[COLUMBIA] ハンガリーQt. / ベートーヴェン:SQ全集(全16曲)

Le Quatuor Hongrois / Beethoven – Les Quatuors - Enregistrement Intégral Volume I-Ⅲ

通常価格:¥ 110,000 税込

¥ 110,000 税込

数量


商品コード: 1174-051

作品名:ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集1~16番Op.18-1/6, Op.59-1/3, Op.74, Op.95, Op.127, Op.130-132, 大フーガOp.133(全17曲)
演奏者:ハンガリーQt.
プレス国:フランス, France
レーベル:COLUMBIA
レコード番号:FCX 240-9
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×10, 全3巻のバラ10枚セット, 10 single record
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:紺/銀音符内溝×10, 6時にMade in France, フラット重量, 表記されたレコード番号:33 FCX 240-249 , Rights Society:DP, (P)なし, Price Code:Ⓐ, スタンパー/マトリクス:XLX 204 21B CB/XLX 205 21---以降省略 (ストレート小文字スタンパー・英国EMI/Pathéタイプ), 英国EMIグループCOLUMBIA系フランス録音のモノラル製造を示すXLX***で始まりレコード番号を含まないフランス型フランス専用マトリクス使用, 補助マトリクス:ストレートMスタンパー・M6 155380/M6 153954---以降省略, 再補助マトリクス:パテキュラー(Patéculaire)はない, EMI系フランス型ストレート本体とストレートM6スタンパーと2種併存のPathéプレス, 1950年代のスタンパーを用いた1955年頃の製造分, 旧番号は存在せず, 紺/銀音符内溝フラット盤の最初期分, これより古いレーベル存在せず, フランスでの最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在するか不明(21/21があるか不明), ステレオ存在せず, RIAAカーヴではない, 英国COLUMBIAグループ音源の仏COLUMBIA製作Pathéプレス, 工場: Pathé Marconi EMI, Chatou., セット仕様の完全初出に限りなく近いフランスでのオリジナル, original in Fr.
ジャケット:折返両面紙ペラのシングルジャケットが3+3+4枚づつ台座付き外周4面濃緑クロス紙表裏黄色紙箱×3に分配収納, 箱にはそれぞれのポケット楽譜×10が添付されている初年度分豪華仕様タイプ, 表記されたジャケット番号:FCX 240-9, Price Code:Artistique, シングルジャケット背文字:なし(初期の証拠)/箱の背文字:(金色・濃緑クロス紙背景), ジャケ裏文字:あり(仏語解説と仏語タイトル)+箱の背文字:なし(黄色紙ブランク), (P)(C)なし, ジャケ裏年号:なし, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないが当ジャケットである), 写真撮影者:不明, 原画/被写体Le Quatuor Hongroisのモノクロ写真を使った意匠とタイポグラフィー, デザイン: Pathé Marconi Group, ライナーノーツ:Maurice Hewitt, 製作:Les Industries Musicales Et Electriques Pathé Marconi. Paris , 印刷:Mercure Editeur. Paris, フランスでのオリジナル・シングルジャケットが豪華仕様の楽譜付き特別箱に入る初年度リリース分のオリジナル, original in Fr.
トピックス:1953年モノラル録音・録音場所は不明, 録音詳細不明, 英国では1955年頃Columbia Graphophone Company Ltd.によりコピーライト登録・同年から英COLUMBIA:33CX 1168/1172/1191/1203/1236/1254/1272/1405/1442/1460のバラ10枚で初リリース, フランスでは1955年Volume I:FCX 240-2/Volume Ⅱ:FCX 243-5/Volume Ⅲ:FCX 246-9という分配でシングルジャケットが楽譜10冊付きの豪華特別箱×3に入り初リリースされた, 盤質7が10枚とも揃うことは滅多にない, 今回10枚とも盤質7でジャケットも7以上、更に箱は破損なくこれまでで最高ランクの美品である, 楽譜は欠品なく全て未使用に近い美品である, このような機会は滅多にないのでお見逃しなく, ハンガリーQt.は1966年頃2回目の全集録音をステレオで行った, ステレオはやはり全3巻入り10枚でリリースされたが豪華版はなく通常の箱×3で出た, 今後これ以上の美品が出る保障はまったくない, 初回録音時のメンバー:Violin -Zoltan Szekely, Alexandre Moskowsky, Viola – Denes Koromzay, Cello – Vilmos Palotai
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特に音に出るキズはないが古いプレスにつき多少のサーフェース音あり, 無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)--第4面10時に小4回出る点あり→7

商品詳細: モノラル期、ベートーヴェンSQの中でも極めて貴重な位置を占める。ブダペストQt.程渋すぎず、アマデウスQt.程軽くなく、ベートーヴェンらしい哲学性とQtとの調和をうまくバランスさせた決定盤。哲学性と音楽性の両方を追求して完全なる完成を見たスタイル。ステレオ期にも全曲録音があるが、まったく風情が異なる。頑丈な箱3つに全10枚で収まり、存在感は重量級。全10枚状態の良いプレスで揃えることは近年不可能に近くなってきた。モノラル期のトップ3と信じる内容!今回豪華仕様の初年度リリース分が入荷した。全ての盤に対してポケット楽譜が付く。それが収納される立派な台座付きの箱×3に分かれてバラ10枚のシングルジャケットが収納された全集である。勿論単売は各それぞれシングルジャケットでリリースされた物である。なかなかこのような全集セットはお目にかかれない。1955年リリースの古い盤だけに10枚全て良い盤質で揃うこともほぼあり得ないのが現実。また箱は重い為、大抵が破損していたのが過去の実績である。今回のセットがどれほど貴重な物であるか詳細を見て確認していただきたい。決して高すぎる物ではないことが理解されるだろう。

ハンガリーQtの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る