[VALOIS] ヴェーグQt. / ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集(全17曲)

Quatuor Végh – beethoven les quatuors

通常価格:¥ 27,500 税込

¥ 27,500 税込      



商品コード: 1218-046

作品名:ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集(全17曲)/第3番ニ長調 Op.18-3,第1番ヘ長調 Op.18-1 | 第2番ト長調 Op.18-2,第5番イ長調 Op.18-5 | 第4番ハ短調 Op.18-4,第6番変ロ長調 Op.18-6 | 第7番ヘ長調 Op.59-1『ラズモフスキー第1番』 | 第8番ホ短調 Op.59-2『ラズモフスキー第2番』,第11番ヘ短調 Op.95『セリオーソ』 | 第9番ハ長調 Op.59-3『ラズモフスキー第3番』,第10番変ホ長調 Op.74『ハープ』 | 第12番変ホ長調 Op.127,第16番ヘ長調 Op.135 | 第13番変ロ長調 Op.130,大フーガ変ロ長調 Op.133 | 第14番嬰ハ短調 Op.131 | 第15番イ短調 Op.132
演奏者:ヴェーグQt.
プレス国:フランス,France
レーベル:VALOIS
レコード番号:CMB 83
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×10,箱入り10枚組,10 single records
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:S
キズ情報:
レーベルタイプ:【フランスでの10枚組箱のオリジナル】---灰青/銀土手,グルーヴガード厚手,9時にMade in France,表記されたレコード番号:MB 1401-1410,Rights Society:DP,(P)なし,スタンパー/マトリクス:SX 601 1Y 1 670/SX 602 2Y 1 670 ---以降省略 (ラウンド小文字スタンパー・仏PHILIPSタイプ),VALOISステレオ製造を示すSX***で始まりレコード番号を含まない専用スタンパー使用,670は工場を示すとともにカッティングマスターがPhonodisc B.V.による事を示す,補助マトリクス:111/112,再補助マトリクス:03/03,フラット盤存在せず,1970年代のスタンパーによる1974年頃製造分,土手なしの青/銀又は水色/銀レーベルが存在するが単売のみとなる(プレス機違いによるバラツキの可能性が高い),これより古いステレオレーベル存在する可能性あるが10枚組はこれが最初である,10枚組箱の最古レーベル・最厚プレスである,更に古いマトリクス存在するか不明,モノラル存在せず,RIAAカーヴである,VALOIS音源のVALOIS制作仏PHILIPSプレス,工場:Société Phonographique Philips,10枚組箱のオリジナル,original for Box in 10 Records
ジャケット:【フランスでの10枚組箱のオリジナル】---全面薄黄緑クロス紙箱,リブレット付,表記されたジャケット番号:CMB 83,背文字:あり(灰色型押・薄黄緑クロス紙背景),ジャケ裏年号:1973(リブレット裏),(P)(C)なし,当社入荷履歴の最古裏年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないが10枚箱では当ジャケットである・単売/3枚組箱あり),製作:Disques VALOIS,印刷:Imp.Est-typo-Offset-Vincennes,10枚組箱ではこれより古いタイプ存在せず,単売/3枚組箱存在するが年代は同じと思われる,10枚組箱ののオリジナル,original for Box in 10 Records
トピックス:1972-1974年スイス・La Chaux-de-Fonds・ Salle De Musique・でのステレオ録音,録音技師:Georges Kisselhoff.,プロデューサー:Michel Bernstein,1973年から順次Harry Halbreich and Disques VALOISにてコピーライト登録・同年VALOIS:バラでMB 1401-10の10枚が順次リリースと同時又はすぐ後に3枚又は4枚組箱:CMB 31/CMB 32/CMB 33が初リリース,全曲が揃った1974年頃CMB 83が10枚組箱の全集箱として新たにプレスされ再リリースされた,したがってCMB 83の灰青/銀土手レーベルは単売と比べ初出盤ではないケースもあり得るが(曲による)同じ年の揃った10枚になる為10枚組箱のオリジナルである・3枚/4枚組箱と同じレーベル,単売で集めるより安価となる,ヴェーグQt.はDFに1952~55年の初回モノラル録音がありこれは2回目の全曲録音となる,録音時のメンバー:第1Vn:Sándor Végh、第2Vn:Sándor Zöldy、Va:Georges Janzer、Vc:Paul Szabo,13番と大フーガがカップリングとなるがレーベルに大フーガの表記印刷がない(誤植)・溝はある

商品詳細:ヴェーグQt.による2度目のステレオ全曲録音。最初はDFに'50年代初頭に入れた初回モノ録音が伝説になっている。それから22~24年後の2回目全集。スタイルも音色も大きく変化したが、根底に共通するのはベートーヴェンの曲に対する深い洞察だろう。初回の非常に渋い厳しさの漂う演奏に比べれば、親しみやすい美しい演奏だが甘くなったわけではない。決してきれいにオブラートで包んだ演奏ではない。そのあたりにこの団体が支持され続ける秘密がある。バラだと全10枚とも全く同じレーベルで揃えることは難しいが箱なら全て同じレーベルで揃う利点はある。

ヴェーグQtの在庫一覧へ









・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)