim Mirschel, 原画/被写体:Carl Friedrich Schinkelのデザイン画「Die Zauberflöte」ベルリン美術館所蔵とChristoph Ehbetsによるタイポグラフィー, デザイン:Christoph Ehbets, ライナーノーツ:Günter Rimkus, 製作:VEB Deutsche Schallplatten Berlin.DDR, 印刷:Druckerei Märkische Volksstimme, Potsdam, オリジナルタイプ, original type
トピックス:1970年6月27-29日ドレスデン・ルカ教会スタジオ(Studio Lukaskirche, Dresden)にてステレオ録音, 録音技師:Claus Strüben, プロデューサー:Dieter-Gerhardt Worm, ライナー制作:Ingrid Hauk, 対話ディレクター:Hans Dieter Mäde, テキスト:Götz Friedrich, 学術的コンサルタント:Horst Neumann, 1971年VEB Deutsche Schallplatten Berlin.DDRによりコピーライト登録・同年黒/銀レーベルで初リリース, これは同じレーベルだが1975年/1971年のスタンパーによる1975年製造の盤が1974年製造のオリジナルタイプの箱に入る1975年発売分, 1971年発売分は当社でも2回程度しか入荷がない, O.スウィトナー指揮ドレスデンsk.による傑作録音で四大オペラ録音で最も人気が高い, 1979年頃黄色の箱で再版となる, 完全な初出だと5万円程度になる, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★+
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特に音に出るキズはないが古いプレスにつき多少のサーフェース音あり, 無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: スウィトナーの最高傑作がこの「魔笛」。ソプラノにS.ゲスティを迎え、全モーツァルトのオペラ中(彼の録音で)最も評価が高い。箱には2つのタイプがあり、ETERNAレーベルで'71年旧スタンパー厚手プレスが入るものと、'72以降のプレスでETERNA EDITIONレーベルが入るものがある。勿論、音質には差があるのは確か。運良く厚盤を入手できたならば、残すはDECCAなどの高額盤のみ考えれば良いのでは?スウィトナーの美学とETERNA音質の最高のコラボ!

スウィトナーの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る