[ETERNA] A.シュトルテ(s) I.アールグリム(cemb) 他/ 「ハレ・ヘンデル・ハウスでのコンサート」ヘンデル:VnソナタOp.1-10, フーガ, Gambソナタ, カンタータ 他

Händel, Adele Stolte, Isolde Ahlgrimm, Franz Genzel, Peter Klug, Walter Heinz Bernstein ‎– Konzert Im Händel-Haus Zu Halle

通常価格:¥ 4,950 税込

¥ 4,950 税込      

数量


商品コード: 1199-057n

作品名:ハレ・ヘンデル・ハウスでのコンサート(古楽器によるヘンデル・プログラム)/ヘンデル:オルガンのためのフーガ ハ短調, Vnと通奏低音のためのソナタOp.1-10, ソプラノのためのイタリア語カンタータ 「美わしの羊飼い娘よ」~アリア「美わしの羊飼い娘よ」, 同~レチタティーヴォ「心からなる言葉をもって」, 同~アリア「独り寂しくわが胸を燃やす」, チェンバロのための前奏曲・アリアと変奏・変ロ長調, GambとオブリガートCembのためのソナタ ハ長調, オルガンのためのフーガト長調
演奏者:A.シュトルテ(s)I.アールグリム(cemb)W.H.ベルンシュタイン(ポジティーフorg/cemb/シュピネット)F.ゲンツェル(vn)P.クルーク(gamb/vc)
プレス国:旧東ドイツ, Germany East
レーベル:ETERNA
レコード番号:825 721
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:B : 全体に汚れあり
キズ情報:
レーベルタイプ:【旧東ドイツでのステレオ第2版】---黒/銀, ○○ST33, グルーヴガード厚, Rights Society:記載なし, (P)なし, スタンパー/マトリクス:825 721-1B/825 721-2G (ラウンド小文字スタンパー・ETERNA通常タイプ), ETERNA録音を示す8***で始まる専用マトリクス使用, 補助マトリクス:C73 W NT/C73 W NT, 再補助マトリクス:A3 K/A1A1 N, STO---初期マトリクス:なし/なし, 1973年3月/1973年3月製造のスタンパーによる1973年頃製造分, V字ステレオ存在せず, 黒/銀ツヤレーベル存在する(ジャケ裏68), ED存在せず, これより古いレーベル存在する(黒/銀ツヤ), 最古レーベル・最厚プレスではない, 更に古いマトリクス存在する(1A/2Aが存在する可能性高い), モノラル存在する, RIAAカーヴである, ETERNA音源のETERNA製作プレス, 第2版(ツヤのあるないの違い), 2nd issue
ジャケット:【旧東ドイツでのステレオ再版】---紙ペラ, 表記されたジャケット番号:825 721, Price Code:12.10 M, 背文字:あり(黒色・白背景), ジャケ裏年号:Ag 511/01/76, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:68(当ジャケットではない・長ステレオあり), 製作:VEB Deutsche Schallplatten Berlin DDR, 印刷:VEB Gotha-Druck, 長ステレオの古いタイプ存在する(ジャケ裏1968年), ツヤタイプ存在しない, ジャケ変遷は長ステ折返紙(ジャケ裏年号68)印刷:Konsum Hauptbetrieb, Berlin→長ステ折返紙(ジャケ裏年号70)→折返紙(ジャケ裏年号71)以降印刷:VEB Gotha-Druck→折返紙(ジャケ裏年号74)→紙(ジャケ裏年号76)→紙(ジャケ裏年号82・青盤入り), 再版, re issue
トピックス:1966-7年頃ハレのヘンデルハウスでのモノラル/ステレオ録音, 録音詳細不明, シュトリューベン又は彼の弟子の録音と思われる, 1968年VEB Deutsche Schallplatten Berlin DDRにてコピーライト登録・同年ステレオがETERNA:825 721(黒/銀ツヤレーベルがジャケ裏68の長ステレオジャケット入り)にて初リリース, 同年モノラルがETERNA:820 721にて初リリース(ジャケ裏68), これは1973年3月/1973年3月製造のスタンパーによる1973年頃製造の盤が1976年製造のジャケットに入るケースで1976年発売分の初期盤, 1980年代までヘンデルハウスでも販売されていた(おそらく青盤), アイゼンナハ・バッハ・ハウスと対をなす作曲家生家録音, 使用された楽器はジャケット裏に詳しく明記されている・全て1600-1700年代の古楽器を使用しての録音, アデーレ・シュトルテもカンタータでソロを歌う(チェンバロとチェロだけの伴奏で構成は歌曲に近い), この録音は当LPにしか収録なし・絶品!バッハの「狩のカンタータ・アリア」よりこちらの方が出来が良い!シュトルテの録音ではトップ5に入ると信じる, 初回プレスではないが音質は驚くほどリアル, ETERNAサウンドは黒盤ならどれでも楽しめる・また青盤でもすこぶる良い, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★+

商品詳細:東独ハレにあるヘンデルの生家で行われたコンサート。ポジティーフorgで始まるスタイルはバッハ・ハウスと同様。シュトルテはパストラーレをチェンバロ、チェロの伴奏で歌う。その歌声は透明で温かく、例えようもなく美しく聖母マリアを連想させる。シュトルテはこの1曲だけだが、Vnソナタとgambソナタの2曲の古楽器での演奏が入っており、こちらも注目。特にgambソナタは珍しい録音。アールグリムも1曲ソロで参加。どれもこの盤でしか聴けない。シュトルテが素晴らしい!シュトルテ・2016年11月18日84歳で没。可憐なソプラノを聴かせる。シュトルテの録音中トップ5と思われる。少なくともバッハの「狩のカンタータ・アリア」よりこちらの方が出来が良い!

シュトルテの在庫一覧へ









・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)