[ADES] J.フェヴリエ, G.タッキーノ(pf) / ラヴェル:Pf曲全集(2Pf, 連弾含む)

Ravel / Jacques Février – L'Œuvre Intégral Pour Piano par Jacques Février

通常価格:¥ 27,500 税込

¥ 27,500 税込

数量

商品コード: 1168-056

作品名:ラヴェル:Pf曲集(2Pf, 連弾含む)/【第1面】鏡~第1曲「蛾」--第2曲「悲しい鳥たち」--第3曲「海原の小舟」-- 【第2面】--第4曲 「道化師の朝の歌」--第5曲「鐘の谷」, ハイドンの名によるメヌエット, ボロディン風に, シャブリエ風に 【第3面】夜のガスパール 【第4面】ソナチネ(全3曲), 亡き王女のためのパヴァーヌ 【第5面】クープランの墓(全6曲) 【第6面】高雅で感傷的なワルツ(全8曲) 【第7面】古風なメヌエット, 前奏曲 イ短調, 水の戯れ, 口絵(4手作品) 【第8面】耳で聴く風景(2台Pfと4手作品), 組曲「マ・メール・ロワ」(全5曲・4手作品)
演奏者:J.フェヴリエ, G.タッキーノ(pf)
プレス国:フランス, France
レーベル:ADES
レコード番号:7041-4
M/S:ステレオ, stereo (Gravure Universelle)
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×4, 箱入り4枚組, 4 single records
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:白金丸土手, Made in Franceの刻印はない, Gravure Universelle Mono Stéréo, グルーヴガード厚, 表記されたレコード番号:7.041/7.042/7.043/7.044 , Price Code:なし, Rights Society:SACEM, (P)なし, スタンパー/マトリクス:ADES 7041 LPL 3019 1Y 380/ADES 7041 LPL 3019 2Y 380・ADES 7042 LPL 3020 1Y 380/ADES 7042 LPL 3020 2Y 380・ADES 7043 LPL 3021 1Y 380/ADES 7043 LPL 3021 2Y 380・ADES 7044 LPL 3022 1Y 380/ADES 7044 LPL 3022 2Y 380(ラウンド小文字スタンパー・仏ERATO/PHILIPSタイプ), ADESステレオ製造を示すADES***で始まりレコード番号を含む専用マトリクス使用, 補助マトリクス:A/A2・A1/A1・A1/A1・A/A2, 再補助マトリクス:なし, カッティング担当:不明, 1970年代製造のスタンパーによる1971年頃製造分, 1971年白金丸土手レーベルで初リリース(当盤), 旧番号存在せず, これより古いレーベル存在せず, フラット盤存在せず, 最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在せず, モノラル存在せず, RIAAカーヴである, ADES音源のADES製作ERATO/PHILIPSプレス, 製造:Société Phonographique Philips, オリジナル, original
ジャケット:外周5面黒クロス紙表コート箱, 更に金色両面コート・シングルジャケット付き, 表記されたジャケット番号:7041/44, Price Code:なし, 背文字:あり(金色型押・黒クロス紙背景), ジャケ裏文字:なし(黒クロス紙ブランク)シングルジャケット裏に仏語解説と仏語タイトルあり(4枚とも・元々リブレットは付属せず), (P)(C)なし, ジャケ裏年号:なし, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないが当ジャケットである), 写真撮影者:不明, 原画/被写体:Jacques FévrierとMaurice Ravelのカラー写真とタイポグラフィー, デザイン:ADES Group, ライナーノーツ:Jacques Pradère, 製作:Disques Adès , 印刷:Imprimerie Glory-Carpel. Clichy., これより古いタイプ存在せず, オリジナル, original
トピックス:1971年頃パリでのステレオ録音, 録音詳細不明, 1971年Disques Adèsによりコピーライト登録・同年7041-4(当装丁)にて初リリース, 土手なしレーベルは再版となる, 決して入荷は多くないセット, この録音は1972年詳細は不明だがグランプリ・ディスク賞を受賞している, 市場にある大半は土手なしの1970年代中期~後期プレスの再版である, 土手レーベルオリジナルは当社でも初入荷!100%全曲ではないが1971年リリースとしては全集に近い曲数がある, 演奏:★★★★+, 音質:★★★★★
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特に音に出るキズはないが古いプレスにつき多少のサーフェース音あり, 無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)

商品詳細: J.フェヴリエによるラヴェル:Pf曲集。近代フランスを代表するピアニストの一人、ジャック・フェブリエ。同年代に活躍したピアニストというとペルルミュテール、J.ドワイヤン、カサドシュなどを思い出されるだろうが、当盤で聴く事の出来るラヴェルもそのどれにも負けず劣らずの名演と言えるだろう。多くの近代フランス音楽を録音したフェヴリエだが、このラヴェルの(ほぼ)全曲録音こそ彼の魅力を最も聴く事が出来る録音だと言えるだろう。フェヴリエの父、アンリ・フェヴリエはパリ音楽院の作曲クラスでラヴェルと同級だったこともあり、ジャック・フェヴリエはラヴェル本人から教えを受けている。表紙の写真は合成と思われるが実際にこんな場面があったかもしれない。ラヴェル作・左手のためのピアノ協奏曲の初演はジャック・フェヴリエが行っている。フェヴリエにとってラヴェルは叔父さんのような存在だったと思われる。ピアノ協奏曲の録音は仏COLUMBIAにモノラル時代に行っていたが独奏曲の録音は殆ど無かった。フェヴリエは1952年にパリ音楽院の教授に就任し、演奏活動とともに後進の育成にもあたり、かのサンソン・フランソワやプルーデルマッハーなど輩出した。フランソワの先生にあたる人物なのだ。しかしフランソワが先にラヴェルのピアノ独奏全集を録音している。レコード会社が決める事なので致し方ない。フェヴリエは大手の仏COLUMBIAでは永久に自身に機会は回ってこないと判断したのだろう。マイナーレーベルであるADESから1971年に4枚組でピアノ独奏集を出すことに成功した。1900年生まれの彼は既に齢70を超えていて最期のチャンスだったと思われる。こうして弟子に先を越されたものの、直接の師であり、親戚のようなモーリス・ラヴェルの遺産を形に出来たことは幸福だっただろう。高齢だったこともあり、技術的に100%ではない部分もあるが、あたかもラヴェル本人が晩年に弾いたような雰囲気が出ている。四手作品では弟子であるガブリエル・タッキーノを選んでおり、完全ではないがほぼピアノ独奏全集としている。1979年9月2日没。

フェヴリエの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る