[ETERNA] E.ケート(s) G.ヴァイセンボルン(pf) / モーツァルト:歌曲集(20曲)/K.476, 518, 147, 520, 531, 596, 579, 597, 598他

Mozart, Erika Köth, Günther Weissenborn ‎– Lieder Von Mozart

通常価格:¥ 4,950 税込

¥ 4,950 税込      

数量


商品コード: 1209-023nb

作品名:モーツァルト:歌曲集(20曲)/すみれK.476, ひめごとK.518, 何と不幸せなことかK.147, ルイーゼが不実な恋人の手紙を焼いたときK.520, 小さな糸紡ぎ娘 K. 531, 春への憧れK.596, 私の胸は喜びに高鳴る K. 579, 春の初めに K.597, 老婆 K.517, 子供の遊び K. 598 | 男たちはいつもつまみ食いしたがる K. 433, 大らかな落ち着きK. 149, 静けさはほほえみ K.152, おお、聖なる絆 K. 148, 孤独に K.391, 魔術師 K. 472, 満足 K. 473, 自由の歌K.506, 夕べの想い K. 523
演奏者:E.ケート(s)G.ヴァイセンボルン(pf)
プレス国:旧東ドイツ, Germany East
レーベル:ETERNA
レコード番号:820 683
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
キズ情報:
レーベルタイプ:【旧東ドイツでのモノラル・オリジナル】---緑白/黒V字小ロゴ内溝, ▽33, グルーヴガード厚手, Rights Society:記載なし, (P)なし, スタンパー/マトリクス:02031769/02031770 (ラウンド中/小文字スタンパー・ETERNA旧タイプ), ETERNA規格モノラル製造を示す0***で始まるレコード番号を含まない専用マトリクス使用, 補助マトリクス:D7 SO RU/D7 SO RU, 再補助マトリクス:O7 1W/J7 2W, 面割スタンパー・820 683 A/820 683 B, 1967年4月/1967年4月製造のスタンパーによる1967年製造分, 濃緑白葉/黒内溝レーベル存在せず, 緑白/黒V字大ロゴレーベル存在せず, これより古いレーベル存在せず, モノラルの最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在しないと思われる, ステレオ存在する, RIAAカーヴである, ETERNA音源のETERNA制作プレス, カッティング担当:不明, 工場:VEB Deutsche Schallplatten Potsdam-Babelsberg, モノラル・オリジナル, original for mono
ジャケット:【旧東ドイツでのモノラル・オリジナル】---折返両面半ツヤペラ, 記されたジャケット番号:820 683, Price Code:なし, 背文字:なし(初期の証拠), ジャケ裏年号:(285)Ag 511/2/67 E-8-520, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:67(当ジャケである)製作:VEB Deutsche Schallplatten Berlin DDR, 印刷:Konsum Hauptbetrieb, Berlin, これより古いモノラルタイプ存在せず, モノラル・オリジナル, original for mono
トピックス:1967年またはそれ以前の東独でのモノラル/ステレオ録音, 録音詳細不明, 1967年VEB Deutsche Schallplatten Berlin DDRによりコピーライト登録・同年ETERNAからモノラル:820 683(当装丁)にて初リリース, 同年ステレオ:825 683(V字ステレオ・グルーヴガード厚手盤・長ステ折返ツヤジャケ・裏67)で初リリース, 1970年頃モノラル/ステレオとも黒盤に切り替わる(番号変更なし), これは1967年初年度リリース分のモノラルのオリジナル, E.ケートの唯一のETERNA録音, ステレオは高額だが音質はそれぞれの良さがある, 一部(4曲)1963年G.ムーアとEURODISC録音がある, これはETERNAのオリジナル録音, モノラルは安価だが内容は全く劣らない, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★+

商品詳細:ケートの傑作LP。そして唯一のETERNA録音でもある。他のレーベルからは発売されていない。両面でモーツァルトの歌曲を20曲も収録。モーツァルトの歌曲集の中でも、突出して曲数が多い。何といっても、ケートの可憐な声で歌われる歌曲の愛らしさ。大オペラ歌手の入れた同様の歌曲集とは比較のしようもない。ケートの美点が見事に花開いたLP。トップ3に異論はないだろう。ステレオも存在するが、モノの方が声の豊かさを感じられる。

ケートの在庫一覧へ









・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)