[SAGA] E.ジョイス(pf) / Pf曲集/ベートーヴェン:エリーゼのために, ドビュッシー:月の光, 沈める寺, グラナドス, シューマン, フォーレ, リスト, ドホナーニ(全11曲)

Eileen Joyce ‎– Eileen Joyce Plays Best Loved Piano Gems

通常価格:¥ 2,750 税込

¥ 2,750 税込      

数量


商品コード: 1168-007p

作品名:シューマン:3つのロマンス第2番Op.28-2, リスト:献呈 S.566, 3つの演奏会用練習曲S.144~第3曲「ため息」, 2つの演奏会用練習曲 S.145~第2曲「小人の踊り」, ベートーヴェン:エリーゼのために, ドホナーニ:4つの狂詩曲Op.11~第1番, ドビュッシー:月の光, 沈める寺, フォーレ:即興曲第2番Op.31, グラナドス:ゴイェスカス~嘆き、またはマハと夜鳴きうぐいす
演奏者:E.ジョイス(pf)
プレス国:英国, United Kingdom
レーベル:SAGA
レコード番号:XID 5007
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
キズ情報:A面9時小1+微かに2+極小8+3回出る小スレあり
レーベルタイプ:紺/銀, グルーヴガード厚(端処理ナイフエッジ), 12時方向にMade in England, 表記されたレコード番号:XID 5007, 表記されたレコード番号:XID 5007, Rights Society:BIEM/MCPS, (P)1961(Recording first published), Tax Code:なし, スタンパー/マトリクス:XID 5007 A1/XID 5007 B1(手書き文字スタンパー・SAGAタイプ), SAGAモノラル製造を示すXID***で始まりレコード番号を含む専用スタンパー使用, 補助マトリクス:なし, 再補助マトリクス:なし, 1960年代のスタンパーによる1964年頃製造分, フラット盤は存在せず, SAGAのロゴ下にLONG PLAYNG RECORDの文字が入る初期タイプ(灰青/銀レーベル)が存在する, 1961年上記レーベルで初リリ―ス(ジョイスの写真ジャケ入り), これより古いレーベル存在する, 英国での最古レーベル・最厚プレスではない, 更に古いマトリクス存在する(A/Bあり), ステレオ存在する(STXID 5007)が疑似ステレオである, RIAAカーヴである, SP音源のSAGA制作プレス, 再版, re issue
ジャケット:折返表コートペラ, 表記されたジャケット番号:XID 5007, Price Code:なし, 背文字:あり(黒色・クリーム背景・上下絞り), ジャケ裏文字:あり(英語解説と英語タイトル), (P)なし(C)1964, ジャケット裏年号:なし, 当社入荷履歴上で最古裏年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないが当ジャケットではない・旧デザイン存在する), 写真撮影者:不明, 原画/被写体:作者不明の人物画(題名・所蔵不明)とタイポグラフィー, デザイン:SAGA Group, ライナーノーツ:Fredrick Youens, 製作:Marcel Rodd's Allied Records Ltd.., 印刷:記載なし・英国製, ジョイスの写真ジャケ存在する, 少女の顔のデザインはセカンドになる, これより古いタイプ存在する, 第2版, 2nd issue
トピックス:1961年Saga Records Ltd.によりSPから復刻されたLPで1960年のジョイスの引退記念LPとしてリリースされた, 通常みられる少女の顔のデザイン(当盤)のジャケットは初出ではなく1964年のリリースである, 1961年ピアノに向かうジョイスの写真ジャケにSAGAのロゴ下にLONG PLAYNG RECORDの文字が入る灰青/銀レーベルにて初リリース, 初年度分で非常に希少, 市場にある大半は番号が同じだが少女の顔のデザインでレーベルもSAGAの下にLONG PLAYNG RECORDの文字が入らないもので最初のレーベルではない, ステレオ盤(黒レーベル)は疑似ステレオなので注意!これは1964年製造の通常厚タイプだが十分音質は良い, 1961年分は25年間で2度しか入荷ない

商品詳細:20世紀の偉大なピアニストとしてアイリーン・ジョイス(1912-1991)の名は永遠。1912年、オーストラリア生まれ、家が貧しかった彼女は、単身14歳でロンドンへ。浮浪児さながら、皿洗いをしながら生計を立てた。18歳の時、自費で録音を決意。それが、ロンドン中の話題になったという。美貌にも恵まれていた彼女は、1945年制作映画「逢いびき」の中で、ラフマニノフのPf協奏曲2番を弾いている。多数のSP録音がある彼女だが、これは1960年引退記念のSP復刻と思われる。セピア色の懐かしいピアノ。これは引退を記念したLPでそれまでのSP音源を復刻したものと思われる。尚、1960年に引退を表明したものの、その後もコンサートなどで活動を続けた。

ジョイスの在庫一覧へ









・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)