[MELODIYA] M.プレトニョフ(pf) V.トレチャコフ指揮/ モーツァルト:Pf協奏曲26番K.537, ショスタコーヴィチ:前奏曲とフーガOp.87~第21曲, 第22曲

Mozart / Shostakovich - Mikhail Pletnev ‎– Piano Concerto KV 537 / Preludes And Fugues

通常価格:¥ 1,650 税込

¥ 1,650 税込      

数量


商品コード: 1219-051nb

作品名:モーツァルト:Pf協奏曲26番K.537~第1楽章 Allegro--第2楽章 Larghetto--|-第3楽章 Alegretto, ショスタコーヴィチ:前奏曲とフーガOp.87~ 第21曲 B Flat Major, 同~第22曲 G Minor
演奏者:M.プレトニョフ(pf)V.トレチャコフ指揮ソビエト室内o.
プレス国:旧ソ連, Russia
レーベル:MELODIYA
レコード番号:A10 00501
M/S:デジタル・ステレオ, digital・stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:S
キズ情報:
レーベルタイプ:【旧ソ連でのオリジナル世代】---赤/黒ゴシック, CTEPEO ○○33, グルーヴガード厚, ГОСТ 5289-88, TУ-なし, Repertoire group:Вторая.-гр., .Price Code:なし, Год выпуска(発行年):なし, スタンパー/マトリクス:A10 00501 1-1 DMM/A10 00502 1-1 DMM(ラウンド小文字スタンパー・MELODIYA通常タイプ), DMM刻印あり, 露語表記・国内仕様, 1980年代のスタンパーを用いた1990年頃の製造分, 旧番号存在せず, プレ・メロディア/DL/SLレーベル存在せず, 最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在せず, モノラル存在せず, RIAAカーヴである, MELODIYA音源のMELODIYA製作プレス, モスクワ・アプレレフカ「Aprelevsky」アプリラフスキー工場製作, オリジナル世代, original generation
ジャケット:【旧ソ連でのオリジナル世代】---両面コートペラ(モスクワ・アプレレフカ), DIGITAL, 背文字:あり(黒色・白背景), (C)1989, Price Code:なし, 露/英語表記・国内輸出共用仕様, ジャケット裏年号:Apt.(論文を示す).11-8 Зак. 515-Тираж-10000, 製作/印刷:ВТПО "Фирма Мелодия", 紙ペラとコートペラの2種存在するがヴァージョン違いだけと思われる, オリジナル世代, original generation
トピックス:協奏曲:1984年5月7日/ショスタコーヴィチ:1986年2月28日モスクワ音楽院大ホールでのデジタル・ライブ録音, 録音技師:M.Pakhter(協奏曲)/Vitaly Ivanov(ショスタコーヴィチ), プロデューサー:Igor Slapnev, 入荷数回の珍品(ゴシックレーベルは殆ど初入荷), デジタルライブ録音! 以前ゴシック・レーベル存在せず「赤一筆書タワー」でオリジナルとしたがゴシックレーベルが入荷したので訂正とお詫び申し上げます, 1990年ゴシック・レーベルで初リリース!M.プレトニョフのモーツァルトは定評あり!演奏:★★★★, 音質:★★★★

商品詳細:1980年代の録音だが、この人のモーツァルト・ソナタの2枚は特筆に値する。'50~'60年代の演奏とはまったく発想を異にする。あり得ないほどゆっくりしたテンポで、最後まで造形を整える。実に優れた愛すべきモーツァルト。多種多様のスタイルが存在するが、つまるところ、聴く人間に何らかの感動や強い印象を残すものが良しとされるべきで、名声や年代とは関係がない。BELLAPHONのG.シュヒターに近いものがある。師はフリエール、イグムノフ一派。モーツァルトのソナタ録音で知られたプレトニョフだったが、協奏曲が入荷した。ソナタほどではないが自由度の高い独自のスタイルを展開。指揮はヴァイオリン奏者のトレチャコフ。この盤はプレスが多いので安価にできるが内容と価格がリンクしていることではない。

プレトニョフの在庫一覧へ


【特設ページへ移動】










・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)