[DGG] F.フリッチャイ指揮ベルリンpo.  I.ゼーフリート(s) M.フォレスター(a) E.ヘフリガー(t) D.フィッシャー・ディースカウ(br) / ベートーヴェン:交響曲9番「合唱」, 序曲/エグモント, レオノーレ3番

Beethoven - Dirigent: Ferenc Fricsay / Berliner Philharmoniker ‎– IX. Sinfonie - Egmont-Ouverture - Leonore III

通常価格:¥ 16,500 税込

¥ 16,500 税込

数量

商品コード: 1168-045

作品名:【第1面】ベートーヴェン:交響曲9番Op.125「合唱」~Allegro Ma Non Troppo, Un Poco Maestoso--Molto Vivace-- 【第2面】-- Adagio Molto E Cantabile-- 【第3面】--Presto 【第4面】ベートーヴェン:エグモント序曲Op.84, レオノーレ序曲3番Op.72b
演奏者:F.フリッチャイ指揮ベルリンpo./聖ヘトヴィヒ大聖堂聖歌隊. I.ゼーフリート(s)M.フォレスター(a)E.ヘフリガー(t)D.フィッシャー・ディースカウ(br)
プレス国:ドイツ, Germany
レーベル:DGG
レコード番号:138 002-3 SLPM
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×2, 箱入り2枚組, 2 single records
評価/レコード:8/6 : 難あるが極軽度
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:チューリップALLE内溝, Made in Germanyの刻印, フラット重量, 表記されたレコード番号:SLPM 138 002/SLPM 138 003 , Price Code:なし, Rights Society:DP, (P)なし, スタンパー/マトリクス:LAB 0548⁵ 138 002⁵ AⅢ/LAB 0549³ 138 002³ B・LAB 0550³ 138 003³ AⅢ/LAB 0630³ 138 003³ B(ラウンド中文字スタンパー・DGG旧タイプ), 1960年代DGGステレオを示す138***で始まるものと別番号で始まる2種が縦2列にある専用マトリクス使用, 補助マトリクス(Time Code):L8 BX/K8 AN/K8 AU/F9 AT, 再補助マトリクス:なし, カッティング担当:不明, ラウンドで幅広レコード番号マトリクスなし, 1958年11月/1958年10月・1958年10月/1959年6月製造のスタンパーによる1959年頃製造分, 1958年チューリップALLEレーベルで初リリース, 旧番号存在せず, チューリップALLEレーベル・フラット盤の初期タイプ, これより古いレーベル存在せず, 4面とも1958年製造のマトリクス存在する, 最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在する, モノラル存在する(18512-3 LPM), RIAAカーヴである, DGG音源のDGG製作プレス, 製造Hannover旧工場(Deutsche Grammophon Gesellschaft Pressing Plant Hannover・Werk I), オリジナルタイプ, original Type
ジャケット:外周5面赤キャンバス箱, 17ページのリブレット付, 表記されたジャケット番号:SLPM 138 002/3 STEREO, Price Code:なし, 背文字:あり(金色型押・赤キャンバス背景), ジャケ裏文字:なし(ベージュ厚紙ブランク), 英/独/仏語解説と英/独/仏語タイトルのリブレット付, (P)(C)なし, ジャケット裏年号:4/60(リブレット裏), 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:11/58(当ジャケットではないが同一デザイン), 写真撮影者:不明, 原画/被写体:作者不明のタイポグラフィー, デザイン:DGG Group, ライナーノーツ:Kraus Wagner, 製作:Deutsche Grammophon Gesellschaft, 印刷:不明・ドイツ製, オリジナル(ジャケ裏11/58があるが全く同じ), コンパチシールが付く場合もあるが土台が粗目の為取れてしまっていることが殆ど, 解説付き旧タイプ内袋入り(1958年分は糸縫いベロ付きに入る), オリジナル, original
トピックス:交響曲9番:1957年12月28日と1958年1月2日・4月/序曲2曲: 1958年9月29-30日西ベルリン・ダーレム・イェズス・クリストゥス教会RIASスタジオにてモノラル/ステレオ録音, 録音詳細不明, 1958年Deutsche Grammophon Gesellschaftによりコピーライト登録・同年11月・モノラル:18512-3 LPM/ステレオ:138 002-3 SLPM(当装丁・リブレット裏11/58)にて初リリース, 入荷の大半がリブレット裏61年以降である(4/60はかなり早い)・11/58は25年間で1度しかない, これは1958年11月/1958年10月・1958年10月/1959年6月製造のスタンパーによる1959年頃製造の盤が1960年4月製造の箱に入るケースでオリジナル・タイプである(初年度ではない), フラット盤はリブレット裏60までしかないと思われる・かなり希少, やや難あるがフラット盤は希少!
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 第2面2時に微かに~極小19+小16回出る小スレあり, 9時に無音スレあり, 古いプレスにつき多少のサーフェース音あり, 無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: 赤い布張の箱。第九は数あるが、これも極めて高水準で、大陸的な雄大な演奏。テンポもゆっくりだ。歌手陣も一流どころが揃う。音質もDGGらしく、音楽性の高さを失わない節度のあるステレオ音。この布張箱自体だけでも存在感を主張している。2枚ともフラット盤が初出だが殆ど見ない。1枚がフラットでも、もう1枚はGGというケースも多い。一連のベートーヴェンの中でもステレオ最初期の録音。音質だけでなく、極めて完成度も高い第九!

フリッチャイの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る