[Mercury] P.パレー指揮デトロイトso. W.サバティーニ(hr) / メンデルスゾーン:真夏の夜の夢~4曲, 交響曲5番Op.107「宗教改革」

Mendelssohn, Paul Paray, Detroit Symphony Orchestra – A Midsummer Night's Dream Incidental Music / Symphony No. 5 "Reformation"

通常価格:¥ 5,500 税込

¥ 5,500 税込

数量

商品コード: 1161-054

作品名:【A面】メンデルスゾーン:組曲版「真夏の夜の夢」Op.61~序曲Op.21, ~スケルツォ, ~夜想曲, ~結婚行進曲 【B面】メンデルスゾーン:交響曲5番Op.107「宗教改革」
演奏者:P.パレー指揮デトロイトso. W.サバティーニ(hr)
プレス国:米国, U.S.A.
レーベル:Mercury
レコード番号:SR 90174
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:アズキ/銀中溝Vender, Living Presence, グルーヴガード厚手, 表記されたレコード番号:SR90174, Price Code:なし, Rights Society:Margin Control, (P)なし, スタンパー/マトリクス:SR-90174-A RFR-2/SR-90174-B RFR-1F(手書き文字スタンパー・MERCURYタイプ), Mercury音源ステレオ製造を示すSR***で始まりレコード番号含む専用スタンパー使用, 補助マトリクス:P17/P17(George Pirosのマスタリングを示す), 再補助マトリクス:なし, 1960年代のスタンパーによる1965年頃製造分, フラット盤は存在せず, Venderなしアズキ/銀中溝レーベルが存在する, これより古い米ステレオレーベルは存在する, 米国での最古レーベル・最厚プレスではない, 更に古いマトリクス存在する, モノラル存在する(MG50174), RIAAカーヴである, 米Mercury音源の米Mercury製作プレス, 工場:不明, ステレオ・再版, re issue for stereo
ジャケット:両面紙厚紙, Mercury Living Presence, 表記されたジャケット番号:SR90174, Price Code:なし, 背文字:あり(青色・白背景), ジャケ裏文字:あり(英語解説と英語タイトル), (P)(C)なし, ジャケ裏年号:なし, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないが当ジャケットではない), 写真撮影者:Chuck Abbott, 原画/被写体:カラー風景写真とタイポグラフィー, デザイン:Mercury Group, ライナーノーツ:Herbert Weinstock, 製作:Mercury Record Productions, Inc., , 印刷:不明・米国製, 表コート厚紙タイプ存在する, これより古いタイプ存在する, ステレオ・第2版, 2nd issue for stereo
トピックス:1958年3月21日米国デトロイト・Orchestra Hall, Detroit・でのモノラル/ステレオ録音, 録音技師:C. Robert (Bob) Fine, プロデューサー:Wilma Cozart, 編集/カッティングマスター:George Piros, 米国では1958年Mercury Record Productions, Inc.によりコピーライト登録・同年米Mercury:MG50174/ SR90174(アズキ/銀中溝レーベル・表コート厚紙ジャケット入り)にて初リリース, これは1960年代後期製造のVenderが付くレーベルで初年度分でないが音質は良くRIAAカーヴで聴きやすい・それが1960年代後期の両面紙厚紙ジャケットに入るケース, 初年度分から7-8年程度後になるが悪くない
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特に音に出るキズはないが古いプレスにつき多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: Mercuryレコードは、まさにアメリカ文化を代表するレコード会社。巨大な米Columbiaのステレオ期、Living Presenceシリーズで先鞭を付けて圧倒的な音質優位を勝ち取り、ドラティを主たる指揮者に、オーディオ・ファイル録音を世に送り出した。その音質は、欧州系のオーディオ・ファイルとはまったく性質を異にするもので、これをアメリカの音と言ってよいと思う。パレーの面目躍如たる超オーディオファイル!スピード感のあるオケが凄い!これは米国レーベルにしかできなかった米国的な一つの芸術である。組曲版の「真夏の夜の夢」は通常5曲で演奏されることが多い。内訳は序曲Op.21--スケルツォ--間奏曲--夜想曲--結婚行進曲。パレーは間奏曲を省いた4曲構成としている。元々12曲からなる劇付随音楽として作曲された曲でメンデルスゾーン自体が組曲版を編曲したわけではない。LPに収める為に数曲抜粋して慣例とされたに過ぎないわけで、これはパレー版の組曲と言える。オペラやバレエ曲、付随音楽などから組曲版が演奏されることが多いが、成立過程や決まりは曲ごとに異なり、「真夏の夜の夢」に関しては通常上記の5曲構成が多いというに過ぎない。また作曲者自ら組曲版を作った場合でもLP録音ではその通り演奏されないことは多いのである。パレーのこの録音はMERCURYというレーベルの特徴が最大限に出ている。手兵デトロイトso.を振っているから想像の通り振幅の幅が大きな派手な演奏である。米国人好みとなっている。しかしこの演奏では他の録音ほど極端でないのが良い。米国盤で聴いてもすんなり入る音でやかまし過ぎる程ではない。装置を元気よく鳴らした時には丁度良く十分に楽しめる節度ある演奏・録音になっている。

パレーの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る