[MELODIYA] A.スロボジャニク(pf) / ハイドン:Pfソナタ48番, ショパン:マズルカ19~21、42番、プロコフィエフ:Pfソナタ6番

Alexander Slobodyanik Haydn Chopin Prokofiev

通常価格:¥ 3,300 税込

¥ 3,300 税込      



商品コード: 1223-024n

作品名:ハイドン:Pfソナタ48番XVI-48, ショパン:マズルカ19番Op.30-2, 同:マズルカ20番Op.30-3, 同:マズルカ21番Op.30-4, 同:マズルカ42番(遺作)Op.67-1 | プロコフィエフ:Pfソナタ6番Op.82
演奏者:A.スロボジャニク(pf)
プレス国:旧ソ連, Russia
レーベル:MELODIYA
レコード番号:S 01711
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
キズ情報:
レーベルタイプ:【旧ソ連での第2版世代】---青/銀SL(シングルレター), CTEPEO ○○33, Made in USSR, グルーヴガード厚, 表記されたレコード番号:33C-01711(a)/33C-01712(a), ГОСТ 5289-なし, TУ-Φ-16, Repertoire group:Вторая гp.., Price Code:なし, Год выпуска(発行年):なし, ス, スタンパー/マトリクス:33C-01711 3-7/33C-01712 3-3 (ラウンド小文字スタンパー・MELODIYA通常タイプ), 露/英語表記・国内/輸出共用仕様, 1960年代スタンパーによる1975年頃製造分, プレ・メロディア・レーベル存在せず, DLレーベル存在する, 最古レーベル・最厚プレスではない, 更に古いマトリクス存在する, モノラル存在する, RIAAカーヴである, MELODIYA音源のMELODIYA製作プレス, モスクワ・アプレレフカ「Aprelevsky」アプリラフスキー試験工場, 第2版世代, 2nd issue generation
ジャケット:【旧ソ連での第2版世代】---両面クロス厚紙(オールユニオン), 表記されたジャケット番号:C 01711-12, Price Code:なし., 背文字:あり(黒色・白背景), 露/英語表記・国内/輸出共用仕様, ジャケット裏年号:Apt. なし Зак.なし, (C)なし, 製作/印刷:アプレレフカ・モスクワ・オールユニオン・Всесоюзная студия грамзаписи. Запись, 第2版世代, 2nd issue generation
トピックス:1968年旧ソ連でのモノラル/ステレオ録音, 録音詳細不明, 1968年コピーライト登録・同年モノラル:D 023627(DLレーベル)にて初リリース, 1969年ステレオ:S 01711(DLレーベル)にて初リリース, これは1975年頃製造の盤が1975年頃製造の後期ジャケットに入るケースで大きく分けて第2版世代となる, 当社でも珍しい希少タイトル, MELODIYAはプレスによる音質劣化の小さいレーベル, 内容は非常に良い, これがA.スロボジャニク(pf)の実際の商用デビューLPである, 演奏:★★★★+, 音質:★★★★+

商品詳細:アレクサンドル・スロボジャニク(1942-2008)はウクライナ生まれ。ネイガウスの弟子、ゴルノスタエワ(LP9枚存在)の筆頭門下生。1966年第3回チャイコフスキー・コンクールで3位入賞。これは彼の第2作目LPで、第1作目はコンクール記念録音の中の1曲だけであった。よってこの録音が実際の初の商用録音である。1968年当初モノラル:D 023627でリリースされた後、翌1969年にステレオ(DLレーベル)でリリースされたものの第2版世代となるのが当LPである。アメリカではリヒテルに次ぐ大物ピアニスト誕生と持ち上げられた。佐藤氏はリスト弾きの一人として取り上げていた。この後2枚組のショパンの練習曲全集を録音する。チャイコフスキー・コンクールでの批評を紹介する。地元音楽雑誌RT誌はこう書いた"スロボジャニクのペトルーシュカの演奏はコンテストの芸術性を競う白眉だった。これは技巧的な力によるというよりも彼の個性の衝撃的な表れというべきだ"。その後米国を訪れた彼を「サンフランシスコ・クロニクル」は論評した。「スロボジャニクはリヒテルに次ぐソ連のピアニストだ、彼のロマンティックなショパン、スクリャービン、プロコフィエフを聴いてみたまえ、これらの作曲家の未知の面を白日のもとにさらしてくれるだろう」。--と米国では絶賛されている。しかし日本では然程受けなかったらしい。ハイドン/ショパン/プロコフィエフというリサイタル風のデビューLPはスロボジャニクの個性をこれでもかと表している。技巧を長所として効果を上げているだけでなく、研ぎ澄まされた感性により繰り出される斬新な表現はユニークであり、新しい世界を見せてくれるピアニストであると直感的に感じるだろう。切れ味鋭い男性的な剛腕なタッチで演奏されるショパンも悪くない。ロシア人らしい腕の立つテクニシャンである。

スロボジャニクの在庫一覧へ


【特設ページへ移動】










・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)