[SYMPHONIUM] S.プティジラール(pf) / ショパン:ワルツ1~14番

Chopin - Pianiste Serge Petitgirard ‎– 14 Valses

通常価格:¥ 9,900 税込

¥ 9,900 税込




商品コード: 1179-042

作品名:ショパン:ワルツ1~14番/【A面】第7番 嬰ハ短調Op.64-2, 第3番 イ短調Op.34-2, 第5番 変イ長調 Op.42, 第6番 変ニ長調「小犬のワルツ」 Op.64-1, 第8番 変イ長調Op.64-3, 第1番「華麗なる大円舞曲」 変ホ長調Op.18, 第2番 変イ長調Op.34-1 【B面】第9番 変イ長調「告別」 Op.69-1, 第4番 ヘ長調Op.34-3, 第10番 ロ短調Op.69-2, 第11番 変ト長調Op.70-1, 第12番 ヘ短調Op.70-2, 第13番 変ニ長調Op.70-3, 第14番 ホ短調KK.IVa/15
演奏者:S.プティジラール(pf)
プレス国:フランス, France
レーベル:SYMPHONIUM
レコード番号:3104
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7 この手のレーベルに普通に見られるオワンがない美品!
評価/ジャケット:A
キズ情報:
レーベルタイプ:橙白/橙浅中筋, Microsillon 33 Tours 1/3, フラット重量, 表記されたレコード番号:3.104, Price Code:なし, Rights Society:DP, (P)なし, スタンパー/マトリクス:TPX-1/TPX-2(ラウンド大文字スタンパー・マイナータイプ), SYMPHONIUM・モノラル製造を示すTPX***で始まる専用マトリクス使用, 補助マトリクス:なし, 再補助マトリクス:なし, 本体のみのマイナー製造・プレス, 1950年代のスタンパーによる1955年頃の製造分, フラット盤の初期分, フランスでこれより古いレーベル存在しないと思われる, フランスでの最古レーベル・最厚プレスと思われる, 更に古いマトリクス存在せず, ステレオ存在せず, RIAAカーヴではない, SYMPHONIUM音源のSYMPHONIUM制作不明プレス, フランスでのオリジナル, original in Fr
ジャケット:折返表ツヤペラ, 表記されたジャケット番号:3104 Haute Fidélité, Price Code:なし, 背文字:なし(初期の証拠), 裏文字:あり(仏語による別レコードの紹介), (P)(C)なし, ジャケ裏年号:なし, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないがフランスでは当ジャケットである), 写真撮影者:不明, 原画/被写体:作者不明によるイラストとタイポグラフィー, デザイン:SYMPHONIUM Group, ライナーノーツ:ライナーなし, 製作:Productions SIMM., 印刷:Imp.A.Raffy Pére & Fils-Parist, オリジナル, original
トピックス:1950年代のフランスでのモノラル録音, 録音詳細不明, コルトーの弟子でタッチはコルトーに近くSP録音のような雰囲気を持つ, G.E.M.:GEM 11, 仏LAFAYETTE:番号不明, 仏プライベート:MF 3002等からも出ているがSYMPHONIUM音源と思われる, 知られざる大物ピアニスト, メジャーレーベルに録音は無い, 当時の監修により14曲としている, リパッティの上をいく演奏であることに疑いの余地はない, マイナーだが超が付く高練度の演奏でこのレベルの物はSPでしか味わえないタイプと感じる, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★★

商品詳細: '50年代のマイナーレーベルのモノラル録音。息子のローラン・プティジラール(1950~)は作曲家・指揮者として活躍、映画制作も手掛ける。これは1950年代の録音らしい。晩年はエコール・ノルマルで教授を務める。コルトーの弟子の一人。非常に感覚的なピアニズム、コルトーに非常に近いスタイルを持つ。コルトーの魅力であるサロン的雰囲気を有する稀有なピアニスト。メジャレーベルに録音が無い為、殆ど知られていないが実力は本物。ショパン本人の演奏をイメージさせる個性派。名人の一筆書きとはこの事、弾き飛ばしは、ハマれば様になる所と、興醒めする所と両方を持つ。ピアノの詩人であり1960年時点で姿を消した絶滅種!

プティジラールの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る