[Mercury] A.ドラティ指揮ミネアポリスso. / アルベニス(アルボス編):組曲「イベリア」, ファリャ:はかなき人生~間奏曲とスペイン舞曲

Albéniz - Arbós / Falla, Antal Dorati, Minneapolis Symphony Orchestra ‎– Iberia / Interlude And Dance No.1 La Vida Breve

通常価格:¥ 19,800 税込

¥ 19,800 税込

数量

商品コード: 1161-056p

作品名:【A面】アルベニス(アルボスによるオーケストラ編曲版):組曲「イベリア」~エヴォカシオン--セビリアの聖体祭--トゥリアーナ-- 【B面】--港--エル・アルバイシン, ファリャ:歌劇「はかなき人生」~間奏曲とスペイン舞曲
演奏者:A.ドラティ指揮ミネアポリスso.
プレス国:フランス, France
レーベル:Mercury
レコード番号:190 007
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:黒/銀中溝, フラット重量, 表記されたレコード番号:N°190007(SR 90007), Price Code:BIEM, Rights Society:BIEM, (P)なし, スタンパー/マトリクス:SR 90007-A FR 1/SR 90007-B FR 6 CP13(ラウンド小文字スタンパー・米MERCURYタイプ), Mercury音源フランス・ステレオ製造を示すSR ***で始まり米国のレコード番号含む米国型フランス専用スタンパー使用, 補助マトリクス:A5/C1, 再補助マトリクス:I/I(米国ではRCA Victor Indianapolis工場での製造を示す), CP13はGeorge Pirosによるカッティングマスターを示す, 米国マトリクスと同じタイプが3種併存の仏Barclayプレス, 1950年代のスタンパーによる1958年頃製造分, フラット盤の最初期分, これより古い仏ステレオレーベルは存在せず, フランスでのステレオ最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在するか不明, モノラル存在する(番号不明), RIAAカーヴではない, 米Mercury音源の仏Mercury製作Barclayプレス, 工場:不明, 製造:Barclay Disques, フランスでのステレオ・オリジナル, original for stereo in Fr.
ジャケット:折返表コートペラ, Production Barclay Disques, 表記されたジャケット番号:190.007, Price Code:なし, 背文字:あり(黒色・白背景・上下絞り), ジャケ裏文字:あり(仏語解説と仏語タイトル), (P)(C)なし, ジャケ裏年号:なし, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないがフランスでは当ジャケットである), 写真撮影者:不明, 原画/被写体:カラー風景写真とタイポグラフィー, デザイン:Barclay Group, ライナーノーツ:Evelyne Clement, 製作:Production Barclay Disques , 印刷:Imprimerie F.G.Richir .Paris-Le Perreux, フランスでこれより古いタイプ存在せず, フランスでのステレオ・オリジナル, original for stereo in Fr.
トピックス:1957年4月21日ミネアポリス・Northrop Memorial Auditorium, Minneapolis・でのモノラル/ステレオ録音, 録音技師:C. Robert (Bob) Fine, プロデューサー:Wilma Cozart, 録音監督:Harold Lawrence(米国盤のライナーノーツ兼任), 編集/カッティングマスター:George Piros, 米国では1958年Mercury Record Productions, Inc.によりコピーライト登録・同年MERCURY:MG 50146/SR 90007にて初リリース, フランスでは1958年仏MERCURYからモノラル:番号不明/ステレオ:190 007(当装丁)にて初リリース, フランス盤はPathéプレスではないがBarclay Disquesの製造で音質は同等に良い, このプレスでは米国MERCURYのマトリクスをそのまま使用しているので音質は近い, 仏MERCURYでも黒/銀中溝レーベルは特に音質が良い, オーディオファイルLP, 演奏:★★★★+, 音質:★★★★★
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特に音に出るキズはないが古いプレスにつき多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)--A面12時に無音スレあり

商品詳細: 米MERCURYではSR 90007という初期番号のステレオ・フランスプレス。対応する仏プレスも古く、黒に中溝の付いたレーベル。三方開ジャケに入ったPHILIPSプレスとはまったく異なる。米盤に近いようなパンチのある音がグングンと押し出されパワーは全開。米スタンパーをそのまま使用している。スペイン的であるとか、表現がどうとかいう次元は二の次で、圧倒的なステレオの音質にフランス盤といえども流石のMercury録音である。少なくとも米SRよりずっと甘口と思うが、何とも凄い音。まあ仏プレスで良かったと思って欲しい。

ドラティの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る