[His Master's Voice ‎] Y.メニューイン(vn) / バッハ:無伴奏Vnソナタ/パルティータ(全6曲)

Bach, Yehudi Menuhin - Sonata 1 Fur Violine Allein Complete

通常価格:¥ 19,800 税込

¥ 19,800 税込

数量

商品コード: 1165-015p

作品名:バッハ:無伴奏Vnのためのソナタとパルティータ(全6曲)/【第1面】ソナタ第1番ト短調 B.1001 【第2面】パルティータ第1番ロ短調 B.1002 【第3面】ソナタ第2番イ短調 B.1003 【第4面】パルティータ第2番ニ短調 B.1004 【第5面】ソナタ第3番ハ長調 B.1005 【第6面】パルティータ第3番ホ長調 B.1006
演奏者:Y.メニューイン(vn)
プレス国:英国, United Kingdom
レーベル:His Master's Voice ‎
レコード番号:ALP 1512~
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×3, バラ3枚セット, 3 single records
評価/レコード:7
評価/ジャケット:AB : 3枚目のみ修理跡ありでB
レーベルタイプ:金大ニッパー段付×3, グルーヴガード厚, 6時にMade in Gt.Britain, 表記されたレコード番号:ALP. 1512/ALP. 1531/ALP. 1532, TAX Code:なし, Rights Society:記載なし, (P)なし, Price Code:なし, スタンパー/マトリクス:2XEA 1077-3N/2XEA 1189-1N・2XEA 1090-1N/2XEA 1091-1N・2XEA 1092-1N/2XEA 1078-3N(ラウンド小文字スタンパー・英国EMIタイプ), 英国EMI系の英国録音モノラル製造を示す2XEA***で始まりレコード番号を含まない専用マトリクス使用, 補助マトリクス(3時):G/G・A/R・G/M, 再補助マトリクス(9時):1/1・12/1・1/13, 1960年代のスタンパーによる1958年頃製造分, カッティング担当は不明, 金大ニッパーレーベルの初期分, 金大ニッパー中溝フラット盤存在せず, 英国でこれより古いレーベル存在せず, 最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在するか不明, ステレオ存在せず, RIAAカーヴである, His Master's Voice音源のHis Master's Voice制作プレス, 工場:不明, オリジナル, original
ジャケット:ラウンド折返両面/表コートペラ"aka scalloped" (ホタテ貝の意味)×3, 表記されたジャケット番号:ALP 1512/ALP 1531/ALP 1532, Price Code:なし, 背文字:あり(黒色・クリーム背景・上下絞り), ジャケ裏文字:あり(英語解説と英語タイトル), 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないが当ジャケットである), (P)(C)なし, 写真撮影者:不明, 原画/被写体:Yehudi Menuhinの単色モノクロ写真とタイポグラフィー, デザイン:His Master's Voice Group, ライナーノーツ: Felix Aprahamian, 製作:Electric & Musical Industries Ltd., 印刷:Garrod & Lofthouse Ltd., ペラジャケット存在せず, これより古いタイプ存在せず, オリジナル, original
トピックス:1956年9月/1957年5月ロンドン・アビーロード・スタジオでのモノラル録音, 録音詳細不明, 英国では1957/8年にHis Master's Voice:ALP 1512/1531/1532にてバラ3枚(金大ニッパー段付レーベル)にて初リリース, フランスでは1961年頃La Voix De Son Maître:FALP 450-2にて初リリース, これは2回目全集録音, 初回全集録音は1934~1936年SP録音と1929-38年に数曲の単独SP録音がある, LP時代では1973-75年にEMIに3回目の全集録音がある, B.1005/1006のみ1960年代にハンガリー録音がある, 近年バラ3枚をセット化することは困難になってきた, Y.メニューイン(vn)の中でも良い録音と評価は高い, これが3枚とも完全な英国オリジナルである, 3枚ともオリジナルで揃うことは極めて稀!, 演奏:★★★★, 音質:★★★★+
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特に音に出るキズはないが古いプレスにつき多少のサーフェース音あり, 無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: メニューインは無伴奏を計3回録音。初回はSPで1934~6年、2回目が当モノラル録音1956~7年。3回目は1973~5年。1916年ニューヨーク生まれの神童は18歳でSP録音。エネスク級の音を出していたSP録音には比べる余地もないが、LPで聴くには丁度良い時代。ヴァイオリニストとしての力量が問われる無伴奏、40歳の彼の脂の乗った時期でもある。いわゆる聴かせる演奏ではない、地味である。しみじみと語り、イマジネーションが膨らむ無伴奏。じわじわ沁み込む。

メニューインの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る