[露MELODIYA] K.コンドラシン指揮モスクワpo. A.エイゼン(bs) ロシア・アカデミーcho.バス・グループ / ショスタコーヴィチ:交響曲13番Op.113「バビ・ヤール」

通常価格:¥ 4,400 税込

¥ 4,400 税込      

数量


商品コード: REG-663

作品名:ショスタコーヴィチ:交響曲13番Op.113「バビ・ヤール」
演奏者:K.コンドラシン指揮モスクワpo. A.エイゼン(bs)ロシア・アカデミーcho.バス・グループ
プレス国:旧ソ連, Russia
レーベル:MELODIYA
レコード番号:SM 02905
M/S:S
枚数・大きさ:
評価/レコード:8
評価/ジャケット:A
キズ情報:未洗浄
レーベルタイプ:
ジャケット:
トピックス:青SL, ツヤ, TU-74, 1967年録音, E.エフトゥシェンコの詩を用いたカンタータ風の作品, モノラル:D 021334

商品詳細:ショスタコーヴィチの交響曲を語る上でコンドラシンは避けて通れない決定盤。まず1961~75年に世界初の全曲録音を果たした。1960~76年にモスクワpo.の音楽監督に君臨、作曲者本人と親交も厚く、4/13番はコンドラシンが初演を行った。13番は初期の1967年録音。ステレオの入荷は殆どないのが現状。「バビ・ヤール」とはキエフに於ける「ユダヤ人虐殺」をテーマに作曲されたものであり、その暗さと圧倒的な「粛清」の悲しさを十分に描いている。この名演は、コンドラシンの演奏には「沈痛さ」「人間の業の深さ」を感じられて、ショスタコーヴィチの心の底を見せてくれる名演だと信じる。これを聴けばこれ以上の演奏はないのではと感じるだろう。圧倒的説得力!1982年コンドラシンは亡命後、PHILIPSに再録音した。


【特設ページへ移動】










・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)