[独ELECTROLA] P.レッジャー指揮イギリス室内o.キングス・カレッジcho. H.ドーナト S.ブルゲス(s) R.ティアー(t) T.アレン(bs) / ヘンデル:オラトリオ「アレクサンダーの饗宴」

通常価格:¥ 1,650 税込

¥ 1,650 税込

数量


商品コード: BOX-701

作品名:ヘンデル:オラトリオ「アレクサンダーの饗宴」
演奏者:P.レッジャー指揮イギリス室内o.キングス・カレッジcho., H.ドーナト/S.ブルゲス(s)R.ティアー(t)T.アレン(bs)
プレス国:ドイツ, Germany
レーベル:ELECTROLA
レコード番号:1C 157-03404-5
M/S:S
枚数・大きさ:2枚組
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
キズ情報:未洗浄
レーベルタイプ:
ジャケット:
トピックス:赤EMIニッパー, 全面コート箱, (P)1979, ノーマル・カップリング, リブ付, 英語歌唱

商品詳細:英国の指揮者・演奏者による英国作品:G.F.ヘンデルのオラトリオ「アレクサンダーの饗宴」。「アレクサンダーの饗宴」はイングランド文学で有名なドライデンの頌歌を原作とし、「音楽の力」という副題が付く。指揮のフィリップ・レッジャーは1937年生まれイギリスの合唱指揮者・音楽学者。ケンブリッジのキングス・カレッジで教育を受け、1961年にチェルムスフォード大聖堂の音楽監督に就任し、国内最年少の大聖堂オルガニストとなる。1965年にはイースト・アングリア大学の音楽監督に就任し、美術・音楽学部の学部長を務めた。1968年にはブリテンらと共にアルデバーグ・フェスティバルの芸術監督に就任し、しばしば指揮を振る。イギリス室内o.と定期的に共演。1974年から1982年まで、出身のケンブリッジ大学キングス・カレッジの音楽監督を務め、この時期にキングス・カレッジ合唱団を指揮して数多くの録音を行い、同合唱団を日本に初めて派遣した。彼は特にヘンデルなどイギリス古楽の演奏に定評がある。当盤もまさにキングス・カレッジ合唱団を指揮した録音。ヘンデルの合唱作品なら彼の指揮が間違いない。伸びやかで美しい演奏。入荷希少!(MG)







・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)