[SUPRAPHON] スーク・トリオ/ ドヴォルザーク:Pf三重奏曲3番Op.65

Dvorak, Suk Trio ‎- Piano Trio No. 2 In F Minor Op. 65

通常価格:¥ 4,950 税込

¥ 4,950 税込      

数量


商品コード: 1223-044

作品名:ドヴォルザーク:Pf三重奏曲3番Op.65
演奏者:スーク・トリオ(J.パネンカ(pf)J.スーク(vn)J.フッフロ(vc))
プレス国:旧チェコ・スロバキア, Czechoslovakia
レーベル:SUPRAPHON
レコード番号:SUAST 50817
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:B : 軽度の汚れあり
キズ情報:
レーベルタイプ:【旧チェコ・スロバキアでの輸出仕様ステレオ・オリジナル】---赤/銀SC, ○○ 33 STEREO, 12時にMade in Czechoslovakia, グルーヴガード厚手重量, (P)1967, Rights Society:記載なし, 英語表記・輸出仕様, Price Code:なし, スタンパー/マトリクス:A 867 E A/A 868 H A (ラウンド小文字スタンパー・SUPRAPHONタイプ), SUPRAPHON規格ステレオ製造を示すA***で始まりレコード番号を含まない専用マトリクス使用, 補助マトリクス:なし, copyright year code(レーベル登録初年号):なし(対象外) , Manufacturing date code(実際に製造された年/月を示す・ない場合はcopyright year codeと同年):67.2(1967年2月を示す), 1960年代製造のスタンパーを用いた1967年頃の製造分, 旧番号:なし, ライオンレーベル存在せず, ツヤレーベル存在せず, フラット盤は存在せず, これより古いステレオレーベル存在せず, ステレオ最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在すると思われる, モノラル存在する, RIAAカーヴである, SUPRAPHON音源のSUPRAPHON制作プレス, 輸出仕様ステレオ・オリジナル, original for stereo for export
ジャケット:【旧チェコ・スロバキアでの輸出仕様ステレオ・オリジナル】---折返表コートペラ, 金ステレオシール付き, 表記されたジャケット番号:SUAST 50817, Price Code:なし, 背文字:あり(黒色・クリーム背景), ジャケ裏年号:なし, (P)なし(C)1967, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないが当ジャケットである), 製作:Supraphon a. s., 印刷:記載なし・チェコ製, 輸出事務所:Prague Artia, 輸出仕様ステレオ・オリジナル, original for stereo for export
トピックス:1967年又はそれ以前・プラハ・ドモヴィナ・スタジオにてモノラル/ステレオ初回録音, 録音技師:Ing. Platz, プロデューサー:Miroslav Venhoda, ライナーノーツ:Dr. Kamil Slapak, 1967年Supraphon a. sによりコピーライト登録・同年SUPRAPHON:SUA 10817/SUAST 50817(当装丁)にて初リリース, 国内仕様はSV 8419-20(2枚組・3曲入り)にて初リリース?・モノラル番号不明, これは初年度リリース分の輸出仕様ステレオ・オリジナル, ジャケットには2番とあるがへ短調Op.65(1883)は現在3番, スーク・トリオはその後1976年と1983年に2回目/3回目録音を行った

商品詳細:ドヴォルザーク等のスラブ系音楽に関して、Sup社の信頼度は高い。スーク・トリオは、VnのJ.スークに、ピアノにパネンカ、Vcにフッフロと、それぞれが大物ソリスト達で構成されたチェコの英雄達によるユニット。この曲のように、ややマイナーなスラブ色の強い曲は、彼らでなければ…と思う。1967年プラハにて録音。4曲あるピアノ・トリオの第2番(現在3番)。ヘ短調のこのマイナー曲も、彼らの手によって、存在感を増してくる。大変、熱のこもった力演に、聴く方も背筋を伸ばされる。

スークの在庫一覧へ









・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)