[His Masters Voice] A.トスカニーニ指揮NBCso. / ベートーヴェン:交響曲5番Op.67「運命」, 8番Op.93

Beethoven, Toscanini ‎- Beethoven Symphonies Nos. 5 And 8

通常価格:¥ 1,650 税込

¥ 1,650 税込      

数量


商品コード: 1228-022

作品名:ベートーヴェン:交響曲5番Op.67「運命」 | 交響曲8番Op.93
演奏者:A.トスカニーニ指揮NBCso.
プレス国:英国, United Kingdom
レーベル:His Masters Voice
レコード番号:ALP 1108
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7/6
評価/ジャケット:A
キズ情報:8番12時に小12+中3回出る斜めスレあり
レーベルタイプ:【英国での第2版・RIAAカーヴのオリジナル】---金大ニッパー段付, 6時にMade in Gt Britainとエンジェルロゴ, グルーヴガード厚手盤, Rights Society:記載なし, (P)なし, TAX Code:なし, スタンパー/マトリクス:E2 RP 4362 23S /E2 RP 4363 17S (ラウンド小文字スタンパー・RCAタイプ), RCA米国録音モノラル製造を示すE2 RP***で始まりレコード番号を含まない米国型専用マトリクス使用, カッティング担当:不明, 補助マトリクス(3時):L/L, 再補助マトリクス(9時):AP12/AI 15, 1950年代のスタンパーによる1956年頃の製造分, 金大ニッパー中溝レーベル・フラット盤存在する, 旧番号存在せず, 英国でこれより古いレーベル存在する, 英国で最古レーベル・最厚プレスではない, 更に古いマトリクス存在する, これより古い3時存在する, カッティング担当の前任者:なし, ステレオ存在せず, RIAAカーヴである, EMIグループの米国RCA音源のHis Master's Voice制作プレス, 工場:"The Old Vinyl Factory" Hayes・Middlesex・England, 英国での第2版・RIAAカーヴのオリジナル, 2nd issue
ジャケット:【英国でのオリジナル】---ラウンド折返両面コートペラ"aka scalloped" (ホタテ貝の意味), 表記されたジャケット番号:ALP 1108, Price Code:なし, 背文字:あり(黒色・クリーム背景・上下絞り), (P)(C)なし, ジャケ裏年号:なし, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないが英国では当ジャケットである), 製作:The Gramophone Co. Ltd. Hayes・Middlesex・England., 印刷:記載なし・英国製, コロネーションデザイン存在せず, 英国でこれより古いタイプ存在せず, 英国でのオリジナル, original in UK.
トピックス:1952年3月22日ニューヨーク・カーネギーホールでのモノラル録音, 録音詳細不明, 最後の放送録音, 英国では1952年Radio Corporation Of Americaによりコピーライト登録・同年米RCA:LM 1757(赤/銀サークル)にて初リリース→/LM 6901, 英国では1954年3月英His Master's Voice :ALP 1108(金大ニッパー中溝レーベル・フラット重量盤・ホタテ貝ジャケット入り)で初リリース→1956年頃同一番号(金大ニッパー段付レーベル・グルーヴガード厚手盤)にてRIAAカーヴ化されたオリジナルがリリース(当盤), 1959年英RCA側でも英RCA:RB 16103(4+5番)/?(8番+?), 中溝レーベル・フラット重量盤の入荷はあるがかなり希少で盤質も問題が多い, 当盤の金大ニッパー段付レーベル・グルーヴガード厚手盤はRIAAカーヴ化されたオリジナルで聴きやすい, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★+

商品詳細:他の指揮者では、1/8番という組み合わせが多いが、トスカニーニのテンポでは5、8番が可能になる(B.ワルターも5/8番だった)。フルトヴェングラーとトスカニーニという対極にある2人の大指揮者が、同じHMVの同一シリーズから出ていたというのも面白いが、時代というのは不可思議なもので、フルトヴェングラー優位の時代は終わろうとしている。今、改めて、このテンポと表現が再評価されている。音質は非常に良い!トスカニーニ・ファンよ大手を振って歩け! 尚ある学者による見立てではフルトヴェングラーとトスカニーニの人気の推移はその時期の景気をある程度反映するという説である。景気が良い時期にはフルトヴェングラーが優位となり、景気が後退するとトスカニーニの人気が上がり始めるという。当社も個人で20年、会社となって合計で25年以上営業を続けてきた経験からこの説は実体験で信憑性が高いと言わざるを得ない。レコードのトレンドも経済学で推理できることに驚いたが、それが現実であることを見ると、人間の行動理論は本当にあるのだと認めざるを得ない。フルトヴェングラーの絶頂期は今完全に終息している。トスカニーニが素敵に感じてしまう空気が今世の中を支配しているようだ。所でフルトヴェングラーには弟子はおらず後継者もおらず一代限りの芸風を持った指揮者であり、対してトスカニーニはフルトヴェングラー以外の全ての指揮スタイルの中興の祖であるという説も多く耳にすると思われる。この説も説得力があり、マクロ的な目で見て大きな間違いはないと感じる。「現代のほぼ全ての指揮者はトスカニーニを源流としている」--という解釈が成立する。一見粗っぽい説だが一理あると思っている。そういう視点からトスカニーニを改めて聴くと新たなことが見えてくるかも知れない。

トスカニーニの在庫一覧へ


【特設ページへ移動】










・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)