[PANTHEON] R.バルヒェット, W.ベー(vn) H.エルスナー(cemb) W.ダヴィソン指揮/ バッハ:Vn協奏曲1番B.1041, 2番K.1042, 2Vn協奏曲B.1043

Bach - Reinhold Barchet - Will Beh - Walther Davisson

通常価格:¥ 6,600 税込

¥ 6,600 税込      



商品コード: 1228-009t

作品名:バッハ:Vn協奏曲集/Vn協奏曲1番B.1041, 2Vn協奏曲B.1043, Vn協奏曲2番K.1042
演奏者:R.バルヒェット, W.ベー(vn)H.エルスナー(cemb)W.ダヴィソン指揮シュトゥットガルト・プロ・ムジカo.
プレス国:ドイツ, Germany
レーベル:PANTHEON
レコード番号:XP 2410
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
キズ情報:
レーベルタイプ:【ドイツでののオリジナル】---紺/金内溝ツヤ内溝, 12時方向にMade in Germany, フラット重量, Price Code:なし, Rights Society:記載なし, (P)なし, スタンパー/マトリクス:XTV 22772-1E KLF/XTV 22773-1B KLF (ストレート小文字スタンパー・米COLUMBIAタイプ), 米COLUMBIAへのプレス委託モノラル製造を示すXTV ***で始まりレコード番号を含まない米国型ドイツ専用マトリクス使用, 補助マトリクス:X/X, 再補助マトリクス:なし, 1950年代スタンパーによる1958年頃製造分, これより古いドイツ・レーベルは存在せず, ドイツでの最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクスが存在するか不明, ステレオ存在せず, RIAAカーヴではない, VOX音源の独PANTHEONi製作Europäischer Phonoklub Verlags-GmbHプレス, 工場:Sonopress系列, ドイツでのオリジナル, original in De.
ジャケット:【ドイツでのオリジナル】---蓋付封筒共通デザイン両穴, PANTHEON Ring Der Musikfreunde ・ Kōln am Rhein, 表記されたジャケット番号:なし, Price Code:なし, 背文字:なし, ジャケ裏年号:なし, (P)(C)なし, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないが当ジャケットとOPERAジャケに入る別デザインの2種あり), 製作:Europäischer Phonoklub Verlags-GmbH, 印刷:記載なし・ドイツ製, これより古いタイプ存在しないがOPERAジャケに入る青系の共通デザインタイプもあり順序は不明, ドイツでの当カップリングのオリジナル, original in De.
トピックス:1955年ドイツ・シュトゥットガルトでのモノラル録音, 録音詳細不明, 米国では1955年Vox Productions, Inc.によりコピーライト登録・同年米VOX:PL 9150(黒/銀レーベル・フラット盤)にて初リリース, ドイツでは1958年頃Opera, /Pantheon:XP 2410(当装丁)にて初リリース, ドイツでは別の装丁でPantheon:XP 2410がOPERA 1035の青系共通デザインジャケットに入るタイプも存在する(中身は同じ), これがドイツでのオリジナル, フランスでは仏VOX:PL 9150(2万円を超える高額盤)でリリースされた, 独Pantheonの音質は非常に良い!R.バルヒェットの初回録音で1962年頃EURODISCのテイーレガンと2回目録音を入れた

商品詳細:バルヒェットは2度録音しており、これは最初のVOXモノラル録音。当盤はあまりに簡素なジャケットの為注目されにくいが、最も音の良いプレスとして是非記憶されたい。米VOXでお持ちの方にこそ聴いていただきたい。米プレスとは全く違う、柔らかい弦の音に驚かれる事だろう。バッハの協奏曲を語る上で絶対に外す事の出来ない名演であり、まだ真に音質の優れた独プレスが知られていない事が残念である。ジャケットに惑わされず、本質を聴いて欲しい!ラインホルト・バルヒェット(1920- 1962)は、ドイツのシュトゥットガルトの生まれ。ヴュルツブルクの音楽院で学び、1943年にリンツ・ブルックナー管弦楽団に入団するも、第二次世界大戦終結後は地元に戻り、カール・ミュンヒンガーが主宰するシュトゥットガルト室内管弦楽団のコンサートマスターに就任し、1952年までその任に当たった。この時期にヴィヴァルディの「四季」を含む録音で一世を風靡した。1952年からは、ウィル・ベー、ヘルマン・ヒルシュフェルダー、ヘルムート・ライマンらシュトゥットガルト室内管弦楽団の団員たちとバルヒェット四重奏団を結成。オイロディスク・レーベルにベートーヴェンやシューベルトらの弦楽四重奏曲を録音した他、後にエラート・レーベルにジャック・ランスロとモーツァルトのクラリネット五重奏曲、ピエール・デル・ヴェスコーヴォとホルン五重奏曲のそれぞれを録音している。また、ヴォックス・レコードからエミール・ケシンガーを加えたモーツァルトの弦楽五重奏曲全集のレコードも発売された。1955年にフリードリヒ・ティーレガントの率いるプフォルツハイムの南西ドイツ室内管弦楽団のコンサート・マスターに迎えられ、ダルムシュタット音楽院の教授にも就任。バッハのヴァイオリン協奏曲やブランデンブルク協奏曲などの演奏を同オケとオイロディスク・レーベルに残している他、ロベール・ヴェイロン=ラクロワとバッハのヴァイオリン・ソナタやクルト・レーデル指揮ミュンヘン・プロ・アルテ室内管弦楽団と再びブランデンブルク協奏曲やヴィヴァルディの「四季」などを録音している。 1962年にドイツ・バッハ・ゾリステンのメンバーとして初来日するが、その年の7月5日、自動車事故によりシュトゥットガルトで急逝した。ドイツを代表するヴァイオリン奏者だった。バッハのVn協奏曲の2回目録音は亡くなる年の1962年に行われた。これは初回録音のドイツ盤である。

バルヒェットの在庫一覧へ


【特設ページへ移動】










・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)