[Les Discophiles Français] W.ボスコフスキー(vn) L.クラウス(pf) / モーツァルト:VnソナタK377, 59, 402, 376

Lili Kraus, Willi Boskovsky ‎– Les Sonates Pour Piano Et Violon De Mozart Vol.3

通常価格:¥ 16,500 税込

¥ 16,500 税込

数量

商品コード: 1159-021p

作品名:モーツァルト:Vnソナタ集-3/【第3面】Vnソナタ25番K.377, Vnソナタ ハ短調K.59 C 23.05(6つのロマンティックなソナタ5番・偽作) 【第4面】Vnソナタ29番K.402, Vnソナタ24番K.376
演奏者:W.ボスコフスキー(vn)L.クラウス(pf)
プレス国:フランス, France
レーベル:Les Discophiles Français
レコード番号:DF 185-6
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1, Wジャケット入り1枚, 1 single records→1枚目のDF 185が欠損
評価/レコード:7/6 : 1枚目が欠損しているので注意・DF 186の2枚目しかない, 軽度のオワンあり
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:赤輪青地図中太溝, 12時にMede in France, フラット重量, 表記されたレコード番号:DF 186, Rights Society:記載なし, (P)なし, スタンパー/マトリクス:DF-186-IV-2/DF-186-2V-2(手書き文字スタンパー・Pathéタイプ), DF録音を示すDF***で始まるレコード番号を含む専用マトリクス使用, 補助マトリクス:Mスタンパーはない・V-938/V-939, 再補助マトリクス:ストレート・パテキュラー(Patéculaire)はない, 手書きスタンパーの2種併存でPathéプレスではない, 1950年代スタンパーによる1958年頃の製造分, これより古いレーベル存在するか不明(内溝Pathéプレスが先と思われるが当番号に存在するか不明), 工場違いまたは使用機械の違いで数種のレーベルが存在するが内溝レーベル・フラット盤なら間違いなく初期分である, これより古いレーベル存在するか不明, 最古レーベル・最厚プレスであるか不明, さらに古いマトリクス存在するか不明, ステレオ存在せず, RIAAカーヴではない, Les Discophiles Français音源のLes Discophiles Français制作Pathéプレス, 工場:不明, オリジナルタイプ, original type
ジャケット:見開両面クロス紙W, 表記されたジャケット番号:DF 185-186, 背文字:あり(金色型押し・ベージュクロス紙背景), ジャケ裏文字:なし(ベージュクロス紙・ブランク), 内側に仏語解説と仏語タイトルあり, (P)(C)なし, ジャケ裏年号:なし, 当社入荷履歴上で最古の年号年号:不明(記載ないが当ジャケットである), 写真撮影者:不明, 原画/被写体:Les Discophiles Français初期の金色型押し文字によるサークル共通デザインとタイポグラフィー, デザイン:Les Discophiles Français Group., ライナーノーツ:Claude Rostand, 製作:Les Discophiles Français, 印刷:不明・フランス製, クロス紙の初期分と思われる, 見開以前のペラシングルタイプは存在せず, 単売は存在せず, オリジナル, original
トピックス:1955年12月16日/19-23日/26-27日パリ・サル・ディアールでのモノラル録音, 録音技師:アンドレ・シャルラン, プロデューサー:不明, 1956年Les Discophiles Françaisにてコピーライト登録・同年当装丁にて初リリース, これはパリ録音なのでA.シャルランの録音である, DF121-2/123-4/185-6/187/188の8枚(2枚組×3+2)で出された全27曲の中のVol.3である, 状態の良い盤は少ない, 盤質7を付けられるものは滅多にない, 年々入荷は難しくなる, モーツァルティアン永遠のアイテム, Les Discophiles Françaisでのモーツァルト生誕200周年記念企画の一つ, 今回1枚目のDF 185が紛失・欠損している為2枚目のDF 186だけの販売なので注意, K.59は偽作でH.F.ラウパッハ作と判明している・K.55-61は「6つのロマンティック・ソナタ」と呼ばれる--K.6版で決定された, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★+
キズ情報:水水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), B面12時に長いスレあり・大半の部分で音に出ないが部分的に極小レベルで連続する箇所あり・長くて3分程度, 古いプレスにつき多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: 1955年のパリ録音。DFのモーツァルト生誕200年記念として、一部A.シャルラン等の手によるモーツァルティアン憧れのアイテム。オリジナルで全品揃えるのはファンの最終目標だろう。'60年代にALPHAとDF5桁で再版されるが、音質差は大きい。純粋なウィーン色で染め上げた2人のデュオは、生涯にわたって人生の友として、喜怒哀楽を共にしうる至宝。北極星の如く永久に輝き続け、その価値を減じない、音楽を超えた存在と信じる。発売は1956年モーツァルト生誕200年記念の年である。大手レコード会社各社は一斉に企画を出し、競い合った。PhはジュビリーED、DGGは4つのカートンケース、Pathe社も「パリのモーツァルト」を出した。そして最も規模の小さいDF社の企画がこのシリーズ。これら各社のLPは、今もってモーツァルティアンの永遠のアイテムであり、完結させることが人生の一つの目的であると言っても過言ではない。さて、W.ボスコフスキーとL.クラウスという最強のコンビが組んだLP、史上最初のモーツァルトVnソナタ全集。DF121-2/123-4/185-6/187/188の8枚(2枚組×3+2)の内、フランス録音は、当時の新進気鋭の音響技師、アンドレ・シャルランの手によって録音された。ウィーン録音分はウィーン・スタジオの技師による録音。いかに世相が変わろうと、その価値が減じることの無い音楽の源泉であると確信する。Vnソナタを通して語り掛けるモーツァルトをきっと感じられると信じる。まずこのWジャケットから始めることをお薦めする。

ボスコフスキーの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る