[PHILIPS] ブダペストQt. / ベートーヴェン:SQ全集(17曲)

Beethoven, Das Budapester Streichquartett – Streichquartett Complere Set

通常価格:¥ 99,000 税込

¥ 99,000 税込      



商品コード: 1217-049

作品名:ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集(17曲)/第1番 ヘ長調 Op.18-1, 第2番 ト長調「挨拶する(Komplimentier)」Op.18-2 |第3番 ニ長調 Op.18-3, 第4番 ハ短調 Op.18-4| 第5番 イ長調 Op.18-5, 第6番 変ロ長調 Op.18-6 |第7番 ヘ長調「ラズモフスキー1番」Op.59-1 |第8番 ホ短調「ラズモフスキー2番」Op.59-2 |第9番 ハ長調「ラズモフスキー3番」Op.59-3, 第10番 変ホ長調「ハープ」Op.74 |第11番 ヘ短調「セリオーソ」Op.95, 第13番 変ロ長調Op.130 |第12番 変ホ長調Op.127, 大フーガ 変ロ長調 Op.133(17番) |第14番 嬰ハ短調Op.131, 第16番 ヘ長調 Op.135 |第15番 イ短調 Op.132
演奏者:ブダペストQt.
プレス国:フランス, France
レーベル:PHILIPS
レコード番号:A 01194 L~
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×10, バラ10枚セット(3巻の箱入り), 10 single records set in 3 Boxs
評価/レコード:8/7 : 90%以上8/7で10%が7レベル・6が付く面は一切なし
評価/ジャケット:S : 箱と中のシングル・ジャケット全てがS, 楽譜も10冊とも全くシワ・汚れのない新品同様の状態・但し箱の背は多少の日焼けあり(文字消えはない), これ以上の美品は2度と出ないと思われる
キズ情報:
レーベルタイプ:【フランスでのオリジナル/第2版/第3版】---赤/銀Minigroove内溝×7+赤/銀Minigroove外溝×2(外周3.5cmの盛上り(カマボコ)5・6・15番, 赤/銀Minigroove内溝厚手(外周3.5cmの盛上り×1(カマボコ)14・16番, Made in Franceの刻印, フラット重量×9, 厚手×1, 表記されたレコード番号:A 01.194--, Price Code:Ⓐ, Rights Society:DP, (P)なし, スタンパー/マトリクス:AA 01194 ▽1 L=8/AA 01194▽2 L=13 670---以降省略 (ラウンド中文字スタンパー・仏PHILIPSタイプ), PHILIPS音源モノラル製造を示すAA***で始まりレコード番号を含む専用スタンパー使用, 補助マトリクス:なし, 再補助マトリクス:なし, 670は工場を示す, 1950年代のスタンパーによる1955-60年頃製造分, フラット盤の初期分, 旧番号存在せず, 7枚は外溝のないフラットレーベル最初期分, 3枚だけ第2版/第3版含む(A 00199L/A 00195 L/A 00198 L), これより古い仏レーベルは存在せず(3枚以外), フランスでの最古レーベル・最厚プレスである(3枚以外), 更に古いマトリクス存在するか不明, ステレオ存在せず, RIAAカーヴではない, 米COLUMBIA音源の仏PHILIPS製作プレス, 工場:Société Phonographique Philips, フランスでのオリジナル(7枚)/フランスでの第2版(2枚)/第3版(1枚), original in Fr. except 3LPs
ジャケット:【フランスでのオリジナル/オリジナル・タイプ】---見開中入両面紙ペラ×2(8・9・10番)+両面折返紙ペラ×8(後期4枚はこれでオリジナル), 更に3巻全てに全楽譜付き(10冊)特別キャンバス箱に入る(3+3+4枚), Microsillon Artistique Haute Fidélité, 表記されたジャケット番号:L3L 1005-7, Price Code:Artistique, 背文字:あり(黒色・白背景・上下絞り), 仏語表記・仏語圏流通分, (P)(C)なし, ジャケ裏年号:なし, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないがフランスでは当ジャケットである), 製作:Société Phonographique Philips, 印刷: Imprimerie F.G.Richir .Paris-Le Perreux, 旧番号存在せず, 旧デザイン存在せず, 全てに見開中入れタイプ存在せず・後期4枚は両面折返紙ペラで初出, フランスでこれより古いタイプ存在せず(一部見開中入れタイプが初出のケースもあり・詳細不明), 殆どフランスでのオリジナル, 今回箱もS(箱自体希少)2度となし, original /origina type in Fr.
トピックス:1951-2年アメリカ国会図書館・クーリッジ・オーディトリアム(Coolidge Auditorium, Library of Congress, Washington, D.C.)でのモノラル録音, 録音詳細不明, 米国では1952年Columbia Masterworksによりコピーライト登録・1952-3年米COLUMBA:ML4576~ML4587にて初リリース, 他にアルバムなどもあった, フランスでは1956年頃仏PHILIPS:A 01194-01200/01228/01235/01236 Lのバラ10枚で初リリース, 特別セットとして全10巻の楽譜が添付されたキャンバス箱3巻に分配されてリリースされた, 今回初のキャンバス箱3巻セットでその中にはシングルLP(5・6・14・15・16番の3枚のみ第2版/第3版混じるが9枚フラット重量盤+1枚厚手盤で全て盤質7以上)のセットを出す, 希少なキャンバス箱3巻10枚(シングル・ジャケット入り)の特別セット, 今回全て盤質7以上のフラット重量盤×7+他3枚となったが数年程度の違い, 盤質と年代の全てを完全にすることは不可能といえる, 全て盤質7以上の事実が奇跡的で7割が完全な初出盤である, これが過去最高のコレクション!ブダペストQt.はSPで5番以外の15曲に旧SP録音がある(1940-42年), 英国/オランダPHILIPSでバラ全集化すると少なくとも2枚は10"が混じる, 演奏:★★★★+, 音質:★★★★+

