[La Voix De Son Maître] P.シュティエパーン(pf) スメタナQt. / ドヴォルザーク:Pf五重奏曲Op.81, VnとPfのためのソナチネOp.100

Dvořák, Das Smetana-Quartett

通常価格:¥ 5,500 税込

¥ 5,500 税込      

数量


商品コード: 1210-062

作品名:ドヴォルザーク:Pf五重奏曲Op.81, VnとPfのためのソナチネOp.100
演奏者:P.シュティエパーン(pf)スメタナQt.
プレス国:フランス, France
レーベル:La Voix De Son Maître
レコード番号:CVB 2014
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:S : 美品!
キズ情報:
レーベルタイプ:【フランスでのオリジナル】---白SCニッパー中stereo段なし, 12時にMade in France, グルーヴガード厚, 表記されたレコード番号:CVB 2014 B, Price Code:B, Rights Society:記載なし, (P)なし, スタンパー/マトリクス:2YRA 1970-1/2YRA 1970-1(ラウンド小文字スタンパー・ELECTROLA/Pathéタイプ), EMIグループ・ドイツ録音ステレオ録音を示す2YRA***で始まりレコード番号を含まないドイツ型フランス専用スタンパー使用, 補助マトリクス:ラウンドMスタンパー・M6 254826/M6 254827, 再補助マトリクス:パテキュラー(Patéculaire)はない, ラウンド・ドイツ型本体とラウンドMスタンパーの2種併存のPathéプレス, 1960年代のスタンパーを用いた1967年頃の製造分, ASDF/CVA番号存在せず, 赤白SCニッパー大stereo段付きレーベル存在せず, 中stereo段なしの最初期分, フランスで最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在せず, モノラル存在せず, RIAAカーヴである, EMIグループ・ELECTROLA音源のLa Voix De Son Maître製作Pathéプレス, 工場:Pathé Marconi EMI, Chatou, フランスでのオリジナル, original in Fr.
ジャケット:【フランスでのオリジナル】---折返表コートペラ, STEREO Gravure Universelle, 表記されたジャケット番号:CVB 2014, Price Code:Prix B, 背文字:あり(黒色・クリーム背景・上下絞り), (P)(C)なし, ジャケ裏年号:なし, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないがフランスでは当ジャケットである), 製作:Les Industries Musicales Et Electriques Pathé Marcon. Paris, 印刷:I.D.N. Paris, 棒付ボードタイプ存在せず, これより古いタイプ存在せず, フランスでのオリジナル, original in Fr.
トピックス:1960年代中期ドイツでのステレオ録音, 録音詳細不明, ドイツでは1966年ELECTROLA:SME 91446(白金輪ニッパー・危険因子含む)で初リリース, 危険因子含む為お勧めできない, 英国ではHMV:ASD 2350(Op.81+SQ12番Op.96「アメリカ」)で同じ頃SCレーベルで初リリース, フランスでは1967年頃La Voix De Son Maître:CVB 2014(当装丁)で初リリース, 安全なプレスで音質も良い, 英国は独・仏と同じカップリングは存在せず, トータルでこの仏盤が最もお薦め, Pf五重奏曲Op.81のスメタナQt.はJ.パネンカ(pf)と初回モノ録音あり(SUPRAPHON:LPV 114), パテプレスなので音質は最も信頼できる, ASDF/CVA番号は終了した後の番号でこれがフランスでのオリジナル, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★+

商品詳細:アマデウスQt.と同じくらいに有名なスメタナQt.は1943年に設立。1946年にイルジー・ノヴァークがが第1Vnになり、1988年の解散まで続く。LP録音期は同一メンバー。モノラル~ステレオ期SUPRAPHONに多くの室内楽の録音を残す。ドヴォルザークに関してはこのくらいの暗さが本物らしく感じる。東欧の弦を強く感じさせてくれる団体。暗調ではあるが、これらの曲によく合う音色!SUPとは別の独ELECTROLA録音。同一メンバーで3~4枚録音。どれも良いが、独ELECTROLAは表面隆起の危険因子含むので注意。

メタナQtの在庫一覧へ









・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)