[DGG] W.ケンプ(pf) F.ライトナー指揮バンベルクso. / モーツァルト:Pf協奏曲23番K.488, Pf協奏曲24番K.491

Mozart - Wilhelm Kempff, Bamberger Symphoniker, Ferdinand Leitner ‎– Klavierkonzerte A-Dur KV 488 Und C-Moll KV 491

通常価格:¥ 13,200 税込

¥ 13,200 税込

数量



商品コード: 1179-013p

作品名:【A面】モーツァルト:Pf協奏曲23番K.488 【B面】モーツァルト:Pf協奏曲24番K.491
演奏者:W.ケンプ(pf)F.ライトナー指揮バンベルクso.
プレス国:ドイツ, Germany
レーベル:DGG
レコード番号:138 645 SLPM
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
キズ情報:
レーベルタイプ:チューリップALLE内溝, フラット重量, Made in Germanyの刻印, 表記されたレコード番号:SLPM 138 645, Rights Society:DP, (P)なし, スタンパー/マトリクス: 138 645² A/138 645 B (ラウンド中文字スタンパー・DGG初期タイプ), 1960年代DGGステレオ製造を示す138***で始まりレコード番号を含む初期タイプ専用マトリクス使用, 補助マトリクス(Time Code):HⅡK0 WE W/Ⅱ G0 WE W P, 再補助マトリクス:なし, カッティング担当:マトリクスのイニシャルWEはヴォルター・アルフレッド・ヴェトラー(Walter Alfred Wettler), ラウンドで幅広レコード番号マトリクスなし, 1960年10月/1960年7月のスタンパーによる1960年頃製造分, 旧番号存在せず, ALLEレーベルの初期分, フラット盤の最初期分, 最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在するか不明(初期である), モノラル存在する(18 645 LPM), RIAAカーヴである, DGG音源のDGG製作プレス, 製造Hannover旧工場(Deutsche Grammophon Gesellschaft Pressing Plant Hannover・Werk I), ステレオ・オリジナル, original for stereo
ジャケット:赤ステレオ・ツヤペラ, 表記されたジャケット番号:138 645 SLPM, Price Code:なし, 背文字:あり(黒色・白背景・上黄), ジャケ裏文字:あり(独/英/仏語解説と独/英/仏語語タイトル), (P)(C)なし, ジャケット裏年号:8/60, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:8/60(当ジャケットである), 写真撮影者:不明, 原画/被写体:作者不明によるWilhelm Kempffのイラストを使った意匠とタイポグラフィー(初回デザイン), デザイン:DGG Griup, ライナーノーツ:筆者名の記載なし, 製作:Deutsche Grammophon Gesellschaft, 印刷:記載なし・ドイツ製, 細字ステレオ存在せず・赤ステレオ(ツヤ・裏年号8/60)が初出, これが完全な初回分, 1966年頃から新デザインに変更される, オリジナル, original
トピックス:1960年4月・ドイツ・バンベルク・クルトーゥルラウムにてモノラル/ステレオ録音, 録音詳細不明, 編集/カッティングマスター:Walter Alfred Wettler, 1960年Deutsche Grammophon Gesellschafによりコピーライト登録・同年8月DGGからモノラル:18 645 LPM/ステレオ:138 645 SLPM(当装丁)にて初リリース, ALLEが初出でフラット盤存在する, これは完全なオリジナル盤が完全な初回製造のジャケットに入る滅多にない初年度リリースのオリジナル, なかなかない, 演奏:★★★★+, 音質:★★★★★

商品詳細: ケンプは'60年代に2枚のモーツァルト協奏曲を録音。指揮はライトナー。ドイツ的で歯切れの良いオーケストラにケンプの柔らかいピアノの組合せで、落ち着いたモーツァルトに仕上がっている。ケンプのソロは録音が良いせいか、クリアーでキラキラと輝きモノラル期とはまた別の魅力がある。青年モーツァルトではなく、壮年モーツァルトが描かれている。素晴らしく自然なステレオ感。2枚のチューリップはファン必聴!

ケンプの在庫一覧へ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る