商品詳細:2回目ステレオ(1958~61年)とこの初回モノラル(1951~2年)の全集録音は大きく印象が異なる。弦の音から言えば、2回目の方がはるかに滑らかで優しい、しかし求心力という点ではこの初回モノラル録音は圧巻。使用した楽器は1936年G.K.ウィットール夫人が国会図書館に寄贈したストラディヴァリウス4本で録音を行った。 新即物主義という新しい潮流の先頭を走った団体。一聴硬さを感じるものの、その内面的燃焼度は高い。尚1曲(5番)漏れるがSP期に全集に近い15曲の初回SP録音(1940-42年)が存在する。それらは1970年代にLP化されたが入手は簡単ではない。そういう点からもモノラル録音の欧州プレスをお勧めしたい。ブダペストQt.は1917年ハンガリーで創立された弦楽四重奏団で、同年に第1回演奏会を開き、以降メンバー交代もありながら50年ほど活動を続けた名門四重奏団。この録音当時は、第2代目のリーダー、ロイスマンがリードしていた頃のもので、まっすぐな輝きに満ちた完璧なアンサンブルの団体として、世界的に名声を得ていた。メンバーの大半がロシア人となり活躍も米国に集中していた為、「世界の弦楽四重奏団」の著者幸松肇氏はアメリカの団体としている。この録音時ハンガリー人のメンバーはいない。この欧州PHILIPSプレスの音で聴くと彼らの真意が伝わってくるような気がする。簡潔で無駄のないスタイルは当時は画期的だった。全て仏赤/銀ミニグルーヴF、仏同一デザインジャケ。1枚ずつコツコツ集めるのも愉しみの一つだろう。尚オランダ/英国PHILIPSで揃えると3枚は10"が混じることになる(3/4・7・8盤)。フランスだけは10枚全て12"の色違いジャケットにて初リリースされたので集めやすく、音質も良い。全て揃えるの激難!!!

ブダペストQtの在庫一覧へ








・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)