[ETERNA] B.グレッツナー(ob) K.ズスケ(vn) 他/ヘンデル:Obソナタ(4曲), トリオ・ソナタ

Handel, Burkhard Glaetzner, Walter Heinz Bernstein, Siegfried Pank ‎- Vier Sonaten Fur Oboe Und Basso Continuo

通常価格:¥ 2,200 税込

¥ 2,200 税込

数量


商品コード: 1111-034td

作品名:ヘンデル:Obと通奏低音のためのソナタ第1番ハ短調 Op.1-8 HWV 366, Obと通奏低音のためのソナタ2番ロ長調(ソナタ グラーヴ )HWV 357「フィッツウィリアム・ソナタ」, Obと通奏低音のためのソナタヘ長調 HWV なし(HWV 363a ?), Ob・Vnとと通奏低音ためのソナタ 1番 ハ短調(トリオ・ソナタ)Op. 2-1a HWV 386a, Obと通奏低音のためのソナタ ト短調 Op.1-6 HWV 364
演奏者:B.グレッツナー(ob)K.ズスケ(vn)S.パンク(gamb)T.ラインハルト(fg)W.H.ベルンシュタイン(cemb)A.ベヤー(ヴィオローネ)
プレス国:旧東ドイツ, Germany East
レーベル:ETERNA
レコード番号:827 836
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A : 裏面いスタンプあり
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特に音に出るキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり
レーベルタイプ:ED青/黒, グルーヴガード厚, Rights Society:記載なし, (P)なし, スタンパー/マトリクス:1A/2A(ラウンド小文字スタンパー・ETERNA通常タイプ), ETERNA録音を示す8***で始まる専用マトリクス使用, 補助マトリクス:L84/L84, 再補助マトリクス:1A LC/1A 1C, STO---初期マトリクス:なし/なし, 1984年/1984年のスタンパーによる1984年頃製造分, 黒/銀ツヤレーベル存在せず, 黒/銀レーベル存在せず, ED前存在せず, これより古いレーベル存在せず, 最古レーベル・最厚プレス, 更に古いマトリクス存在せず, モノラル存在せず, RIAAカーヴである, ETERNA音源のETERNA製作プレス, オリジナル, original
ジャケット:ED紙ペラ, ETERNA EDITION, 背文字:あり(黒色・白背景), 裏文字あり(独語と独語タイトル), Ag 511/01/85/A, 当社入荷履歴上で最古の年号:85(当ジャケットである), 写真:不明, 原画/被写体:レンブラントの絵画「Bildnis wines Knaben 」レニングラード・エルミタージュ美術館所蔵とIngo Arnoldによるタイポグラフィー, デザイン:Ingo Arnold, ライナーノーツ:Prof.Dr.Jürgen Mainka, 製作:VEB Deutsche Schallplatten Berlin DDR, 印刷:VEB VMW "Ernst Thälmann", Werk Gotha-Druck, ツヤタイプ存在せず, オリジナル, original
トピックス:1983年ライプツィヒ・パウル・ゲルハルト教会スタジオ( Studio Paul-Gerhardt-Kirche)にてステレオ録音, 音響技師:Eberhard Hinz, プロデューサー:Bernd Runge, 科学部門コンサルタント:Prof.Dr. Waither Siegmund Schultze / Prof.Dr. Werner Rackwitz, 1985年VEB Deutsche Schallplatten Berlin DDRによりコピーライト登録・同年当装丁にて初リリース, ヘンデル・エディション(ヘンデルED)のための新録音, K.ズスケ(Vn)参加(Op.2-1), オーボエのためのソナタ集でOp.1はオーボエ用に編曲, HWVの付かない曲はOp.番号もなしの単独作品, オーボエを主体として曲により通奏低音用の楽器が変わる:HWV 366はガンバ・HWV 357はFg・HWV なしはFg・HWV 386aはVn/ガンバ・HWV 364はガンバ, 青盤でオリジナルだが音質は非常に良い, 当盤は1985年のヘンデル生誕300年記念企画録音でもある(内袋にはHandel-Jubilaum 1985 の印刷), 演奏:★★★★+, 音質:★★★★+

商品詳細:Obソナタ集だが、1曲だけvnが入るトリオ・ソナタがある。片面の半分を使う長い曲で、これにズスケが参加。グレッツナーのObも大変味わい深く心に沁みる。ETERNAは東独地域のハレに生まれたヘンデルにも大変力を入れており、'76年頃からヘンデルEDとして数多くの録音がある。英国へ渡ったヘンデルではなく、ドイツ人ヘンデルの原点に回帰しようとした意図を感じる。実に静謐な美しさが漂う。

グレッツナーの在庫一覧へ







・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)