[VOX] S.ラウテンバッハー(vn) M.ガリング(cemb) / バッハ:Vnソナタ(全6曲)

Bach, Susanne Lautenbacher, Martin Galling – Sonatas For Violin And Harpsichord BWV1014-1019

通常価格:¥ 27,500 税込

¥ 27,500 税込

商品コード: 1161-010

作品名:バッハ:VnとCembのためのソナタ集(全6曲)/【第1面】ソナタ第5番 ヘ短調 B.1018, ソナタ第2番 イ長調B.1015~Dolce--Allegro-- 【第2面】--Andante Un Poco-- Presto, 第4番 ハ短調B.1017 【第3面】ソナタ第3番 ホ長調B.1016, ソナタ第1番 ロ短調 B.1014~Adagio-- Allegro-- 【第4面】--Andante--Allegro, ソナタ第6番 ト長調B.1019
演奏者:S.ラウテンバッハー(vn)M.ガリング(cemb)
プレス国:米国, U.S.A.
レーベル:VOX
レコード番号:SVUX 52027
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×2, 箱入り2枚組, 2 single records set
評価/レコード:7 : ルディ・ヴァン・ゲルダー(RVG)の刻印あり, 第3面にシール貼りあり, 1面に印刷色落ちあり
評価/ジャケット:B : 図書館スタンプあり
レーベルタイプ:紫/銀スピーカー中浅溝, 6時にMade in U.S.A., グルーヴガード厚, 表記されたレコード番号:SVUX 52027, Rights Society:記載なし, (P)なし, スタンパー/マトリクス:S-811-1 /S-812・S-813/S-814-1(手書き文字スタンパー・米VOXタイプ), 米VOX録音ステレオ製造を示すC***で始まりレコード番号を含まない専用マトリクス使用, 補助マトリクス:RVG/RVG・RVG/ARC3-10-66 Pete Helffrich, 再補助マトリクス:なし, 4面とも手書き本体とRVG補助マトリクスの2種併存のプレス(第4面のみRVGではなくPete Helffrichの刻印), 1960年代スタンパーによる1964年頃の製造分, これより古いステレオ・レーベル存在せず, 更に古いマトリクス存在するか不明, モノラル存在する(VUX 2027), RIAAカーヴである, ステレオ最古レーベル・最厚プレスである, 米VOX音源の米VOX制作・プレス不明, ステレオのオリジナル, original for stereo
ジャケット:外周5面黒クロス紙表エンボス紙箱, リブレット付き, 表記されたジャケット番号:SVUX 52027, Price Code: なし, 背文字:あり(金色型押・黒クロス紙背景), ジャケ裏文字:なし(黒クロス紙ブランク・VOXのロゴ印刷・リブレットは元々存在する), (P)(C)なし, ジャケット裏年号:なし, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(記載ないが当ジャケットであると思われる), 写真撮影者:不明, 原画/被写体:作者不明による古典絵画とタイポグラフィー, デザイン:VOX Group, ライナーノーツ:Joseph Braunstein, 製作:Vox Productions, Inc.;, 印刷:不明・米国製, 旧番号存在せず, これより古いステレオタイプ存在せず, ステレオのオリジナル, original for stereo
トピックス:1960年9月ドイツ・シュトットガルト?でのモノラル/ステレオ録音, 録音技師:不明, プロデューサー:Christopher Todd Landor, 編集/カッティングマスター:ルディ・ヴァン・ゲルダー(第4面のみPete Helffrich), 米国では1964年頃VUX 2027/SVUX 52027(当装丁)にて初リリース, 欧州では2/3番のみOPERA:3243で10"でモノラルがリリースされている, 全曲版は米国のみのリリースと思われる, 全曲版は当社初入荷の希少タイトル, 内容は第一級!, ルディ・ヴァン・ゲルダーによるカッティングで非常に音質良いオーディオファイルLP, これはステレオ・オリジナル, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★★
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特に音に出るキズはないが古いプレスにつき多少のサーフェース音あり, 無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: 1960年9月の録音。録音場所はおそらくドイツ・シュトットガルトではないかと思われる。ドイツOPERAから2/3番のみ発売の10"は日本コロムビアがCD化してくれたお蔭で1960年9月と判明している。他の曲も同じ時期だろう。スザーネ・ラウテンバッハー(1932-)ドイツ・アウクスブルク生まれの女流Vn奏者。ヘンリク・シェリングの薫陶を受けた。ミュンヘン国際音楽コンクールのヴァイオリン部門に入賞する。1965年にシュトゥットガルト音楽院の教授に任命されて以降、長年にわたってヴァイオリンの指導を行なっている。VOXに多くの録音を残した。バロック作品を得意とする。チェンバロ奏者のマルティン・ガリングとデュオを組んでバロック系ソナタ集の録音を行ってきた。中でもこのバッハVnソナタ全集はラウテンバッハーの美点を示す録音だろう。あまり歌わず、ヴィヴラートも最小限にしか使わない。自分を出さず、楽譜に忠実なスタイルだが音楽的な演奏。厳しさが前面に出るが聴き進むうちに演奏者が消えて音楽が主役となる演奏である。ドイツ的という言葉もぴったりくるスタイル。バルヒェットと似た方向性だがどこかに女性らしい優しさが隠れている。バッハのソナタを聴くには理想とも言えるやり方だと思える。脚色がないので飽きることがない。米国盤でしか全集がないのは残念だがルディ・ヴァン・ゲルダーによるカッティングマスターを使い、非常に鮮度の高い音質である。当社でも殆ど入荷がない希少タイトル!

ラウテンバッハーの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る