[ERATO] Z.ルージチコヴァー(cemb) / バッハ:チェンバロ作品全集Vol.1~22 (※Vol.18欠・Vol.19が2枚入る)

Bach, Zuzana Růžičková

通常価格:¥ 33,000 税込

¥ 33,000 税込      

数量


商品コード: 1216-001

作品名:バッハ:チェンバロ作品全集Vol.1~22 (※Vol.18欠・Vol.19が2枚入る)
演奏者:Z.ルージチコヴァー(cemb)
プレス国:フランス, France
レーベル:ERATO
レコード番号:ERA 9030-51 (Vol.18欠・Vol.19が2枚入る)(Vol.10 のみSTE 50250)
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×22, 緑色豪華スリットケース箱入りの22枚組, 22 single records
評価/レコード:8/6 : 1枚の片面のみビニール焼けの為6とした, キズはない, 他は美品!
評価/ジャケット:A
キズ情報:ERA 9035のイタリア協奏曲などが入る盤のB面一部にビニール焼けがあり通過時にノイズが入る, 他は盤質8/7 未洗浄だが洗浄希望の場合行います(数日時間をいただきます)
レーベルタイプ:【フランスでの再版/オリジナル】---ピンク/黒STE×1, 青白Σ土手×16, 黒/銀Σ中黒×5, 12時にMade in France, グルーヴガード厚, 表記されたレコード番号:ERA 9030-51(9047欠), Rights Society:記載なし, Price Code:C, (P)なし, スタンパー/マトリクス:省略 (ラウンド小文字スタンパー・ERATO/PHILIPSタイプ), ERATO音源ステレオ製造を示すERA***で始まりレコード番号を含まないフランス型フランス専用スタンパーを使用, 補助マトリクス:なし, 再補助マトリクス:なし, 1970年代のスタンパーによる1975-80年頃の製造分, 一部に旧番号存在する, 全て青白Σ土手レーベルが存在すると思われる, 一部これより古いレーベル存在する, 最古レーベル, 最厚プレスである盤とない盤が混じる, 更に古いマトリクス存在するか不明, モノラル存在せず(一部存在する), RIAAカーヴである, ERATO音源のERATO製作仏PHILIPSプレス, 工場:CIDIS.Phonogram, Antony, 再版/オリジナル, re issue /original
ジャケット:【フランスでの豪華スリットケース箱でのオリジナル】---引出し式スリットケース箱で前面がラウンド状になっている特別豪華タイプ, リブレット付, 表記されたジャケット番号:なし, Price Code:なし, 背文字:あり(銀色・緑背景), (P)(C)1975, ジャケット裏年号:なし, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないが豪華スリットケース箱では当ジャケットである), 製作:Erato Disques S.A., 印刷:Club Gutenberg - Chambray-Les-Tours, 一部旧番号の単売が存在するが豪華スリットケース箱は1種のみ, フランスでの豪華スリットケース箱のオリジナル, original for Spécial BOX n Fr.
トピックス:【豪華スリットケース箱は初入荷】---1965年2月15-18日(パリ) ・1965年10月19-20日(パリ) ・1967年7月7日(パリ)・1968年6月29-30日(プラハ)・1969年3月5-10日(パリ)・1970年6月(プラハ)・1970年11月30日(パリ) ・1972年3月21-24日/6月2-23日/9月21日(パリ) ・1973年5月8日(プラハ)・1972年(パリ) プラハとパリでのステレオ録音(一部にモノラルあり・一部SUPRAPHONとの共同制作となる), 録音場所はプラハ芸術家の家(ルドルフィヌム)ドヴォルザーク・ホールのSUPRAPHONスタジオ・ドヴォルザークホール, パリ・Salle Adyar/パリ・Studios Barclay-Hoche Enregistrements/パリ・Église Évangelique Allemande/パリ・ Notre-Dame du Liban, 録音技師:Daniel Madelaine (パリ分)/Guy Laporte (パリ分)/Michel Miloslav Kulhau(チェコ分), プロデューサー:Michel Garcin/Peter Willemoës(どちらもパリ分), チェコ分は不明, 1960年代分はERATO~LDE/STEで単売された, 1970年代分はERAの同一番号で単売された, 1975年にEditions Costallat - Paris.によりコピーライト登録・当22枚セットが発売された, 全てがオリジナルではないがスペシャル・エディションとして限られた部数のみ作られた当社初入荷の希少箱!ERA 9039のヴィヴァルデイ原曲に協奏曲集が欠品しているので注意!

商品詳細:ズザナ・ルージチコヴァー(1927 - 2017)はチェコ、プルゼニの生まれの有名なチェンバロ奏者。ユダヤ人の為1941年から1945年までナチス・ドイツの強制収容所に送致された後、生還復帰する。プルゼニとプラハの音楽学校に学ぶ。1951年よりプラハ音楽院の教壇に立ち、1990年より教授を務める。1978年から1982年までブラチスラヴァ音楽院でも教鞭を執っていた。1956年西ドイツ放送局主催のチェンバロ国際コンクールで優勝、1964年ライプツィヒにおけるヨハン・ゼバスティアン・バッハ国際コンクールの審査員となる。バッハのチェンバロ作品全曲録音を成し遂げており、それらも含めて65枚のアルバムを発表している。日本では、ヨゼフ・スークとの共演によるバッハやヘンデルのヴァイオリンソナタの録音などで知られている。2017年90歳でプラハにて没。当初は地元のレーベルであるSUPRAPHONに1950年代から録音している。1965年からERATOの専属となり、ERATOにチェンバロ作品全曲録音を行ったものが当セットである。一部KDE/STEなどの旧番号も存在するが、1975年の同時期にリリースされた音源としてはこれがオリジナルとなる。同年には全て単売でもリリースされている。録音は1965年~1973年までプラハとパリの数か所で行われた。22枚のLPに収録され、初回はこの引き出し式豪華セットでリリースされた。当社でもセットは初の入荷になる。このような大規模セットの常として欠品、入れ間違いが殆どにおいてある。これにも。ERA 9047のトッカータ集が欠品、ERA 9048であるカプリッチョ他が2枚入っていた(そのままとした)、これはERA 9047との入れ違いだろう。ERA 9039も欠品だったが、これに関しては同一内容のSTE 50250の在庫があったのでそれを追加した(ジャケットが大きく入らないので盤だけとした)。またERA 9035のイタリア協奏曲などが入る盤のB面一部にビニール焼けがあり通過時にノイズが入る。結果的にERA 9047のトッカータ集が欠品のままで(1枚ダブリで1枚欠品のまま)出すことになったが、セット自体に価値があり、バラすことは意味がなくなってしまうので致し方ない。リブレットがあるので詳細はすぐにわかる。ERATOが恐らく3種しか作らなかった豪華セットのうちの一つである。他はバッハ:オルガン作品全集(アラン)、ショパンPf作品全集(MUZA音源)。ERATOがレーベルの威信をかけて達成した快挙であることは間違いない。1970年代当時演奏レベルもトップといって間違いはないだろう。全集物にありがちな揃っただけという、印象はまずありえない全てが一級の演奏で音質も見事に一言!

ルージチコヴァーの在庫一覧へ








・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)