[DECCA] W.ボスコフスキー指揮ウィーンpo. / 「シュトラウス音楽祭への招待」美しく青きドナウ, 芸術家の生活, 春の声, ピチカート・ポルカ 他全29曲

Willy Boskovsky – Invitation To A Strauss Festival

通常価格:¥ 16,500 税込

¥ 16,500 税込



商品コード: 1195-025

作品名:シュトラウス音楽祭への招待/J.シュトラウス2世:シャンパン・ポルカOp.211, 同:ウィーン気質Op.354, 同:新ピチカート・ポルカOp.449, 同:爆発ポルカOp.43, 同:ウィーンのボンボンOp.307, 同:ペルシャ行進曲 Op.289, 同:喜歌劇《ウィーンのカリオストロ》~狩りOp.373, 同:春の声OP.410, J.シュトラウス2世&ヨーゼフ・シュトラウス:ピチカート・ポルカ, J.シュトラウス2世:美しく青きドナウOp.314, 同:常動曲Op.257, 同:ハンガリー万歳Op.332, ヨーゼフ・シュトラウス:天体の音楽Op.235, J.シュトラウス2世:山賊のギャロップOp.378, 同:芸術家の生活Op.316, 同:雷鳴と稲妻Op.324, 同:朝の新聞Op.279, ヨーゼフ・シュトラウス:おしゃべりなかわいい口Op.245, 同:わが人生は愛と喜びOp.263, 同:鍛冶屋のポルカOp.269, J.シュトラウス2世:皇帝円舞曲Op.437, ヨーゼフ・シュトラウス:騎手Op.278, J.シュトラウス2世:レモンの花咲くところOp.364, 同:ナポレオン行進曲Op.156, ヨーゼフ・シュトラウス:短いことづてOp.24, J.シュトラウス2世:南国のバラOp.388, エドゥアルト・シュトラウス:テープは切られたOp.45, J.シュトラウス2世:ウィーンの森の物語Op.325, J.シュトラウス1世:ラデツキー行進曲Op.228
演奏者:W.ボスコフスキー指揮ウィーンpo.
プレス国:英国, United Kingdom
レーベル:DECCA
レコード番号:SXL 6242-4
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×3, 箱入り3枚組, 3 single records
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
キズ情報:
レーベルタイプ:【英国でのステレオ再版で企画箱のオリジナル】---大デッカ溝ED2, Made in England by~, グルーヴガード厚, Rights Society:BIEM, (P)1959(Recording first published), TAX Code:K/T(1963年7月~1968年11月を示す), スタンパー/マトリクス:ZAL-2810-2E/ZAL-2811-3E・ZAL-2812-3E/ZAL-2813-3E・ZAL-2814-3E/ZAL-2815-5E (ストレート小文字スタンパー・DECCAタイプ), DECCA規格ステレオ製造を示すZAL**で始まりレコード番号を含まない専用マトリクス使用, マトリクスのEはStanley Goodall(スタンリー・グッドール)のカッティング担当を指す, 補助マトリクス(3時):I/GI・BC/BN・BC/A, 再補助マトリクス(9時):1/21・03C/1・1/21, 1950年代のスタンパーを用いた1965年頃の製造分, 3枚とも旧番号存在する, ED1レーベル存在する(超希少・高額), これより古いレーベル存在する, 最古レーベル・最厚プレスではない, 更に古いマトリクス存在する, これより古い3時存在する, カッティング担当の前任者:なし, モノラル存在する, RIAAカーヴである, 英DECCA音源の英DECCA制作プレス, ノーマル・カップリング, 工場:Decca Record Co. Ltd., Pressing Plant, UK., ステレオ第2版, 2nd issue for stereo
ジャケット:【英国でのステレオ再版で企画箱のオリジナル】---外周黒クロス紙表コート箱, リブレット付, 表記されたジャケット番号:SXL 6242-4, Price Code:なし, 背文字:あり(金色型押・黒クロス紙背景), (P)なし(C)1966, ジャケ裏年号:なし, 当社入荷履歴上で最古の年号:不明(年号記載ないが箱では当ジャケットである・但し旧番号の単売あり), 製作:The Decca Record Company Limited. London, 印刷:MacNeill Press. London., 旧番号存在するが箱ではこれが最古, 三角DECCAロゴ付きタイプ存在せず, 箱ではこれより古いタイプ存在せず, 但し単売のSXL2000番台がそれぞれ存在する, ステレオ第2版で箱ではオリジナル, 2nd issue for stereo
トピックス:1枚目SXL 6242は1957年ウィーン録音で1958年LXT 5432/SXL 2082(ヨハン・シュトラウス・コンサート)で初リリース, 2枚目SXL 6243は1958年ウィーン録音で1959年LXT 5535/SXL 2163(ウィーンの謝肉祭)で初リリース, 3枚目SXL 6244は1961年ウィーン録音で1961年LXT 5651/SXL 2288(千夜一夜物語)でそれぞれ初リリース, ステレオは全てED1が存在する, 1966年になってステレオ3枚をSXL 6242-4に番号変更して「シュトラウス音楽祭への招待」とタイトルを付けて箱に入れたものが当盤である, カップリングはオリジナルと同じでマスターも同じ物を使用している為音質差は小さいと思われる, 単売のED1は高額であり、それを考えると当箱はコストパフォーマンスの高い企画箱である, 一部業者でこれを再版企画箱として販売していない所があるので注意, ED2だが安価とした, 当箱のモノラルはLXT 6242-4(1966年リリース), 2枚目はオリジナル番号SXL 2163(ED2)の印刷表記となっている

商品詳細:「シュトラウスへの招待」と題されたボスコフスキー/ウィーンpo.の3枚セット。箱としてはED2でオリジナルだが3枚ともED1のSXL200番台で1枚ずつ既に発売されたものである。ヨーゼフ・シュトラウスが7曲、エドワルド・シュトラウスが1曲、他計29曲。ボスコフスキー得手のニューイヤー・コンサートでも取り上げられそうな曲だが、こちらは全て過去に単売されたスタジオ録音をまとめた企画箱である。違いを出す為に3枚組にしたのだろうか。しかしED1と同じマスターからプレスされており、ED2レーベルの音質は素晴らしく、美しく青きウィーンの香りが部屋中に広がるだろう。ED1のオリジナルと大きな差はないと思われる。ED1の単売はかなり高額の為、この箱は非常にお買い得である。詳細はVol.1のSXL 6242が[ヨハン・シュトラウス・コンサート]SXL 2082で1957年録音。Vol.2のSXL 6243が[ウィーンの謝肉祭]SXL 2163で1958年録音。Vol.3のSXL 6244が[千夜一夜物語]SXL 2288で1961年録音。3枚ともオリジナルと同じカップリングで同じマスターから作られたED2の番号替え再版である。1966年既発売の3枚を箱に入れ、シュトラウス音楽祭への招待(Invitation To A Strauss Festival)とタイトルを変えた企画盤(箱)である。当箱をオリジナルとして販売する業者もあるので注意。

ボスコフスキーの在庫一覧へ







・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)