[SUPRAPHON] チェコpo.木管Ens., チェコpo.メンバー/ モーツァルト:Hr五重奏曲, Ob四重奏曲, ディヴェルティメントK.Anh.229~1番 他

Mozart - Czech Philharmonic Wind Ensemble and other Members Of The Czech Philharmonic Orchestra

通常価格:¥ 4,400 税込

¥ 4,400 税込      



商品コード: 1224-011

作品名:モーツァルト:木管楽器のための室内楽曲集/12の2Hrのための二重奏曲K.487, Hr五重奏曲K.407 | Ob四重奏曲K.370, 5つのディヴェルティメントK.Anh.229~1番, 木管楽器のためのディヴェルティメント第5番K.187(Anh.C17.12)
演奏者:チェコpo.木管Ens., チェコpo.メンバー(A.ノヴァーク(vn)K.レハク, K.シュペリナ(va)J.シュトロス(vc))
プレス国:旧チェコ・スロバキア, Czechoslovakia
レーベル:SUPRAPHON
レコード番号:111 1671-2
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×2, Wジャケット入り2枚組, 2 single records
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
キズ情報:
レーベルタイプ:【旧チェコ・スロバキアでの輸出仕様オリジナル・タイプ】---青1本線, ○○33 STEREO, 12時にMade in Czechoslovakia, グルーヴガード厚, Rights Society:記載なし, (P)1974, Price Code:なし, スタンパー/マトリクス:E 2867 M A/E 2868 V A---以降省略 (ラウンド小文字スタンパー・SUPRAPHONタイプ), チェコ録音ステレオ製造を示すE***で始まりレコード番号を含まない専用マトリクス使用, 補助マトリクス:4/8---以降省略, Copyright Year Code(初リリース年を示すイニシャルレーベル登録年号で1954–1964の間存在する):なし(対象外), Manufacturing Date Code (実際に製造された年/月を示す・ない場合はCopyright Year Codeと同年):76.2(1976年2月を示す), 1970年代製造のスタンパーを用いた1976年頃の製造分, 旧番号存在せず, 青/銀SCレーベル存在せず, 濃青1本線レーベル存在せず, フラット盤存在せず, 輸出仕様最古レーベル・最厚プレスである(初年度分ではない), 更に古いマトリクス存在する, モノラル存在せず, RIAAカーヴである, SUPRAPHON音源のSUPRAPHON制作プレス, 輸出仕様オリジナル・タイプ, original for export
ジャケット:【旧チェコ・スロバキアでの輸出仕様オリジナル】---見開両面コートペラW, 表記されたジャケット番号:111 1671/2, Price Code:なし, 背文字:あり(黒色・茶背景), (P)なし(C)1974, ジャケ裏年号:なし, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないが当ジャケットである), 製作:Supraphon a. s., 印刷:記載なし・チェコ製, これより古いタイプ存在せず, 輸出仕様オリジナル, original for export
トピックス:1973年4月/11月プラハ・SUPRAPHON・ドモヴィナ・スタジオ('Domovina' Studio)でのステレオ録音, 録音技師:Erich Kunze / Jiří Očenášek /Václav Zamazal, プロデューサー:Jan Vrána, 学術的コンサルタント:Vladimír Černý, 1974年Supraphon a. sによりコピーライト登録・同年SUPRAPHON:111 1671-2(当装丁)にて初リリース, これは1976年2月製造のスタンパーによる1976年のオリジナル・タイプ盤が1974年製造のオリジナルジャケットに入るケースでオリジナル・タイプ, Supraphonは同一番号・同一レーベルで長期間製造を続けるため初年度リリース分は滅多にないのが実情・当社では製造年に対応した価格としている, 単売は存在しない

商品詳細:これはチェコpo.木管アンサンブルの13人がチェコpo.の4人の弦楽奏者たちと共にモーツァルトの木管を主体とした室内楽を演奏したWジャケット入り2枚組。Hr五重奏曲K.407とOb四重奏曲K.370の2曲のみ弦楽奏者が参加するが12の2Hrのための二重奏曲K.487、ディヴェルティメントK.Anh.229~1番、木管楽器のためのディヴェルティメントK.187の3曲は木管楽器だけの演奏となる。チェコpo.木管アンサンブルは文字通りチェコpo.所属の木管楽器奏者13人(多分)で組織される木管楽器だけの組織。チェコpo.ハーモニー管弦楽団はオーストリア=ハンガリー帝国時代のプラハ国民歌劇場の附属オーケストラが前身で1901年にチェコpo.ハーモニー管弦楽団に名称変更された。1896年1月4日にドヴォルザークも自作を演奏している。非常に歴史のあるオケである。数種の派生団体があるようだがチェコpo.木管アンサンブルはその一つ。この録音が行われた時代はヴァーツラフ・ノイマンが首席指揮者を務めた。チェコは弦楽四重奏団が非常に多く、またクオリティが高い国であるが勿論、木管演奏も盛んである。タルヤーニなどの名ホルン奏者を輩出している。モーツァルトの室内楽曲集でも木管をメインとして制作されたLPは多くない。有名なK.407/K.370などは録音も多いが、それら以外の録音は極端に少なくなるのが実情である。この2枚組では特にホルンとクラリネット、ピッコロなどが大活躍する曲集となっている。少しでも木管に興味がある方には大変有意義な2枚組の曲集といえる。

チェコpo.木管Ensの在庫一覧へ









・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)